2009 2/17

その他
02 /17 2009
師匠、ありがたいコメントありがとうございました。
どういう形になるのかなと思っていたんですが、
いただいたらいただいたでなるほどなというか痛い所を付かれたというか・・・
もちろん全部の意味を掬い取れたとは思ってないんですけど。
実は前日に藤田和日郎先生が漫画家になりたい人のために送った
メッセージを読んでてそうなんだよ僕に足りないのはこれなんだよと思ってたんですが、

その内容
http://websunday.net/mezase/smc_p/hiden/013.html

似たような部分があったというか、恥ずかしがらずに思い切ってやれって事なんですよね。
「あたしショウコ」には、自分らしさというか、
これが僕です、これが好きですみたいなのは出てないんですね。
しかしながら別にあいばさんとかかがみさんの姿勢に物申すつもりで引用したのではなく、
引用したら面白いと思ったからやっただけなのです。
それが僕が殻に閉じこもっている分、不公平さを感じさせてしまったのかなと。
僕の中二力散漫だった訳です(上手い事言おうとした)
あとあのシーンは意図的に選んだのではなく、二つともラストの一つ前なんですよ。
構成的に二つが似てた所があったという事なんでしょうね。

わざと自分を出さないようにしてるんじゃないんですよ、
出せないんですよね。
やっぱりそこはまだ気恥ずかしさのようなものを持っているんだと思います。
テキストで言うと、赤鬼の話はわりと自分だったのかなと思うので、
あの辺をもっと突き詰めるというか、出せるようにするって事なんだろうと思います。

あいばさんぐらい「これが好きだ!」って言うのを
これでもかと入れる姿勢も大事なんでしょうね。
あれ読んだらあいばさんが何が好きなのかって言うのがイヤという程分かりますもんね。
女の子のアヤシイ関係とか、ラノベっぽい感じとか・・・。

ネット活動はプロフィールを裸にするんじゃなくて、
心を裸にしてみろという事なのかなぁと。
リアルでもわりとこのあたり課題なんですけどね・・・

自分らしさをまぁ顕わにするのではなく、
醸し出せるようにしていきたいなぁとは思ってます。

しかし20年後に後悔するってムズかしそうです。
というかかがみさんとかあいばさんって20年後でも後悔とかしなさそうなんですが、
どうなんですかねこれは僕の思い込みなんですかね。

まぁ模索しながらやっていきます。
スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに