週刊少年ジャンプ 2008年 41号感想(過去ログ)

ジャンプ感想
11 /03 2008
9月に入ってちょっと環境が変わってバタバタしておりますので、
感想がやや縮小したり遅くなったりしそうです。
10月ぐらいには安定する予定です(たぶん)。
縮小する前から感想量少ないじゃないかって言わないで><!

表紙
銀さんの目が据わってて怖いんですけど僕だけなんでしょうか。
巻末で空知先生も言ってたけどシリアスやってる時に
「いざ笑いの無限ループへ!!」って言うアオリはつらいから止めてあげて!

バクマン。

あれ・・・?面白かったです。
こないだまで女子は切り捨ててるなーって言ってましたけど、
よく考えたら僕男なんで楽しめる側にいました。
今週も亜豆のお母さんとか女子からみたら微妙だろうなと思いますが、
男から見たら女性の捉え方なんてこんなもんですよ。だって男ってバカだし。
バクマン。は、とにかく漫画は男のロマンなんだよ!っていう所を飲み込めたら
熱いマンガとして読めますね。つまりマンガによる立身出世伝なのかなと思います。
まぁ漫画が男のロマンなら女性漫画家の存在はどうするつもりなんだとか
考えたら負けですね。

アイシル

先週ヒル魔はちゃんとセナに期待してるって言わないと駄目だって言いましたが、
言ってたんですね。このシーンはとてもいいシーンだったなぁ。
大和を抜くヒントをあげてたらなお良かったですけど、そこまでは求めすぎですね。

スケット

「おう お前らふざけとんのやったら 帰ってもらうで
 ええか?これは侍が刀選びに行くんと同じやねんで 」

スポーツショップに人ぶん殴るためにホッケーのスティック買いに行く人は
お店から帰ってもらう事になりはしないだろうか。
ヒメコさんふざけないでください><。

「時は―3年前に遡る」

なんか凄くイヤな予感がしてるのは僕だけなんでしょうか。
アレでしょ?ヒメコのお姉さんの方が実はヒメコなんでしょ?

クロガネ

金未来杯第4弾。
最初に読んだ時はあんまり引っ掛からなかったけど、
2回読んだら意外とギャグも笑える部分があった(切腹してチーンになった所)点は
良かったです。
あと、「決まりを破ること」というテーマもあったことを発見。
まぁあとはややマイナスな意見を。
クロガネは何回ディンゴぶっ飛ばせば気が済むのかと(答え:3回)。
これはラストに1回でいいはずですよね。
これでストーリーに盛り上がりがなくなってると思います。
それもそのはずで、そもそもリリアはディンゴをぶっ飛ばせない事情があるんですが、
クロガネは元から何もないからディンゴに対して何やってもいい風になってます。
これはちょっと問題で、そもそもルールを破るものには
制裁が下るって言う縛りを付けたはずなのに、
クロガネの行為に制裁が下ってないんですよね。
このルールを破るものには制裁という縛りを
厳密にしたらラストが盛り上がったのではと思います。

金未来杯、優勝はべるぜバブですね。
なんていうか田村先生、人生いろいろだけど頑張ってください。

とらぶる

籾岡さんの誘い方がリアルで恥ずかしながら興奮しました。
なんていうかオレ、もう籾岡さんでイイっす!!

ダブルアーツ

感動の最終話。ここで終わっちゃったかー。
これは打ち切り最終話としては最高クラスの最終話だったと思います。
冗談抜きで鳥肌立ったもん。

キリは実はエルーに一目惚れしてました。
今までソワソワした態度とか一切取ってなかったのも
この最終話がやりたいがためだったんだなー。
おかげでキリは極度のツンデレということになりましたが。
ボーイミーツガーツとしてはいいエンドでした。
未来のエルーが手記を書いてることからハッピーエンドを匂わせてるのも
上手いと言わざるを得ない。

・・・さて、褒めるだけ褒めたしあとは反省会しようか。

ガゼルがシスターを襲う理由、トロイを流行らせようとしている理由どこいったん?
あと、コナンの犯人みたいなガゼルメンバーはなんで出し惜しみしたん?
結局古味先生は新しい街が描けない、新しい登場人物が描けない
ということが良く分かったと思います。冒険モノは向いてないよね。
でも古味先生には可能性を感じるのも確かなんですけどね。
主要メンバーが延々と閉鎖的な空間で喋るような話が
向いているのではと個人的には思います。
だからダブルアーツは傷口が広がる前に終われてよかったと思います。
ジャンプで掲載できるか分からないですけど、日常系をやるしかないんじゃないかなー。
まぁとにかく古味先生おつかれでした。
(うろ覚えだけど)「オレはこの力、フレアって呼んでる」は
僕の腹筋をボディブローのようにじわじわと叩いてくれました。
次は作品当ててね!結構期待してます。

新連載

内水先生3回目の連載マジっすか。
内水漫画のキャラの薄さはハンパないのでそこが改善されるといいんですが。
多分ラストチャンスだろうしなぁ・・・。
スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに