週刊少年ジャンプ 2008年16号感想(過去ログ)

ジャンプ感想
11 /01 2008
バリハケン(新連載)

アキバも茨城県もW制覇!!いばら「ぎ」じゃなくて、いばら「き」だろ、常識的に考えて・・・
「エンジェル伝説」と「エリートヤンキー三郎」の影響受けすぎだろ、常識的に考えて・・・
「ビショビショグラビア」が「美少女フィギュア」、
「声優の握手会ですっころんで負傷」が
「戦友をアクス改でぶっ殺して火葬」って苦しすぎだろ、常識的に考えて・・・
逆ピラミッドって下もさることながら上の方がもっと大変だろ、常識的に考えて・・・
主人公意外と不良生活楽しんでるだろ、常識的に考えて・・・
ちょっと調べたら日本ラート協会のHP適当すぎだろ、常識的に考えて・・・

なんだかんだ言って鈴木先生のギャグが意外と好きな僕です。
でも、いろんな部活に派遣されていくってスケットと微妙に被ってるような気がする。

ぬらり

如良リクオは平和に暮らしたい。
清継くんが180度意見変わってて面白かった。
とりあえず妖怪がどういう立ち位置にいるのかを早めにはっきりしてもらいたいです。
今週の話は部下も学校行ってましたってだけの話だし。

うさぎ

千代吉やり過ぎだろ・・。摂津殿が伊達になっちゃいました。
なんでこんな真面目なバトルでどじょうすくいの回想が入るんだ・・。
「バカモノ!!!長さ・・・太さ・・・私の顔に合ったものが作れてこそ・・・
初めて皆を心から笑わせる事ができるのだ!!」
まさか息子がそのどぢょっパナに塗られた毒でやられるとは考えもしなかった親父であった。

リボーン

「我・・・所望す・・・」汝の・・・命を・・・。来週からリボーン夜明けの炎刃王が始まるよー!

アイシ21

「ボウヤこれは相手を押し倒すゲームじゃないよ」と言いたい所ですが、
峨王対栗田で倒した方が勝ちって言うのは分かりやすくて面白かったです。
実際は青天させてもいろいろ他に条件が揃わないとタッチダウンできないみたいですが。
峨王が最後の方でなんか凄いいい人になってました。
精液とか言ってた頃が懐かしいですね。
最後のページのみんなの寄せ書きもグッと来て良かったです。

サイレン

予定よりも早いサイレンへの招待、そして明らかになる新しいサイレンドリフト。
一気に話が動いて面白かったですね。
朝河の知り合いのタツオ、そして女好きの霧崎カブト。
カブトが雨宮さんに絡んでまた雨宮さんのキャラが立っておいしいですね。
朝河が一体何年先の未来なんだって考えてましたが、近未来だと思うんですよね。
あんまり遠すぎたら「俺達それまでに寿命で死ぬから関係なくね?」みたいになってしまいますし。
僕はメインキャラは死なないと高をくくってますが、
今回のを見るともしかしたらまずいんじゃ・・と思いました。
この辺が上手いですね。
Dグレはリナリーがレベル4に上に乗られても
死ぬ姿が全く想像できないですから(それはそれで逆にすごいけど)。

ハンター

ウェルフェンは考えすぎで疑心暗鬼になってしまいました。
ビゼフ探しに行ったからとりあえずイカルゴはブロヴーダのみと戦うんですかね。
ゼノは王と戦わないんだ・・。
あくまで敵を分断して王対会長をお膳立てする所までの依頼だったわけですね。
会長一人で倒せるんだろうか・・。
そしてゴンがピトーと対面。ちゃんと名乗ってる所が正々堂々としてていいなぁ。

初恋

連城先輩の行動
①出身中学に行く
②部室にいた女の子が自分が描いた絵が好きとか言うので
「この絵一緒に完成させてみようか?」とナンパ。成功。
③その日からヒマだから毎日来る。
④期末テストだからもう手伝わないと言って揺さぶりをかける
(それでまんまと、出ます!とか言っちゃう千倉さん)。
⑤海外にボランティアに行くとか言う。
そして絵について思いをそれっぽく言う
(それにまんまと、先輩は本当にすごいと思います・・・とか言って泣いちゃう千倉さん)。
⑥千倉さんに頑張ってって言われていきなり抱きつく(チャンスは逃さない)。
⑦その日の夜に美術室に忍び込んで、
 絵の中に千倉さんを描く(テメーその時間があったら絵を仕上げろや、
 てゆーか勝手に描き加えてるんじゃねーよ!)。
⑧千倉さんに黙って海外へ(千倉さんが楽しそうで言い出せなかったと責任転嫁)。
⑨後に置き手紙で千倉さんに自分の存在をアピール

これだけ思わせぶりな態度を取っておいて海外に行くってよぉ・・・。まさに外道連城先輩。

スケット

このゲーム実際にやったら大変そう。まず上がりにくい。
最後の方になったらカードが合わなくなってくるから、
必然的にウソを付かないとだめだし(なんで最後の方はチェック連発になる)、
やってるうちに自分が本当のことを言ってるのか
ウソを言ってるのか分からなくなってくる
(カードを全部伏せた状態にするので目で確認が出来ないから)。
安形の読む能力にトリックが無さそうなのがちょっと・・。
「ギャンブルッ!」じゃないんだから。ボッスンの抜け道は悔しいけど分かんないや。

ネウロ

ネウロは謎の為にどんな人間でも救わないといけない訳ですね
(誰がいつどんな上等な謎を作り出すか分からないので)。
シックス編になってからどうしても正義の味方のように
見えてしまうのは仕方ないですけど、出来ればダークヒーローでいて欲しいです。
土の属性だから不動産で働いてるテラさんのこだわりがナイス。

マディ

間欠泉の所に行ったのはそういう事だったのかー、納得。
終わっちゃいましたね。恐ろしいほどマディとクレイがマイペースで
テンションが低めなのが特徴的だったですね。
でもこれは長所にもなれる気がするから、次回作はまったり学園物とかでどうですかね。

巻末コメント

作業中DBのDVDを流したら皆テンションアップ!べジータ編は燃えます!〈慎一郎〉

アシスタントいたんだ・・(そりゃいるんだろうけど)。

自分には向かないと思ってあきらめていたことに挑戦することにしました〈義博〉

週刊連載に1票。

来週は高知の星、古味直志先生の「ダブルアーツ」が始まります。
化けてくれたら面白いんですけどねぇ。
スポンサーサイト

けった

月曜日の夜、スカートを直した