スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ 2009年3号感想

ジャンプ感想
12 /15 2008
後輩「どうしたんですかけったさん、急に呼び出して」
けった「・・・ちょっと伝えておきたいことがあってね」
後輩「はぁそうですか、で伝えたい事って何ですか」
けった「・・・おしまいだ」
後輩「?」
けった「・・・もう僕はおしまいなんだよ!!なにもかもが終わりだ!!」
後輩「ちょ、ちょっと落ち着いて下さいよ。何が終わりなんですか」
けった「不治の病にかかったんだよ。もう治らない。僕は死ぬんだよ!!」
後輩「はぁ、そうですか・・・。で、不治の病って何の病気ですか?」
けった「・・・わじまさとしって聞いただけで面白いと感じる病気」
後輩「・・・ハァ?それって病気なんですか?」
けった「病気だよ!!事あるごとにわじまさとしって言う名前が
    脳内でリフレインして脳みそがトロロイモになりそうだよ!!
    あいつマンガより名前の方が面白いよ!!」
後輩「・・・まぁ病気なら病院行って診察受けたらどうですか?」
けった「お前、そんなのどうやって説明すればいいんだよ!
    わじまさとしって聞いただけで面白いんですが病気なんですか?って言うの?
    それ下手したら僕がわじまさとしだと思われるよ!」
後輩「その時はそれでもうけったさんがわじまさとしでいいじゃないですか」
けった「・・・あのさぁ、お前適当に流そうとしてない?」
後輩「いやそんなことないっすよ!とにかく病院行って診てもらって下さいよ。
ただ何科に行けばいいのか全く分からないですけど」
けった「分かったよ、行ってみるよ・・・」

数日後

けった「あっ、お疲れー」
後輩「お疲れ様です。あの後病院行かれたんですよね。
結果はどうだったんですか?」
けった「あれはね・・・ただの疲労だって。」
後輩「・・・ハァ?」
けった「いや、よく考えてみたらそんなの病気じゃないよね。
    でも良かったよね、僕が病気じゃなくて。もちろんお前も喜んでくれるでしょ?」
後輩「(ブチッ)てめぇー、ぶっ殺してやるから表出ろや!!」
けった「ヒ、ヒィ!!ご、ご、ご、ごめんなさい!!」

結論:加護ちゃんは一生休息を取っておいてください。

ぼっけさん(新連載)

西先生の新連載。僕は西先生の世界観は好きなので、
もしかしたら褒める事が多くなるかもしれません。
このナヨッとした男主人公が割と好きなんですよね。
こんな感じの臆病な人間が見せる勇気に惹かれるのかなと思っているんですけど。

1話からバトルになってるのは若干不安もあるんですが、
設定が破綻しても良くも悪くも雰囲気でカバーできるのが強みなので、
あんまり凝った作りにしないで雰囲気重視でいってもらいたいです。

ナルト

「ナルトは―強いぞ」

そうですか。

ブリーチ

じじいが強かったという事実に、「だからどうした」としか思えない
僕は駄目なんでしょうか。

というかですね、じじいに戦われて強いと違和感があるんですよね。
最後に出てくる人が一番強いのは敵側ならまだ分かるんですけど、
味方側にいるとどうしても最初から出ればいいでしょになると言いますか。
加えて、例えばスラムダンクで安西先生が流川を越えるプレーを見せて、「どう?」って
言われても困るじゃないですか?
一番上に立つおじいちゃんって言うのは精神的支柱であればいいので、
別に実際強い必要ってないと思うんですけどね。
逆に言うと言葉で山本総隊長に重みを出せないから
戦わせて強さをアピールするしかないのかなと思いますね。

バクマン。

編集にマジ切れされて素に戻るエイジがいいっすね。
そして仲良くして下さいって、やっぱいい奴だなお前。
こんな風に接されたらシュージン達としてはマズいですよね。
僕がかがみさんに仲良くしようよって言われたらピンチなのと同レベルでマズいですね。
その時は握手すると見せかけて右ストレートの方向で(あくまで希望)

マイスター

弘夢がシュートしてるシーンが軸足が流れてるのに
ちゃんと蹴れるのかよとか思ってしまいます。

「ふざけるなァ!!」

ふざけてるのはお前の名前だろとか思ってませんよ!
全国の頼歩くんゴメンネ!(いるのか?)
ただこの流れでチームプレーとか言い出すとしたら矛盾しないのかは不安ですけど。

スケット

「ウソォォン!!?ごっつ太っとるやん!!!!」

どうしてもバレたくない高島さんにこの仕打ち。
ヒメコさん相変わらず外道ですね。
ボッスンに近寄る女は許さない!ってことですかね。

「女の子は守らなアカンもんがあんねんな ガラスを割ってでも

なんだこのフォロー。
たぶん女の子がガラスを割ったときに有効。
まぁその守らなアカンもんをヒメコさんすぐにバラしてましたよね。
高島さんもガラスじゃなくてヒメコの頭を叩き割るべきだったと思います。

黒子

「ちなみに残りの部員は屋上宣言を当然禁止され
 部活動時間の声だしとしてやり15人→6人と絞られ」


声だしで9人退部。やる気ねーなこの部。

どうも現役女監督って言うのに僕は惹かれないですね。
普通におっさんでいいと僕は思うんですけどね。
それとも今の若い層はおっさんとか出てきたら読まなくなっちゃうのか、
それとも藤巻先生がそう言う存在が嫌いなのか。

