週刊少年ジャンプ 2008年 34号感想(過去ログ)

ジャンプ感想
11 /02 2008
スケット

最近個人的にスケットダンスの楽しみ方が分かってきたような気がします。
ギャグのノリがいまいち自分には合わないから上手く楽しめてなかったんだけど、
そういうのは抜きにして一ひねりある学園物として捉えれば良かったんだ。
今週はスケット団の3人のそれぞれのグループが離れ離れになって、
最終的には3人でバンドを組む流れになったのが面白かったです。
最初の見開きのボッスンが「BECK」で見たような構図だったけども。
元々ライブシーン好きなんだよなぁ・・・ハルヒであったりマイユアのOPであったり。
来週が楽しみですわ。
余談だけどBECK→小林治→魔法遣い→背景自重と連想してしまった僕はアニメ脳です。

ナルト

フカサク様「ようするに死ねちゅーことじゃ」
氏ねじゃなくて死ねってことですね わかります

自然と一体になるって言ってるから土に還れって連想しか出来ないんですが・・・。
予告の「死ね」の真意とは・・・!?
が、サスケサスケ言ってるし、
何となくナルトが気に入らないからだったらコミックス全部買います。

どがしかでん

少しずつ見せ方も改善されてるような気がします。
まだ迫力みたいなのはあまりないけど、何をしてるのか分からないコマは減りました。
最後のアリウープは結構良かった。
まぁ良くないポイントもいろいろありますけど。
まず髪が白い三人の区別が付かないでしょ。
須藤はスタミナがない?ルカワ・・・。
急に右のドリブルは上手いとか明かされる主人公。瞬発力は何処へ?
というか3日でこの成長はないというのもあるし、
そもそも練習シーンカットしてるから説得力がないんですよね。
それでも暖かい目で見ていこうと僕は思うんだ。

ぬらり

鏡が瞬殺されてあっけに取られました。
ここは引っ張るところじゃないのか・・・。
妖怪だと思ったら清継くんの通信器だったり、なんか独特の間合いがありますね。
椎橋イズムというか。
これから上手くハマっていったらいい具合になるかも・・・実際面白くなってるし。

こち亀本編がとても面白く感じた。
あーいうカオスな感じを個人的に求めてる部分があると言うか・・。
村田先生のポスターは凄かった。

ダブルアーツ

ハイネさんが助かったのはいいんだけど、
トロイの恐ろしさを読者に分からせるためにもう少し誰か死んでもいいと思うんだ。
最近ハガレンのアニメを観てるから特にそう思いました。
ほとんど人死にが出てないのが緊張感の欠如に繋がってる気がする。

今回の話は理論的に言えば腑に落ちる話だったかなぁと。
キリの能力は毒の無力化じゃなくて発作キャンセラーだったと。
これで出会う人を助ける度に数珠繋ぎになるのを防げるし、
エルーっていらない子なんじゃないって言う疑問も解決したし。
この二人がいたら身近にいる人は救えるけど、
マクロ的にはワクチンみたいなのを作らないといけないから、
そのために本部に行ってるって事でいいかな。

やっぱりね、もっとダークな話が読みたいんだよね。
トロイを助けてもらうために一般人が裏切るとか、
シスターが裏切るとか、敵が酷い手段を使ってくるとか。
僕が歪んでるだけなんだろうか・・・。
スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに