スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のもう一つの歴史

けったグランプリセカンド
02 /20 2011
昭和58年9月18日 

愛媛県市立八幡浜総合病院で生まれる
ちなみに母親が里帰りをして出産したもので、1ヶ月ほどで山口県岩国市へ戻る。

昭和62年

父親の転勤で青森県八戸市へ移る。
幼稚園では神童と呼ばれていた(らしい)。

平成元年

父親の転勤で千葉県東葛飾郡沼南町へ移る。
官舎に住んでいたが、住民が陰湿だったイメージしか残っていない。
この頃自転車を補助輪なしで乗れるようになる。

平成2年

父親の転勤で広島県江田島へ移る。
1コ上の子に軽くいじめられて困った。

平成2年下半期

父親の転職で愛媛県松山市へ転校する。
3年連続校内マラソン大会で優勝する。
学級委員長も毎回務めていて、将来は生徒会長になると思われていた。

平成7年

父親の仕事の都合で福岡県福岡市南区三宅へ転校する。
愛媛と福岡のギャップに大いに悩む。
リーダーシップを発揮できなくなるようになる。

平成8年夏

両親がマイホームを購入したので、福岡県糟屋郡へ転校。
これ以後は移動しなくなる。

平成8年

地元の中学校へ進学。野球部に入部するが、顧問の先生と折り合いが合わず辞める。
(あと肘が痛かったのを言い出せなかったので)
その後陸上部へ入部。3年の時400メートルリレーで県大会入賞する。
(ただメンバーの中で一番遅かったので他校の生徒からお荷物扱いを受ける)

中二の時に新世紀エヴァンゲリオンを見て、
「自分とは何か」という壁にぶち当たって暗い性格になる。
またこの頃小林よしのりのゴーマニズム宣言を読んで影響を受ける。
(西部邁を知ったのもゴーマニズム宣言で)

平成11年

家から近い地元の高校へ進学。部活は陸上部。コースは文系へ。
中学の頃から続く女子に話しかけられないというコンプレックスにひたすら悩む。
高校3年間女子とほとんど喋らずに過ごす。
休み時間は唯一いた男友達と話すか本を読んで過ごした。
進路では小説を書く勉強がしたいので文学部に進学したいと
文学部出身の先生に言ったら「文学部はそんな所じゃない」と諭され、
消去法により自分の学力で行ける経済学部にする。

平成14年

家から近い地元の大学へ進学。
最初は真面目に授業に出ていたが、
6月ぐらいに1日休んでしまって深い罪悪感を覚える。
始めはサークルには入らず、親の金で自動車学校に通うなどして過ごす。

秋になり高校の陸上部の同級生の話を聞いて自転車サークルへ途中入部する。
サークルに入ったことによって女子とも少しずつ話ができるようになる。
以下サークル活動にハマり、勉強がおろそかになる。

尊敬する西部邁が授業なんて出なくても
その先生の本読んだら単位なんて取れると言っていたので、
真に受けて授業にほとんど出なくなる。(確かに単位はそれなりに取れた)

時は流れ就職活動の時期になったが、
他人から面接を受けるのが死ぬほどイヤだったので、
(ダメだった場合自分の存在が全否定される気がしてた)
就職活動をしないで過ごす。

平成18年

一応大学を4年で卒業したものの、行く当てがないのでゼミに研究生として1年残る。
研究らしい研究はほとんどしなかった。
そろそろ就職しないと流石にヤバいと思い、
ちょっとだけ就活して1社から内定をもらう。

平成19年

就職した会社と折り合いが合わず3週間で辞める。
以下、1年半ほど何をすることもなくダラダラと過ごす。
ジャンプ感想系サイトをこのあたりで見るようになる。
ブログを始めたのもこのあたりだったはず。

平成20年秋

中学から抱えていた「自分とは何か」と言う問いに、
「自分とは思い込みである」というひとまずの結論が出る。
そして簿記の専門学校に1年間通う。

平成21年秋

専門学校卒業。
今まできちんと就活しなかった事を反省して、自分なりに就活をする。
そこで現在の会社から内定をもらって就職。

そして現在に至る。

製作時間:1時間

(この記事はけったグランプリセカンド賞品授与作品です)
スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。