スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ・ビ・ツなトライアングル (29)終

イ・ビ・ツなトライアングル(小説)
04 /15 2012
「もう行くのか」

「ああ。元気でな」

「お前こそ」

「サヤカちゃん、元気でね」

「はい!わざわざありがとうございます」

そう言うとアイツとサヤカちゃんは親が乗る車に一緒に乗り、旅立っていった。

「行っちゃったなぁ」

「そうね」

タカユキ君と一緒に帰ろうとした時、タカユキ君がボソッと呟いた。

「やっぱり、そうだったのかな・・・」

「え?なんて?」

「い、いや、なんでもない」

「隠し事はしないって約束でしょ!?」

タカユキ君はそうだったねと言うと、少しずつ話し出した。

「アイツ、コウイチのヤツ・・・」

「コウイチ君が?」

「ユミの事、好きだったのかなって」

アイツが私の事が好き!?なんでそーいう話になるのか分からない。

「ユミに告白する時、オレ、コウイチに相談しなかったんだ。うん、事後報告だった」

「後で伝えたら、コウイチのヤツ渋い顔してさ、
 タカユキの好きな人って山下さんだったのかって漏らしてた」

「しかもユミがそれにオッケー出したでしょ?だから言い出しにくかったのかなって」

「それだけで?」

「なんとなく分かるもんだよ、もう付き合いも長いし」

アイツが私の事が好きだった・・・か。
そう考えると折り合いが付くネタもいくつかあるが、もう終わったことだ。

「もしかしたら今日何か言うと思ったけど、何も言わないし、
 まぁ今となっては本人に確認する事でもないし」

「友達がいなくなって寂しい?」

「そりゃあ・・・」

「でもいいんだ。今はユミがいるし」

「そうね。私もタカユキがいるなら、それでいいよ」

「ホントに?」

「嘘はつかない。約束でしょ?」

「そうだね。じゃあどこかに寄ってから帰ろうか?」

「そうだね」

雨上がりの雲一つない空、私とタカユキは歩き出した。


おわり
スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。