スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら」の感想

書評
10 /26 2010
もしブツ


中洲のツタヤが空気読みすぎな陳列をしてたので写メってしまいました。

もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったらもしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら
(2010/10/08)
架神 恭介

商品詳細を見る


と言う訳で、架神恭介著『もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら』を購入し、
拝読させていただきました。いや、ツタヤで直に出会うのも何かの「縁」かと思いまして、
こっそり保護してきたと言う事です。
本書は表紙こそ『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
のパクリになっていますが、本格的な仏教入門書になっております。

本書は、リアルパンクロッカーであるまなぶが謎のジジイに出会う所から本書は始まります。
そして謎のジジイと共に時空を越え、仏教の開祖達と出会い、
拳を交えることにより次第に仏教とは何か、について学んで行きます。
読者はまなぶと共に時空を旅する事により、仏教の流れを知る事ができる寸法になっています。
難しい仏教が架神さんによって噛み砕かれて分かりやすく説明されています。

とは言っても本書、かなり難しいです。
とりあえず今までの架神さんの本の中では一番難しいです。
一番分かりやすく書いてあるのに一番分かりにくいです。
何故かというと、仏教って専門用語がかなり難解なんですよね。
一切皆苦、四門出遊、降魔成道、etc・・・

1回聞いて解説を聞いただけで覚えられるほど生易しいものじゃないって事はよく分かりました。
ただ自分としては大まかな仏教の流れを知る事ができただけでもだいぶためになりました。
釈尊から始まって、龍樹、玄奘三蔵、最澄と空海、そして法然、日蓮、禅と続いて行きます。
インドで生まれて中国を経由して日本に入ってきて、そして人口に膾炙していく流れが分かります。
最澄を萌えキャラ、日蓮をギャングスタラッパーと捉えるのは架神さん独自の解釈です。
これで細かく何をしたかを覚えてなくても性質が分かるんですね。
あまり仏教を知らない自分からしたらもう最澄は萌えキャラで日蓮はギャングスタラッパーです。

「もしドラ」も「もしブツ」も両方読んだ自分からすると、
この二つは似ているようでかなり違います。
もしドラはドラッカーのマネジメントをまぶした単なる野球青春小説なのに対し、
もしブツは仏教を真剣に学んだ著者の小説風味の仏教解説書です。
お好み焼きで言えばもしブツは仏教が生地、つまりメインなのに対し、
もしドラはドラッカーがかつおぶしとか青のり程度です。

もしドラの著者は真面目にドラッカーとか勉強してないと思います。
たまたまテレビで観たんですが、もしドラの作者はネトゲで人をまとめるにはどうしたらいいかを
悩んでる時にドラッカーのマネジメントを読んだら参考になったらしく、
それで執筆に至ったらしいのですが、僕としてはネトゲかよと思わずにいられませんでした。
もしドラはいかにも放送作家らしいワンアイデアで表題10割の中身スカスカの本です。

もしドラともしブツ、どっちがためになるかと言いますと、断然もしブツです。
ですがもしドラの売れっぷりを観ていると、内容と売れるかは別物なのかもしれません。
もしブツは大学の本屋で売れそうな作品です。
もしドラぐらい売れたら素晴らしいんですが、それがどうなるかは分かりません。
ただはっきりしてるのは10年後どちらが残ってるかと言えばそれはもしブツです。
つまりもしブツはロングセラーになる可能性を秘めていると思います。
皆さんももしブツを買って仏教の奥深さに嘆息しませんか?
とお誘いして終わりにしたいと思います。

と思ったんですがここからねじっていくと、
本書はいつもネコパンチしかしてこないかがみさんにガチで殴られたような敗北感があります。
おいおい、話が違うよみたいな。

いつもかがみさんの本は焚書にすべきだと思ってますし、そう周りには指導してますし、
実際自分でも焚書にして暖を取っているんですが、
もしブツは分からなかった所があるだけに燃やしにくいんですよね。
本書はファッション仏教じゃないんですよね。ガチなんですよね。
これは僕の勝手にイメージしてるかがみさんと違うのです。

かがみさんは「所々間違ってる所がある」とか「龍樹の解釈が古い」とか
専門家とか好事家に言われたら、そんなの知るかよクソッタレーって言って
ギターでぶん殴るべきだと思うんですよね。
間違ってるのはお前らだよ(笑)みたいな感じで居丈高に振る舞って欲しいんです。
そう言う意味では非常に礼儀正しい本なのが逆に勿体ない点です。
僕はかがみさんには永久に専門家とかに評価されるようになって欲しくないんです。
奴らに命を狙われるぐらい嫌われてて欲しいんです。
延々と願望を書きましたが、是非こっちの方向を目指して
これからも邪道を邁進していって欲しいなぁと思う次第です。

ではでは、そういった所で。
スポンサーサイト

けった

月曜日の夜、スカートを直した

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。