もしディオが人間をやめる時にそばにヤクルトレディのおばちゃんがいたら - けった魂

もしディオが人間をやめる時にそばにヤクルトレディのおばちゃんがいたら

第一部の最高に盛り上がってるあのシーン


ディオ「おれは人間をやめるぞ!ジョジョーーーッ!!」

おばちゃん「ディオ君?どしたん急に?」

ディオ「え?いや、おばちゃんじゃなくてジョジョに言ってる・・・」

おばちゃん「そうじゃなくて!なんでやめるん?仕事」

ディオ「いや仕事じゃなくて人間・・・」

おばちゃん「ディオ君入ったばかりやないね!生活はどうするんね!」

ディオ「いや、おれは吸血鬼になって・・・」

おばちゃん「そんな夢ばっかり見て!ディオ君、どうやって生きてくかよ!」

ディオ「おれは人間を超越す・・・」

おばちゃん「人の話ば聞きなさい!真面目に生きないかんよ!」

ディオ「はい・・・」

おばちゃん「となりの木下さんも心配しとったよ・・・最近ディオ君の様子がおかしいって・・・」

ディオ「・・・」

おばちゃん「木下さんガンなんやって・・・それなのに自分の事じゃなくディオ君のことを」

ディオ「木下おばさんがガン?」

おばちゃん「そうよ。木下さんも心配してるんやから仕事でも人間でもなんでも簡単に辞めたらダメよ。
      続けることが大事」

ディオ「・・・」

おばちゃん「ディオ君の好きなチルミル、置いとくね」

ディオ「・・・ありがとう、おばちゃん」

おばちゃん「じゃあおばちゃんこれから仕事だから。なにかあったらなんでも相談しぃね!」

去っていくおばちゃん

ディオ「・・・」

ディオ「でもやっぱりおれは人間をやめるぞ!ジョジョーーーッ!!」

おばちゃん「こら!」


以下、無限に続く

コメント

非公開コメント