スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ 2010年 8号感想

ジャンプ感想
01 /26 2010
諸事情で簡素に書いてみました。

「テニプリフェスタ2009」DVD発売迫る!

見どころ1の 許斐先生熱唱! で吹いてしまった。
もうなんか左手で若干リズム取ってるっぽいのだけで面白い。反則!反則!

黒子が100万部売れてるってマジかいな

いや面白いですけど、ジャンプ漫画の数字は感覚が狂っちゃいますね。
本編は圧倒的な個を見せつけられて個に走る火神っていうのは上手いなと。
ただこういう仲違いな展開はあまり好きではないんですけど・・・って
僕の感想も個に走っちゃいましたね(上手くない)

スケットダンスが小学館漫画賞ってマジかいな

まぁオバマがノーベル平和賞もらえるんだったら
スケットダンスが小学館漫画賞ぐらいもらっても何の問題もないですよね。

パーム生存ってマジかいな

いやまぁ生まれ変わりですけど。
というかこの展開にするなら前回の連載時ぐらいにもってきても良かったのでは・・・
でもとにかく話が動くと面白いですね。

エイジジャンプに二本載せるってマジかいな

エイジの2本連載もさることながら「描きたいものが描けないのは自分の才能の無さ」
発言とか大場先生の昔ながらの価値観が披露された回でしたね。
でもガモウ先生はわりとやりたい事やらせてもらってるイメージなんですけどね。
確かに終わりたい時に終わってはないでしょうけど。
それともラッキーマンの時とかは没喰らいまくってたんですかね。

リリエンタールが4さいってマジかいな

楽しんでるけど特に感想なし

漫画家になりたいなんて思ってたのはいつだったかなぁと思いながら感想を書いてみました。
でも絵なんて描いたためしほとんどないんですけどね。たいしたワナビーだ。
スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。