スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けった ~天和通りのジェントルメン~ その1

ネタ
08 /31 2011
夏の終わりのけった魂

今日はけったさんと雀荘に来ています。

後輩「それ、ロン!」
けった「うわっ、また安い手で上がりよったでコイツ」
後輩「いいんですよ麻雀は役がつけば。ほらほらけったさん僕1位上がりですよ!」
けった「しょうがないなぁコイツはホンマに・・・」

ガシャン!

後輩「?」

ヤクザっぽい人「納める金がないってどういうことやねんコラァ!」
店主「す、すいません今日は手持ちがなくて」
ヤクザっぽい人「とにかく払ってもらうまで待つからなぁコラァ!」

後輩「(うわ、雀荘ってやっぱりその筋の人っているんだな・・・
関わりたくないから早く帰りたくなってきた・・・
もう終わりだしけったさんに帰ろうって言わないと・・・)
ってけったさん!いつの間にあの人の前に!?」

けった「止めろ」
ヤクザっぽい人「ああぁん!?」
けった「止めろと言っている」

後輩「(け、けったさん!話の展開上仕方ないとはいえ何で口挟んでいるんですか!
  マズい、かなりマズい展開ですよ・・・)」

ヤクザっぽい人「いい根性しとるのぉワレ!オマエが払ってくれるゆうんか?あぁ!?」
?「フフ。もうよせ」
ヤクザっぽい人「し、しかし組長」
?「突っかけてきたっちゅう事は何か目的があるんやろ?」
けった「ああ、勝負だ!」
?「勝負か、なるほどな」
けった「オレが勝ったら上納金はなしにしてもらおう。
負けたらオレの貯金は好きにしていいなり」
?「フフよかろう。オレは関西系西流組の組長、山田だ。勝負はいいが、その前に一つ」
けった「早く勝負するなり!」
山田「おい、お前」

シーン

山田「お前だお前。けったの後輩」
後輩「ぼ、僕ですか!!?」
山田「けったの貯金残高がゼロなのはすでに調査済みや。
今回の勝負に勝った場合、後輩、お前の貯金を頂く。これでどうや?」
けった「バレたなりか・・・」
後輩「(そ、そんな・・・僕のつもり貯金で貯めに貯めたお金が・・・)」
山田「それがムリならこの勝負、なしや。そっちがノーリスクなのに賭ける意味がない」
後輩「けったさん・・・」
けった「・・・」
後輩「分かりました、僕はけったさんに全額賭けます」
けった「お前・・・」
山田「フフ、それでこそ。よし仏我、出番だ」
仏我「了解」
山田「どうする?お前も卓に入るか?その権利はある」
後輩「ぼ、僕は見学してます」
山田「じゃあウチの組員を入れてやる」

こうして、けった、山田、仏我、三下の熱戦は幕を切っておとされたのである。

そのうち続く
スポンサーサイト

けった

月曜日の夜、スカートを直した

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。