スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界でたった一人のあなたへ(3)

世界でたった一人のあなたへ
03 /18 2013
ガイ子「今晩・・・泊めてくれない?」

田中「え・・・ま、まぁ立ち話もなんだし、中に入って」

ガイ子「ありがとう」

中に入って机に座る二人

田中「で、いくつか聞きたいんだけど、どうしてガイ子さんはうちを知っているの?」

ガイ子「それは」

ガイ子「こないだ会った時、お別れした後に田中くんの後ろを付いていって・・・」

田中「そんな事してたの!?」

ガイ子「ごめんなさい、イケない事だとは思ってたんだけど・・・」

田中「今日うちに泊まらないといけない理由は?」

ガイ子「・・・」

田中「ガイ子さん?」

ガイ子「田中くんと別れてから家に帰ろうとしてたの。そうしたら後ろに気配を感じて、
誰かが私を尾けてきてたの。それで家に帰れなくなって」

田中「うーん、それは警察に相談した方がいいんじゃないの?」

ガイ子「こんな姿じゃ怖がられるだけだもん・・・」

田中「分かった。じゃあ明日一緒に警察に行って相談しよう。
ガイ子さんの姿については僕が説明するから。それでいい?」

ガイ子「じゃあ今日は・・・」

田中「うちに泊まっていいよ」

ガイ子「ありがとう!」

田中「もう今日は遅いし、寝よう。置き布団があるからガイ子さんはそれで寝て」

ガイ子「分かった」

布団を敷く田中

田中「じゃあ電気消すよ?」

ガイ子「うん、おやすみなさい」

田中「おやすみなさい」

田中「(今日はいろいろあって疲れたな・・・)」

ガサゴソ

田中「(うん!?誰か中に入ってきた!?)」

ガイ子「田中くん・・・」

田中「ガイ子さん!?」

ガイ子「好き・・・」

ガサゴソ

田中「痛っ!痛いよガイ子さん!!」

ガイ子「!?」

田中「やめてよ!」

ガイ子「ご、ごめんなさい」

田中「・・・ごめん、ガイ子さん」

ガイ子「ねぇ、今のは忘れて」

田中「分かった。分かったから向こうで寝て。ね?」

ガイ子「うん・・・」

田中「(びっくりしたなぁ・・・ガイコツに寝込みを襲われるなんて・・・)」

田中「(でもあれが生身の景子さんだったら・・・どうなってたんだろう・・・)」

田中「(うーん・・・zzz)」

次の日の朝

田中「あれ?ガイ子さん?いない・・・」

机に書き置き

田中くんへ

昨日はわがまま言ったのに泊めてくれてありがとう。
田中くんと一緒に過ごせて本当に楽しかった。
それで私舞い上がっちゃって・・・
今のままの私でも全てを受け入れてくれるんじゃないかと思ってしまったの。
でもそれはムリなんだってはっきり分かった。
だから私、元の自分に戻る方法を探します。
今はその方法は全く分からないけど、あてが一つだけあるの。
そこに踏み込むのはとても勇気が要ることだからためらってたんだけど、
昨日田中くんに拒絶されたことがいいきっかけになった。
今度会う時はきっと人間に戻ってる。
わがままだけど、できればそれまで待っていて欲しい。
田中くんの事が好きだから・・・
また会いましょう。それまで元気で ガイ子

田中「ガイ子さん・・・」

それからガイ子は田中の前に姿を現さなかった・・・


つづく
スポンサーサイト

けった

月曜日の夜、スカートを直した

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。