スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSR理論はオサレなのか?

評論系雑感
03 /12 2009
某所(なぜか隠した)でかがみさんの掲示板が活発になってると聞いて
久しぶりに見たんですが、確かに活発になってましたね。

というかみんなマジメにかがみさんのブリーチ感想とか読んでるんですね。
あれって読み飛ばせのサインだと思ってもうずっと読んでなかったですよ(やや毒)。

まぁブリーチが面白いかどうかは一流漫画評論家の皆さんにお任せするとして、
オサレ理論に価値があるかないかから始めたいんですが、
OSR理論が無形固定資産である事は認めても構わないと思います。
つまりOSR理論が価値を生み出してきたと言う事は間違いないんじゃないですか。

ただこっからが問題なんですけど、固定資産だとすると減価償却しないといけなくて、
しかも無形固定資産の場合残存価格はゼロなんですよね。
目に見えないから価値は永遠だという訳にはいかないんです。
つまりOSR理論が得た収益と対応させて費用化しないといけないのです。
もちろん大幅な価値の下落があったら減損処理もしないといけないし、
何年前からOSR理論があるのかは分からないんですが、
そう考えると今のOSR理論の価値は・・・
おっと、これ以上言うとマズそうなのでここで止めときますか(手遅れ)。

まぁこれは会計的発想なんで、
実際にゼロになるかどうかはまた議論のある所ではあります。

ゆとりのタジ君さんは他のファンを代表してみたいな言い方はどうかなと思うんですけど、
(要は自分が気に入らないんだからそれで通すしかない訳で)
言ってる事は割と納得できました。

・完全にマンネリ
・ネタにされる事でスポイルされている感動がある

この2点かなと。

変な例えを出すと、ここにコーラがあります。
コップに入れた状態の今あるコーラと一日置いたコーラは同じコーラですが、
しかし同じ価値ではないのはみんな承知の話です。

気の抜けたコーラに甘ったるいって意見が来たときに
ジュワジュワしてた時はおいしかったって言っても仕方ないと思うんですよね。

と言う訳で1点目には完全に同意と言うしかないんですよね。
同じ(と言ったら失礼になるのかもしれませんが)ネタ系ジャンプ感想サイトとして言うと、
目新しさで引っ張ってる間に理論にまで昇華できなかったかがみさんに
非があるんじゃないですかね。
でも僕もそうなんで強くは言えないんですけど、
アイデアを出すのとそれを深めていくのはまた違うんで難しい所なんですけどね。

雑感としてはオサレ「理論」て言われる割には誰も精緻化するというか
厳密に考えようとしてない印象はあるんですけどね。
今少し掲示板で語られてるみたいですが。

「オサレな方が勝つ」のは分かるんですけど、
じゃあ何がオサレなのかはかがみさんに一任されている訳で、
そこをもう少し一般化したら面白くなるかもしれません。

要は久保先生の美意識の研究に収斂されていく事になる訳で、
そこに対するマジメな考察があったら読んでみたいですね(自分でやる気力はない)。

ただ久保先生の美意識を知りたかったらブリーチだけ読んでてもダメで
もっと横断的な知識が必要になるんですよね。
それこそ今の主流の美意識がなんなのかから始めないといけないし、
「美」とはみたいな話になるのでそこまで行くヒマな人はいないんでしょうね。

まぁでもこれやってもエンターテインメントとして面白いかどうかは?ですね。
同じように掲示板で出ていたブリーチ性器説みたいなのも
かがみさんのカラーじゃないから駄目なんじゃないかなと思います。

2点目なんですが、ここはちょっと異を唱えておきたいと思います。
いや、ネタにする事でスポイルされている物があるのは間違いなくそうだと思うんですが、
そもそもネタというのはそういう物だと言う事です。

明確な否定派は3人いて、2人目の(勝手に順番付けた)あっちんさんが言っていたんですが、
オサレ理論はブリーチをバカにしてるから配慮して欲しいって意見なんですが、
これはネタ系サイトでは無理ですね。

・愛がなかったらネタにしちゃいけないのか?