男子スポーツにするとどうしても女子を入れづらいので
そこをどう入れるかみたいな問題に当たるのかなとも思うんですけど、
もう女性読者に受ければいいと割り切って男だけにしてもいいんじゃないですかね。

あとは違う世代の人間を登場させて上手く喋らせたら世代間ギャップを表せたりして
作品の深みみたいな部分に影響してくると思うんですけどね。

アイシル

チューボーに対する読者の期待と稲垣先生の期待が違いすぎて危険な気がします。
この子が活躍してもみんな喜ばないと思うんだけどなー。

ネウロ

魔人と人間の交流と言うよりは、
ネウロと弥子、個人個人の付き合いの要素の方が強いのかなと思います。
ネウロはしょっちゅう上手いと思うんですけど、
相性がよくないのか面白いとはあまり思わないんですよね。

僕は作家としてはきちんと考えて組み立てるタイプの人に惹かれるんですよね。
でもその人の作品が楽しめるかというと別物だったりする訳で、
その辺が面白いっちゃ面白いですね。

ぬらり

先週触れ忘れてたんですが、
納豆が総大将に「うるさいし、臭い」とか言われてるんですよね。
もう僕だったら立ち直れないですよ。
うるさい上に加えて臭いなんてヒドすぎるよ!イイ所が一つもない。

とらぶる

今週の要約

リト家の庭に咲く奇っ怪な植物であったセリーヌは子供に転生した。
セリーヌはコーラを飲むと酔っぱらい、頭から花粉をまき散らす。
その花粉を嗅いだ人間は結城リトのことが好きになり、
無理矢理乳を掴ませながら「この胸の高鳴りが分かりますか?」と聞いてくる。
同様に学校の校長もパンツ一枚で飛びついてくる。
そんなまだまだ未知の生態を秘めたセリーヌに、今後も目が離せない。

誰か僕にいい病院を紹介して下さい。

アスクレピオス

くそっ!このまま・・・このままの処置じゃ間に合わなくて患者が死んじゃう!
どうすれば・・・どうすればいいんだよ教えてよ父さん!!

「急がなきゃ患者が死んじまうなら めちゃめちゃ急げばいいだけの話だ・・・」

天才現る。
わざわざ天国から戻ってきてこの発言。
なんだよめちゃめちゃ急げばいいって。もはやアドバイスですらないですよ。
そして実際めちゃめちゃ急いでなんとかなってるバズに笑うしかないですよ。

拍手は返事すればいいんだ 来た拍手に返事する 当たり前だ

泣いた赤鬼への拍手
>冒頭泣いた

お前の泣く所、ちょっと変わってる。

というか冒頭コメントが来てあぁ帰ってきたんだなと思って
少し嬉しかった僕は負けですね。
これからもよりレベルの高いコメントお待ちしております(ハードル上げとく)

>ムー はじめまして!復活うれしいです!
一転二転させる目的があるとは言え、せめてボッスンかスイッチ違和感もてよ!
って思っちゃいますよね。むしろスイッチが共犯ぽい。ヒメコはナマ足が色っぽい。


どうもはじめまして。・・・と言ってもご活躍はかねがね伺っております。
ムーさんに喜んでもらえるなら僕も嬉しいです。
これは共犯ぽいの「ぽい」と色っぽいの「ぽい」がかかっている高等なギャグですね
(と言ってボケつぶし)
初初限定ネット販売一瞬で売り切れたらしいですね。凄いとしか形容しようがないですね。
というか全員のとりまとめをして一つの形にして出すところまで行った
って言うのはもっと賞賛を浴びていいと思うんですけどね。本当に凄い事だと思います。

先週のスケットは1行しか感想書いてないのになんで食いつかれたのかなーと思っていたら、
よりみち帳さん経由で分かりました。推理されてたんですね。
僕の一言って、「自分の名前を暗号にして窓ガラスを割る奴はさすがにいない。」なんですけど、
ムーさんは「だから犯人は他にいる」と僕が判断してると解釈されたのかなと思うんですが、
そんな深いことは考えてなくて、
自己アピールするならもっと簡単な方法でするでしょって言っただけなんですね。
いや、それにしても推理ほとんど当たってますね。

話は変わりまして、スケットダンスって割と犯罪者が出てくる事多いですよね。
逆に言うと分かりやすく悪い事する奴が出てこないと
人助けがままならないって事なんだと思うんですけどね。

スイッチについてはホームズの格好をしてるのを見て
形から入るタイプなのかなと思いました。未だに弟の格好してますしね。

ヒメコはそういえばずっと生足ですよね。言われてみると確かに色っぽい。
ヒメコが時折見せる女の子らしさっていいなと思うんですが、
ヒメコって同性の友達少なそうですよね。そこが気がかりなんですよね。
やっぱりもう少しスケット団には外部に興味を持って欲しいんですよね。
人助けを信条とする割には内に籠もりすぎなんですよ。
その辺は今後僕のブログで言及していくとして、
そんなことばかりに興味が行くので、
僕は推理に関心があまりなくて申し訳ないです、という話です。
ムーさんが推理が好きなのは論理的調和への興味が強いからなのかな
と一瞬考えましたが、あてずっぽうなのであまり気にしないで下さい。


先週全力出すって言ったんですけど、若干修正していいですか?
「全力だけど全力じゃない」みたいな。
「さよならだけどさよならじゃない」みたいな
やまだかつてない感じで行こうと思います!


スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。