2011/02/25(金)

ネタ
02 /25 2011
ネタが妬ましい!

けった「珍しいな、お前から誘ってくれるなんて」

後輩「まぁ、たまにはいいじゃないですか」

けった「で、何なの話って?」

後輩「けったさん、今からする話、誰にも言わないって約束してもらえますか?」

けった「オッケーオッケー誰にも言わないでござる」

後輩「実はですね、とんでもない儲ける方法を思いついてしまったんです」

けった「儲ける?」

後輩「はい、確実に大金持ちになれます」

けった「ふーん、とにかく詳しく教えてたもーれミアモーレ」

後輩「はい。まず、会員制のクラブを作ります」

けった「ふむ。それはダイスケ的にもオールオッケーなの?」

後輩「大丈夫です。そしてけったの書を会員に廉価で販売します」

けった「ふむ。ところでそれはダイスケ的にもオールオッケーなの?」

後輩「はい。で、会員にさらに会員を増やして
   けったの書を売ればお金を渡すようにします」

けった「ほう。気になる点としてはそれはダイスケ的にもオールオッケーなの?」

後輩「問題ありません。で、あとは会員が増えれば増えるほど
  僕たちは何もしなくても大儲けするという寸法です。
  どうです?スゴいと思いませんか!?」

けった「なるほど。で、それはダイスケ的にもオールオッケーなの?」

後輩「なんでさっきから浅倉大介の意向ばっか気にしてるんですか!
   T.M.Revolutionでもそこまで気にしてないですよ!!」

けった「うーんとさ、お前の言ってる事ってネズミ構って言ってさ、
    とっくに法律で禁止されてるよ」

後輩「え・・・」

けった「やったら逮捕だね」

後輩「・・・」

後輩「分かりました。僕帰ります。
   僕が頼んだお好み焼き定食はけったさんが食べて払っておいて下さい。じゃ。」

けった「・・炭水化物!」

結論:けったの書、1冊ぐらい売れても良かったのに

スポンサーサイト

けった

月曜日の夜、スカートを直した