好き、嫌い、ネタにする、ネタにしないで4分割します。
創作作品じゃなくて人にしてみましょうか。
1好き-ネタにする
2好き-ネタにしない
3嫌い-ネタにする
4嫌い-ネタにしない

もうメンドクサイんではしょりますけど、全部あり得るパターンですよね。
1と4だけで2と3は絶対しちゃいけないとかおかしいと思うんですが、
往々にしてこの手の話になると嫌いなものは無視して好きなものだけ語れとか
その場限りのルールが跋扈する
言いたい事も言えないこんな世の中じゃポイズン(反町)

2みたいに好きだけど喋らないことで自分の中で神格化するのかもしれませんし、
3みたいに嫌いだから愚痴でも言ってストレス発散するのかもしれません。

要はよっぽどマナー違反じゃなかったら全部やっていいはずで、
僕が考える限りオサレ理論が大いに違反してるとは思わないんですよね。

逆に愛があったらなんでも許されるならストーカーは捕まってない訳で、
というか愛のあるなしとか言ってもひたすら主観的になるだけだから避けるのをオススメします。

そもそも他者への配慮とかを入れたそんなNHK推薦ギャグ
みたいなネタが面白い訳がないんですよね。
誰にも嫌われずに面白い事言えたら最高なんですけど、
何かしら隠し味でも毒を入れないとダメなんですよね。
そもそもサブカルってそういう毒とかを親に文句とか言われながら
コソコソと楽しむものだった気がします。

普通に考えて信仰してたらネタにはしない訳で、
多かれ少なかれバカにしたいからネタにしてる訳で、
要はあっちんさんの怒りは正当なんですよね。
だってそう言った人を相対化して笑いを取るゲスな行為がネタにする事ですから。

というかオサレって発言自体がすでに久保先生をバカにしてる訳で、
OSRがバカにしてるしてないから言ったら
ニュアンスとしてバカにしてる成分は含有されてるのは明白なんじゃないかと思うんです。

僕としてはウィットじゃなくてユーモアもあるように自戒の部分も入れてるつもりなんですけど、
それでも不快に思う人は思うだろうなと感じてはいます。

まぁ面白いのが公に素晴らしいっていう今の一般的意見が間違ってるんですけど、
人の足を引っ張って笑いにする行為は褒められた行為じゃないですよね。
それでもそんな事でもせんとやっとれんわい!
みたいな生き方しかできないのがネタ系サイトの住人なんで、
できれば怒るよりも可哀相な人を見る目で見るのをオススメします。

僕も感動してる時もあるんですけど、
それも相対化してしまう生き方しか選択できないんですよね。
(かがみさんもそうなのかは分からないんですけど)

これが上手く笑いになってる時はいいんですけど、
ハズすとそれは批判されるのは仕方ないですよね。
そこはネタ系サイトは受け入れないといけないですね、普段ネタにしてるので。

オサレ理論に関しては面白さが逓減していった結果、
本来持っていた渋み(毒的なもの)が現在したという事で、
それに耐えられない人が出てきたという事なんじゃないですかね。
おそらくなんですが、OSR理論絶頂期にはこういった反対意見が出ても
「面白いから」の意見であっという間にかき消されたんじゃないかなと。
結局今擁護してる人でも「今でもOSR理論は充分に面白い」って
言ってる人は少数な気がします(さらっと読んだ限り)

あとは失礼なんですけど、怒らせるって悪い事なんですかね?
例えば、引き籠もってる人間に「外に出ろよ」って言ったら
多分怒ると思うんですけど、じゃあ「今のままでいいよ」とか
「君は生きてるだけで価値がある」とか言っとけばいいかと言えばそれは違うと思うんですよ。

「ブリーチ読んでないで新書でも読めよ」って言ったら
否定派の人は怒るかもしれませんが、
じゃあブリーチって面白いよねとか日番谷ってかわいいよねとか
言って事なかれに終わっても仕方ないんじゃないですかね。

というかブリーチって100万部ぐらい売れてるんですよね?
それならかがみさんになんか言われても「オレのバックには100万の軍勢が居る」
ぐらいに思って欲しい所なんですが、
なんだかんだ言ってかがみさんの影響力みたいなのを認めてるって事なんでしょうね。

そう言う意味では羨ましいっちゃ羨ましいですよ。
というか不公平ですよね。
僕もブリーチを否定してるんだからブリーチファンから抗議のメールなりなんなり
リアクションがあってもいいじゃないですか。
僕じゃ小物過ぎて相手にならんと言う事ですか。
僕で物足りないなら105円均一師匠の所の掲示板荒らして欲しいですよ(切実)。
このままじゃ僕ばっかりあそこで書き込んで恥ずかしいですよ。
この騒動で間違いなくウキウキしてますよあのオッサン(コラ)。

