週刊少年ジャンプ 2010年5・6号感想

ジャンプ感想
01 /06 2010
七瀬さんを訴える準備は出来ているけった魂


何が悔しいって、自分の発言の面白さがイマイチ分かってない所ですよね
(知ったこっちゃない)


開運袋とじ

「努力」になりました。新年に引いたおみくじも地道に努力しろとか書いてあったんですが(小吉)、
神からもいろいろセーブするように言われてるような気がしないでもありません。

「いろんなことに挑戦してみよう!!」

いろんなことに挑戦すると大ヤケドしそうな気がしてるんですが、大丈夫なんでしょうか。
2010年はけったイヤー!!(ボーン)


黒子

ここで敗退とは意外ですが、オッケーオッケーこの展開ですよ。
仲間が増えた方が絶対面白いですよ黒子は。

何かと気になるSQ

ヤブケンの新連載はこの絵にキュンキュンしてる僕と拒絶してる僕が両立しててなにかと不自由です。
でもたぶん立ち読みする。

ハンター

No.290とテンションが違いすぎて読み終わってジワジワと腹筋に来ました。
冨PYouこんなノリノリじゃなかったじゃん!
ほっとくと来週には会長が三木道三とか歌ってそうなんですけど気のせいですよね。
しかし両手でハートマーク作ってる絵に「これぞ武の頂点!」
アオリを入れる編集のなんとロックな事よ。武道なめんな!

トリコ

すごい懐かしい感じがしたんですけど、残虐描写の容赦なさが80年代っぽいと思いました。
昔のマンガって無茶苦茶やってますからね。

バクマン。

普通に考えたら今回は連載は取れないでしょう。
理由はあるんですけど、連載させると話が転がらなくなるんですよね。
主人公二人が部屋にカンヅメになるから動きもなくなるし、
読者としても今週は~位、今週は~位って聞かされても
実物を読んでる訳じゃないから面白くないんですよね。
大場先生も1回目に連載させて時たぶんかなり困ったと思うんで、
(大場先生の事だから困るのは分かってたと思いますけど)
しばらく連載はおあずけかなと。

賢いの

これだけ派手な事しといて地味な印象を受けるのは逆にスゴいかもしれない。
しかし心情描写をさせたらすでに葦原先生の独壇場なんだから、
なんとか読者にバレないように5年くらい続いて欲しいですね。

曲げわっぱ!

アメノウズメのおっぱいを見て松本先生=女、という自説を全面撤回いたします。
間違いなく男子。ただ草食系だとは思う。
絵もちょっと女の子が描いたにしては雑な部分があるんですよね。
(雑に描く女の子はもちろんいるでしょうけど)
読んでなかったんですけど、新展開みたいで面白かったです。
ハムス田さんの無表情最高!
これは食わず嫌いだったかも。

めだか

「だから殺す」

唐突に男はつぶやいた。

「殺す?」

「そうだ」

「だから殺すのだ。自分自身を。自分の未熟さを。弱さを。臆病な心を。

ごめん、小説っぽくしようと思ったけどこの時間ではここまでしか思いつかなかった。

あねどき

桜井さんカワイソス。おま、あと4年待てばおねーさんとか遙かに凌駕する逸材だぞ桜井さんは・・・
だからもっとロングスパンで物事を見つめてだな・・・
そもそもおねーさんとくっついても長く続かないって。
だってさー、住む世界違うじゃん。こーちゃんも分かってんでしょホントは?

これは来週くっつくかくっつかないかでだいぶ印象違いますね。
くっついたらファンタジー。くっつかなかったら少女マンガ。断然後者をオススメします。

巻末コメ

みんなが新年の挨拶をしている中、「劇場版大人気で0巻足りへんで!」と
一人ドヤ顔してる尾田先生が目に浮かんでほほえましい気持ちになりました。
お願いだから王者の風格を漂わせてください。

他で言えば河下先生のコメントが一番気になったかな。
無難な感じだとSQに行きそうですが、意外と少女マンガに行くのも面白いと思うんですよね。
というよりも河下先生もそっちに行きたそうな気がするんですよね。原点回帰というか。


こないだよりはジャンプ感想も方向性が見えてきたカンジです。
思った事を思ったように書けばいいんですね(そりゃそうだ)。
また気が向いたら書きますっ。
スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに