スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタニヤフ婦人

ネタ
02 /08 2013
LA LA LA LOVE けった魂 トゥナイト

いつもの喫茶店

後輩「あ、けったさん」

けった「どもども」

後輩「今日は何の用ですか?」

けった「今日はどうしてもお前に見てもらいたいものがあって」

後輩「はぁ。何ですか?」

けった「絵本のストーリーを持ってきたんだ。オレ絵本作家で一山当てようと思って」

後輩「けったさんに話なんて作れるんですかねぇ?」

けった「まぁ騙されたと思ってこれを読んでくれ」

後輩「はいはい。えーっと・・・」

「聖なる騎士」

昔昔、ある所に黒ネコがおりました。黒ネコは常に堂々としておりました。
しかし、その姿から黒ネコは忌み嫌われていました。石を投げられたりしておりました。

後輩「(どっかで聞いた事ある話だな・・・)」

黒ネコは孤独を好みました。誰かを思いやることなんて煩わしいと感じておりました。
そんなネコを抱き上げる若い絵描きの腕 今晩はすてきなおちびちゃん僕らよく似てる

後輩「これバンプじゃないですか!!」

けった「バレたか」

後輩「「K」丸パクリじゃないですか。こんなもん出したら諸方面から総スカンですよ」

けった「すまん、これはほんの序章なんだ。違う話もあるからそっちを読んでくれ」

後輩「はぁ。えーっと・・・」

「笑い男」

昔、ある男が部屋で泣いておりました。
そんな折です、誰かの戸をノックする音が聞こえたのは。
誰にも会えないような顔なのに、一体どちら様?
名乗るほどたいした名じゃないが、誰かがこう呼ぶ「ラフメイカー」

後輩「これバンプじゃないですか!!」

けった「バレたか」

後輩「ラフメイカーって言っちゃってるじゃないですか。
   こんなんじゃファンから撲殺されますよ」

けった「すまん、次出すが本命なんだ。これを読んで震撼してくれ」

後輩「まったくもう。えーっと・・・」

「幸せなカメ」

ある所にうさぎとカメがおりました。うさぎは言いました「やーいのろまなカメ」
「まぁカメだからね」「お前がオレにかけっこで勝つことはできないやーい」
「まぁそうだろうね、でも実際やってみないと分からないかもね。やってみる?」
こうしてうさぎとカメは山のふもとまでかけっこをする事になりました。
スタートと同時にうさぎは猛ダッシュ。
あっという間にカメを置き去りにし、とうとううさぎからカメの姿が見えなくなりました。
これで油断して休憩を取るのが従来のうさぎですが、このうさぎは違いました。
「かなりリードしたがまだヤバい。向こうタクって来るかもしんないし」
うさぎはより一層速度をあげて走りました。
そしてとうとうぶっちぎりで山のふもとにたどり着きました。
「やった、勝った。カメよりもペースを落としたくなる自分に勝った・・・」
カメはうさぎに負けました。
しかし、カメは灘高から東大に進学し主席で卒業、
国家1種に合格し現役の財務省官僚で奥さんは元モデル、
男の子一人女の子一人に恵まれたカメでした。カメは幸せなのでした。

後輩「・・・これバンプじゃないじゃないですか!!」

けった「てへぺろ☆」


結論:バンプの流れだったか
スポンサーサイト

けった

月曜日の夜、スカートを直した

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。