週刊少年ジャンプ 2009年 17号感想

ジャンプ感想
03 /24 2009
就職活動だよ!けったさん

けったさんが急に働き出すとか言い出してビックリしました。
というか働いてなかったんですね。
そういう設定はさりげなく出してもらわないと読者的にも困るんですけど・・・

けった「失礼します」
後輩「(大丈夫かなけったさん・・・。
   けったさんの面接が心配になってどうにかバレないように
   面接官の一人として潜入することに成功したものの、心配ですよ・・・)」
面接官「えっと・・・けった君ね」
けった「はい」
後輩「(けったさん!面接は志望動機と自己紹介、この二つが出来たら大丈夫ですよ!
頑張って下さい!)」
面接官「・・・あの、名字はないの?」
後輩「(!?けったさん、まさかのトラップですよ!
    これはある意味自己紹介の問題ですよ!?)」
けった「えっと・・・「け」が名字です」
面接官「名前は?」
けった「「た」です」
面接官「じゃあ「っ」は?」
けった「ミドルネームです」
面接官「ということは、け=っ=た君ね」
けった「はい」
後輩「(・・・けったさん、ここは持ち前の適当さで切り抜けましたよ!
   というかここが関門って先が思いやられますけど)」
面接官「自分を一言で言うとどういう人間ですか?」
後輩「(けったさん、さっそく自己紹介来ましたよ)」
けった「うーん、努力する天才・・・ですかね」
後輩「(けったさん、何でイキナリ勘違い発言なんですか!?
   しかも一旦考えてるところが尚マイナスですよ!
   ですかねで確信しましたみたいなノリもいらないですよ!)」
面接官「・・・よし!決めた!君だよ!採用だ!!」
後輩「(!?なんですかこの長くなるとアレだしみたいな急展開は!)」
けった「ありがとうございます!!」
面接官「君こそが次の派遣村の村長だ!」
後輩「・・・ハァ~?」
けった「あれっ?お前こんな所で何してんの?」
後輩「・・・けったさん、派遣村はもう解散してるし、時期もハズしてるしでもう・・・」
けった「・・・・」

結論:オチはリアルで先輩が言ってたのをパクった


こち亀

「両津!歌舞伎のかけ声を教えてくれ!!」
「いよっ ファイト一発ですよ部長!」
「ありがとう両津!!」

1600回おめでとうございます。

べるぜ

先週ぐらいから面白いんですけど、
まだ話がどこに向かうのかが分からなくて
読んでる側としてフワフワ読んでるような感覚。

ブリーチ

乱菊のカラーを見て、日番谷ファンの中で乱菊はどう処理されてるのかが気になった。
た、単なる仕事上の上司と部下でしかないわけで、
それこそ恋愛感情とかあるわけないし、
というかそもそも日番谷君は乱菊とかあーいう体をアピールする女はキライ、
いや興味ないから無関心それでいて部下なのは迷惑、
というか日番谷君は私しか見てないし。
雛森?死ね!
みたいな感じなんだろうか。

スケット

フェイさんの感想を読んで先週自分が全く内容を理解してなかった事を知りました。
お前らアレだろ、けったはマンガの内容すら理解できないプププとか思いながら
この1週間を楽しく過ごしたんだろ?(被害妄想)
でもですね、このトリック使いすぎじゃない?
読み切りでも使ってスイッチの過去もそうで、今回もじゃないですか。
あ、今言い訳しだしたよプププとか思っただろ?(被害妄想)

「オレが産まれたのは1992年の11月11日」

ボッスン平成生まれかよ。ゆとりじゃん。パン買ってこいパン。
金?テメーで出せよ(笑)

Xメン

「あたしのコレと鐘のコレがアレだからアレがコレって事で」

直球しか思いつかない。大胆すぎるよ小金井さん!(僕の中で)

ラストにおっさん登場。
これはおそらく小金井さんがこのおっさんとも付き合ってて鐘と三角関係なんですが、
でも今の小金井さんには同級生は幼く見えてしまって年上の男が魅力的に見えるから
これは仕方のない事ですね(とりあえず妄想)
ぶっちゃけリアルにタメの女の子が30代半ばの人と付き合ってたりすると
複雑な心境になるのはなんでなんだろうね。これは・・・勝てねぇ!みたいな。

「一日に5リットルは水分補給が必要な川口幸範先生に応援のお便りを!!」

なんて言えばいいんだろう。
もっと頑張って飲んで!もしくはもう無理して飲むは止めて!だろうか。
というかどんな環境なんだ。砂漠?砂漠なの?
違った意味で過酷な漫画家稼業。ジャンプ編集部からの試練は続く。

バクマン

間界野って本当の名字なんだろうか。
先祖の悪ふざけここに極まれり。
正直コージィは城倉だけでいいよもう。

「漫画の内容で勝ってるか負けてるかなんてわかります」

その昔、乳を押しつけて優勝した後、
間界野よりも先に魔界に行ったマンガがあってだな・・・
ファンタジーって行ったらバクマンこそファンタジーですよね。
全員ハッピーエンドにしそうだから中井さんも蒼樹さんと結ばれるんじゃないかな。
最近全く予想が当たらないですが。

ぼっけさん

止まらない逆恨みの連鎖。西先生のいつものやつです。

虎舞竜

「恋・・・って何なんだろ」

フム・・・もっともな質問だね。恋、たいそう甘美な響きだね。

「とにかく恋のカタチは人それぞれなんだから」

一理あるだろうね。恋とは不可視な物ゆえ、
人によっていろいろなカタチをしていても少しも不思議ではない。

「ちょっとドキドキしちゃうけどね」

いい意見だね。ドキドキが恋にとって重要な要素である事は間違いがない。

「鯉は食べられるのです!!」

真理だね。川魚特有の臭みはあるものの、
甘露煮にしてもいいし、味噌を付けて鯉こくにしても良い。

「こんな所で何してるの?」

君こそ恋の話をしてる時にフランクフルトを食べているのは何故なんだい?
フロイト先生に指摘されるような事は止めた方がいい、今すぐだ。

「やっぱ恋って・・・わかんねー」

正直でよろしい。悩むのは大切な事だ。いつだって問いに答えが出るとは限らないのだから。
いろいろ言ってきたものの、その実、私にも恋がなんなのか、まだ分かりかねるんだ。
フフ・・・君はまずは大人になってみることだね。
時間が教えてくれる事も、たくさんあるのだから。

あなたは今、恋をしていますか-
スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに