スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アベノミクスの怪

評論系雑感
02 /19 2013
アベノミクスとは、安倍内閣の経済政策の総称なんですが、3つの柱からなります。

1)2%以上のインフレ目標設定
2)日銀による金融緩和拡大
3)公共事業による需要追加

簡単に3つを説明すると、
1のインフレ目標設定はデフレ脱却のために意図的にインフレーションを起こすという事です。
2の日銀による金融緩和拡大は、今までより市場に出回るお金をどんどん増やしていくという事です。
3の公共事業による需要追加は説明しなくてもいいでしょう。

安倍政権に変わってからどんどんと円安・株高が進み、
輸出関係の会社や大企業は今までに較べると儲かっている訳ですが、
結論から言うとアベノミクスは失敗に終わるでしょう。

これらの諸政策なんですが、インフレターゲット以外は特に目新しさはありません。
金融緩和も公共事業も以前の自民党がずっとやって来たことです。
それでもデフレは終わりませんでした。

インフレターゲットは導入している国も結構あるのですが、明確な成功例がありません。
導入しても行き過ぎてハイパーインフレにはならないという確かな意見はあるのですが、
成功したと言う話はないのです
(成功してるという意見もあるが、
そもそもしなかった場合と参照する事ができないので確かめようがない)。

結局今の円安・株高は本格的な景気回復ではなく、期待によるものです。
期待で舞い上がって景気がコロコロ変わる事自体がおかしいと思うのですが、
円安・株高だからと言って順調に景気が回復してる証拠にはなりません。

日本の経済政策が失敗に終わるのは別に安部総理のせいではありません。
近代に入ってから言われている市場中心主義に世界がのめりこんでいるからです。
市場に活力があればそれで幸せになれると言われてきたのですが、
市場だけに任せてるといろいろ問題が起こることは明らかです。
市場からあぶれた失業者がたくさんいるじゃないですか。
むしろ今は政府中心の公共サービスが必要とされています(教育など)。
公共サービスで雇用創出しないといけないはずなのに、
それを構造改革と言って削減、削除してきたのが平成日本の姿なのでした。

だから安倍内閣は明確に平成からの改革を否定して、
日本の伝統的な終身雇用、年功序列、企業別組合を
復活させる方向に舵を切らなければなりません。

それを行うためには、民主主義である以上日本国民が考えを改めなければなりません。
そのためにはこれまでのような政治家のマスコミ主導の印象操作に乗らない必要があります。

国民が成熟しないと何をやってもダメです。
アベノミクスが失敗に終わると見ているのは日本国民がダメダメだと思っているからです。

僕自身もダメダメなのですが、
まずはそこを自覚してじっくり日本の将来を考える必要があるのではないでしょうか。
その点を指摘して終わりにします。
スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。