話は予定調和に逸れていっているんですが、議論が平行線みたいな話があったんですけど、
むしろ議論は平行線を辿る事の方が多い訳で、
結論が出ないと分かっていても
その過程を踏まないといけない局面もおそらくあったりします。

そういう意味では今出せるだけ出した方がいいので、
無理に消化するのがいいとも限らないんじゃないですかね。
少なくとも一方的展開にはなってないんだから、
まだ「もう止せ」みたいな話は早いんじゃないですか。

かがみさんはオサレ理論続ける宣言をしましたが、
かがみさんがどこまで本気か分からないですけど、
オサレ理論で毎週書いてたらオサレ理論無しには事象を説明できなくなった
ってなんか皮肉な話ですよね。
自分で生み出した「理論」という拘束具なしには物事を見れないんですから、
これが不自由じゃなかったら一体何が不自由なんですかね。

この話を思い出したんですけど、著名な経済学者の理論で
おそらく経済学の事ばっかり考えてて出した答えの一つが
「その相手と結婚するかしないかは経済的メリットですべて説明できる」って
言うのがあるんですが、specialistって言うのは
どこかでhelplessというか救いようがなくなる局面があるんでしょうね。

かがみさんの話じゃなくなったので戻すと、
みんな飽きてるなら正直に飽きてるって言ってあげた方が優しさなんじゃないですかね。
というかかがみさんも飽きてますよ。
止めどころが分からなくなってたのと惰性で続けてただけですよ。

あのですね、一流のカガミストならどうすれば
かがみさんが納得した形で次のステップに進めるかを考えてあげた方が
いいんじゃないですか?
ロックでパンクなかがみさんが止めろって言って止める訳ないじゃないですか。

むしろ止めないでのコールが鳴り響く形でしか止められない訳で、
どうやってバレないようにそこに持って行くかですよ。
そこをやらないで「かがみたんをいじめるのは止めろ!」って言っても
言ってる側はいじめてるんじゃなくて
むしろ親切心で言ってるんだから終わらないんですよ。

まぁ、あそこの住人の人達は楽しむだけ楽しんでかがみさんがのたれ死んだら
サーッと引いていくんじゃないかなと思ってしまいますけどね。
一人くらい本物の作家になりたかったら
ジャンプ感想と日記で一日終わらせるのを止めろ!!
とか言ってあげてもいいんじゃないですか。
もう誰も言わないから僕が言いましたよ。これが役損ですよ(自爆)。

最後に僕がブリーチをどう思ってるかを書かないと
フェアーじゃないのかなと思うので書きますと「読みやすいけど何も残らない」ですかね。
そういう意味では感想書きづらいですよね。
たまにあるウルキオラの哲学的問いかけは好きなんですけど、
スイスイと読んで終わってしまいますね。

しかしながら漫画で何かを得ないといけないって強迫的に考えるのもどうかと思いますし、
ブリーチは美意識を特化させた少年バトルと言う事でいいんじゃないですか。

読みづらいと評判のDグレは読んでないんで、
読まないから何も残らないのと読んでも何も残らないのと
どっちがいいか程度の話だと思いますけど。

ヒドいっちゃヒドい漫画ですけどそもそも漫画は酷い上に読む価値がないので、
間違ってるのはそんなものを愛してるとか大好きだとか素晴らしいとか
人目も憚らずに宣言できる社会なんじゃないですか。

秋本先生が言ってたんですけど、昔は漫画を書いてたら親に怒られてたんですよね。
今は漫画家目指すとか言ったら下手したら
親が「お前の夢を応援する」とか言いだしかねないご時世なので、
こっちの方がなんとかならないのかなと思います。
漫画の読む価値を喪失させて、漫画そのものを復権させる必要がありそうです。
(オサレに言ってみた)

ついでに言っとくと、サブカルチャーってもう今はメインカルチャーなんですよね。
社会的に認められたから素晴らしいって事でもなくて、みんなが大好きな残虐描写とか
えっちぃ描写とかは当然セーブされる訳で、今の流れはそういう事なのかなと。
みんなが楽しめるものだから公序良俗に違反する物は規制というのは自然な流れです。

さて、ヒマな時にこういう事があるとどうしようもないですね。ムダに長いし。
小人閉居して不善を為すとはこの事だなと心底自己反省して終了します。
スポンサーサイト

けった

月曜日の夜、スカートを直した

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。