スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何の取り柄もなかったが そんなあいつが好きだった

物語
07 /21 2010
ぶきっちょなクセにやりたがり
物を壊して怒られた

「だって しょうがないじゃない」口をとがらせ すねていた

そんなあいつに頼み事 カレーの具材のお買い物
カレイの煮付けを買ってきて みんなに呆れられていた

「だって そんなのできないよ」口をとがらせ すねていた

何の取り柄もなかったが そんなあいつが好きだった

そんなあいつが歌うたう
調子っぱずれの歌声で 程よくみんなに笑われた

「だって ヘタでも好きなんだ」口をとらがせ すねていた

ある日あいつはこういった「ボクには夢があるんだ」と
「夢を叶えに行くんだ」と小さな田舎を飛び出して
もう幾とせになるだろう あいつを見かけなくなって

何の取り柄もなかったが そんなあいつが好きだった
何の取り柄もなかったが そんなあいつが好きだった
スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。