スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ 2008年 39号感想(過去ログ)

ジャンプ感想
11 /03 2008
アイシ

この最初のカラーはもう凄いの一言です。
アイシールドは個人的には村田先生がかわいい女の子が描けるのに
ラブの要素がほとんど無いのが残念だなぁと思ってます。
近頃の萌え系の絵は記号化してるのが多いんで、
村田先生ぐらいのリアル寄りのかわいい女の子って貴重だと思います。

「花梨 お前が決めや 帝黒の司令塔は お前や」

・・・え、いつ司令塔に?
確かにポジション的には司令塔っぽいけど
ほとんど作戦の内容には絡んでなかったような気がしたんだけど・・・。

とりあえず最後に帝黒がタッチダウンした時に「よしっ!」って思ってしまいました。
ごめん、実はあんまり泥門好きじゃないんだ・・・。頑張れ帝黒。

バクマン。

各地で大反響らしいですが、みんながどこに大反響を送ってるのかがまだ分からないです。
なんかまだ全然導入段階だと思うんだけど・・・。
マンガの話なんかまだ全然出てきてないし。

「やらせろ 男には男の夢がある 女にはわからない」
「最高変わったな あいつは もしかしたら本当に駄目かと心配もしたが あれでいい」

駄目だこいつら・・・早くなんとかしないと・・・

リボーン

アイリスが操る化け物は実は元は人間だった・・・

「彼らは 一番アイリスを喜ばせるのは自分だと 競うように
 それぞれ自らの肉体にメスを入れ 肉体を改造していった・・・」

駄目だこいつら・・・早くなんとかしないと・・・

いぬまるだしっ

大石先生の新連載です。
第1回を見る限りではいいスタートだと思います。素直に面白い。
ぶっちゃけると勇者学は麻生先生は好きだったけど、
作品は?だったので、大石先生の方が僕はいいです。
ちょっと思うのは、大石先生の作品に限らず、
みんなギャク漫画に対して厳しすぎるような気が・・・。
もうちょっと生暖かい目で見てあげればいいと思うよ。
ただ、新連載なのは分かるけど、25pはちょっと長いと思います。
どうせならみんなギャグはジャガーさんぐらいのページ数で
やらせてあげた方がいいんじゃなかろうか。
しかし後から連載した大石先生に先に復帰されるとは
大亜門先生はSQの誘い断ったから干されたんだろうか・・・。
好きなんだけどなぁ。

アルバイターキンタロウ

金未来杯2作品目。
ちょっと話逸れるけど、今の中高生ってカネゴン知ってるんだろうか。
まずウルトラQという番組があってだな、(ry
で、漫画の内容は・・・まぁ、うん・・・。
褒める点としては、「勤労」というテーマを選んだことと、
お金を食べる主人公のシーンが印象的だったことでしょうか。
テーマ的に言うならもっと勤労のキツさ、そして楽しさを表現できたら良かったかなぁと。
それこそニートが働き出したくなるぐらい労働賛歌でも良かったです。

あとはちょっと厳しい意見になっちゃいます。
ストーリーが一つ一つのエピソードがツギハギだし、
キャラもストーリーの都合によって性格が変わってしまっているのがマイナスですね。
ストーリーで言うとアナコンダの下り必要?
なんでヒロインの婚約者はわざわざ小さな運送会社を乗っ取った訳?
100億円どうしても集めたい主人公がなんの迷いもなく1億円ビームを出すシーンを見て
高橋先生はなんかおかしいと思わないのかなぁ・・・。
お前金集める気ないだろと。
結局キンタロウとヒロインが会う場面、アナコンダの話、婚約者の話、
武器の話が全部バラバラでくっつけただけだからイマイチなんですよ。
後だしで、ヒロインに婚約者がいたとか社長だったとかね、
ストーリーを転がすために無理矢理くっつけたとしか思えない。
で、そのせいでキャラが場面場面で性格が変わってしまうと。

キャラは特にヒロインがおかしかったかなぁと。
雇ってくれって言ったらキレたり、アナコンダ捕まえたらなんか適当なコマでビンタしたり、
と思ったら次のページで私にも責任があったとか言い出したり、
と思ったら婚約者が出てきてノロケたり、
そしていくら裏切られたからってさっきまで好きだった男に
「この人と一緒にいて本当に楽しかった 
仕事人間の私に色々な事を教えてくれたんだ だからわかるんだ 
テメェが救いようのないクズって事もなぁっ!」って・・・
まず文が意味が通ってないしなぁ・・イミフ。
話なんて作れない僕がナマ言ってすんません。
でもさ、高橋先生はとりあえず自分であらすじを作ってみて
話が分かるかどうかをやった方がいいと思うよ!

ダブルアーツ

相変わらず全く魅力のない敵出てきたなー。
古味先生頼むからもうちょっと敵キャラにも愛情を注いであげてください・・・。
まぁでもダブルアーツって古味先生が全く向いてないバトルファンタジーに
四苦八苦してるのを見て楽しむ漫画なんで、これでオッケーですね!!
我ながらなんというサディスティックな楽しみ方・・・ガチファンの人ごめんね!
でもほのぼの学園物とかの方が向いてると思うんだけどなぁ。キャラは濃い訳だし。

どがしかでん

入部編決着!という訳で入部できました。まだ入部かよ!!
まさか入部するのにこんなにかかるとは思ってなかったぜ・・・。
冷静に考えてみると、急造の1年にほぼ負ける都内オールスターって一体・・・。
なんていうか、「東京都なめんな!!」(山本高広風)ですよ。
都内でも小笠原諸島限定とかだったらまだ分かるけど。
ベタだけど、1ポイント取れたら入部とかにしてたら
もっと先輩達の威厳も保てたんじゃなかろうかと思います。
うーん、そしてずっとバスケ物の漫画を描き続けてきた濱田先生は
どがしかでんが終わったらどうなるのかが凄い気になってます。
いくらなんでももうバスケで連載は持てないし、どうするんだろう・・・。

巻末コメントが半分以上赤塚先生追悼なんですけど、
逆にいつものコメントを出してる先生達が
何も悪い事してないのになんか通夜で騒いでるみたいな雰囲気でかわいそうです。
意図的に赤塚先生へのコメント出さなかった先生も多分いると思うんだけど、
これならいっそ全員赤塚先生の追悼コメントに出来なかったんだろうか・・・。
編集長がコメント出してるんだから、そういった配慮があったら良かったなぁと思いました。
スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。