アクセス数テキストの反省(4)

その他
01 /16 2009
(テキトーに紅茶でも飲みながらリラックスして読んでください。コーヒーでもいいよ)

前回あんなコメントしてごめんなさいってコメントをすぐ頂いたんですが、
これは実際に本物だと信じるとしてですね、
謝ってる相手にたたみかけてなんか言うのは大人じゃないとは思ってるんですけど、
大人じゃないので言いたいと思います。

まずですね、僕はほとんど怒ってないんですよ。
そして謝罪は全く要求してないんですよ。
あーいうコメントをうちに持ってきて欲しくないって言う意味では
反省してもらいたいんですけど、
僕のブログ以外でやる分には関知しないというか
どうでもいいのでそれも限定的なモノです。
もっと言うとあいばさん批判もやるななんて言ってないわけで、
むしろ個人でやる分には見に行くからアドレス教えてくれって感じなんですよね。
(ちゃんと建設的なものならね)

つまりですね、僕は甲さん(仮称)のコメントを利用して自分の所で
何がよくて何が駄目なのか言ったっていうそれだけの話なんです。
あのコメントを通すとですね、一歩間違ったらイジメになるんですよ。
一対一でやるから批判は成立することであって、
多数対あいばさんになったらイジメの構造で、そうなると批判の内容が問われなくなって、
兎に角いちゃもんでもなんでもいいから
あいばさんを多数で叩けみたいな話になっちゃうんですよね。

甲さんのコメントを鵜呑みするとどっちかというと
なんでもいいからあいばさんを叩けととれちゃうんですよね。
もちろん違う意味で使ったのかもしれませんが、
そこは僕がそう感じたので仕方のない部分です。

これが「広告の話はわりと納得しました」って言われたら
内容で見てくれてるのかなと思うんですけど、
「もっとやれw」だとあいばさんを貶めるならなんでもいいと思ってるのかなと
感じてしまうじゃないですか。でもですね、多分甲さんはそうじゃないんでしょ?
そこはきちんと謝れる人なんだから、僕は信じたいんですよね。
でも仮にあいばさんを叩きたいだけなら僕を巻き込まないで欲しいってだけの話です。

要は全部僕基準というか僕のためだけの話なんで、
そこをキレられたからって簡単に謝ったり反省したりしない方がいいと思いますよ。
もちろん甲さんの謝った誠意は受け取らせていただきたいとは思ってるんですけどね。

こんな感じで別にそんなに怒ってないので、
よかったらまたなんか書き込んで見てください。
今ならコメントも少ない(というかほぼない)からスルーしないし。
逆に今回は甲さんにしてみたらスルーされた方が良かったかもしれないですけど・・・。
まぁその代わり気に入らなかったらまたキレるけどね。
でもですね、そっちの方が良くないですか?
自分のやってることが人にとってどう思われてるか全く分からない状態で
話したり書いたりするって怖いと僕は思うんですけどね。

まぁそれはいいとしてつくづく師匠とはタイミングが悪いなとは思いましたね。
けった君マジギレで内容重い、気楽に読めないププッとか思われてますよ(妄想)。
僕がアップした直後にアップされても修正できないじゃないですか。
さらにやべっ!とか思っても、もうこっちを観に来てて尚更修正できないじゃないですか。

しかもこれもうアクセス数関係ないじゃないですか。
アクセス数テキストの反省の反省じゃないですか。
うーん、こっから戻していけるのかなと思いつつ、続きます。
スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに