エヴァンゲリオンとは何だったのか その7 ~ヱヴァンゲリヲンとは何なのか~

エヴァ総括
02 /07 2010
今回は新劇場版についての話です。
なぜ新劇場版が作られたのかというと、
まず庵野監督がスタジオカラーを立ち上げたためにお金が必要というのがあります。
そして次としては、新たにエヴァを終わらせる事によって
エヴァのTVシリーズ化を狙っているというのがあります。
僕が強調したい点はこの2点よりも次の点で、
「エヴァを引きずっている人にピリオドを打つ」
という意味がヱヴァンゲリヲンには込められていると思います。
それは視聴者側もそうですが、それよりも製作者側、特に新劇場版の監督である鶴巻監督
のために作られているのではないでしょうか。(庵野監督は総監督)

庵野監督はエヴァのパチンコ化にしても二次創作にしてもどんどん認めてきました。
これはアニメ関係者の中でエヴァが神格化されていく状況を快く思わなかったためです。
しかしこれだけ庵野監督がエヴァを破壊してもエヴァの神格化は止まりませんでした。

その中でも特に身内で関わっていた鶴巻監督が一番エヴァを引きずっていたと思います。
どんなにアニメを作ってもエヴァには及ばない。
この「エヴァには勝てない」というコンプレックスを覆すにはどうすればいいか。

実際にエヴァを作って自分で壊せばいいのです。

つまり新劇場版ヱヴァンゲリヲンは実質的に鶴巻監督が作っていると考えるのが自然です。
庵野監督は文字通り総監督としてサポートに回っていると思われます。
例えば新キャラのマリですが、これは世代を代表しているキャラとかそういったものではまったくなく、
鶴巻監督の作品に出てくる主人公キャラそのものです。

序は文字通り序だったのでほとんど前作を踏襲された作りでしたが、
破では新キャラが登場し、物語が少し違う方向へ進み出しました。
おそらくこの傾向は強まり、
Qでは鶴巻監督によるさらなる旧エヴァの破壊が行われると思います。
(より鶴巻カラーのエヴァになる)

そしてそれが鶴巻監督をエヴァの呪縛から救い出す事になるのです。
そういった庵野監督の鶴巻監督に対する思いやりが込められているのではないでしょうか。

次は旧劇場版に庵野監督がどんなメッセージを込めたかを説明して
この総括を終わりにしたいと思います。

スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに