スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ 2008年15号感想(過去ログ)

ジャンプ感想
11 /01 2008
なんだか表紙が地味な気がします・・。和服だと派手な色にしづらい?

ぬらりひょんの孫(新連載)

妖怪達の百鬼夜行を率いる主、ぬらりひょん。
主人公の奴良リクオはぬらりひょんの血を4分の1引き継いでおり、
妖怪軍団の三代目に選ばれた。
椎橋先生の新連載です。
椎橋先生はビジネスジャンプから移籍してきたなかなかキャリアのある人みたいです。
他の雑誌から移籍してきた人としては天野先生、福島先生がいるので頑張ってもらいたいですね。

一話目の話としてはOVERTIME+カトブレパスみたいな話でしたね。
これからの筋にはあまり関わってこないエピソードだったというか(過去の話だし)。
読切の時に出てきた女の子が幼馴染になってましたね。
これからどういう展開をさせていくかって所ですよね。
妖怪は伝記で伝わってるものがたくさんいるから困らないし、
水木先生のおかげでジャンルが確立されてるので、やりやすい部分はあると思います。

アンケートの今後、この話のどんな展開が読みたいと思いますか?では、
①主人公が妖怪の仲間を増やしていく
②主人公が強敵と戦い成長していく
③学園で起こる問題を解決していく
④色々な妖怪が毎回出てくる
⑤怖い妖怪の話になる
⑥その他
ですから、ジャンプ的にはやっぱ②かな。西洋妖怪と対決なんてどうだろう。
バックベアード様が出て・・きちゃ駄目だよなぁ。
早い段階で人間と妖怪の在り方で白黒をつけて、
人間に味方するのが主人公側、敵対するのが敵側で分かりやすくバトルが一番いいと思います。

ブリーチ

久保先生と読者の間でノイトラの価値観に違いがありすぎるかと。
先生どんだけノイトラ好きなんだ・・。
もっとあっさり退場するのかと思いきや、数週に渡って粘って、
やられた後にかっこいい回想が入るって破格の扱いですよ。
話的にはここ数ヶ月で一番進展しましたね。
織姫がまた奪われて藍染が空座町を滅しに行くと。
ヴァイザードとかたつきとかが活躍したら面白いんだけどなぁ・・。もう忘れられてるか。

アイシ21

正面突破で2点を狙いに行くぜ!の巻。
栗田が自己主張したのはいいんじゃないですか。
セナがダメージを受けてたって言うのも理屈としてはいい展開だと思うんですけど、
それで代わりにヒル魔が左手でボール持ってノリノリで正面突破しようとしてるのは如何せん。
セナのダメージにリアリティを持たせるとよりヒル魔の状態に疑問符が付きますね。
あちらを立てればこちらが立たず。

「白秋守備が セナのスピードに引きずりこまれて・・・」

?? ボールを持ってないセナが高速で突っ込んでくるのに
騙されてセナに守備がたくさん付いてしまったという意味でしょうか?
ちょっと説明不足かな。これだとセナが手塚ゾーンを発動したのかと思ってしまいます。

とらぶる

ヤミがスカートを摺り上げてパンツを見せながら
「私・・・えっちぃのが大好きです・・・」
これ大丈夫なんだろうか・・。野田聖子が読んだらブチきれるんじゃない?
個人的にはロリはちょっと苦手だな。なのはもパンチラで引いてしまったし。

「ララ・・・こんなにオレの事を思ってくれてるのに・・・オレ・・・いつまでこのまま・・・」
いい奴過ぎるだろリト・・。ここは二人キープで行こうぜ!
まだ最終回は見たくないよー(まぁ2~3週あればいつでも終われる話ですが)。

4月からのアニメを観ようと思ってるんですが、作るのジーベックなんだよなぁ・・。
OverDriveのgdgdぶりは凄かったからかなり心配ではあります。

ポセ学

やったー、今週ジャガーさんに勝ったんじゃない?(あくまで個人的見解)。
ハピネス先生がアオリが無いと成立してないのに笑った。
これ単行本になったらどうするんだろう。
爆笑妖怪めらりにょんって「爆笑」を付ける事によって著しくハードルを上げてますよね。
大江先生はドMなんでしょうか。
もしくはハンターのシュートみたいに敢えて自分を追い込むことで
クオリティを上げてるのかもしれません。「苦笑い」ぐらいにしとけばよかったのに。
ハピネス先生、サオリ、校長のオチは良かったと思います。

ネウロ

テラが銃を体に仕込んでたのは、「埋める」という意味で属性とリンクしてたんですね。
生き埋めにしてたページは純粋に嫌悪感。
「サイコ」でも似たような事してたな(あっちの方がより酷かったけど)。
今回ビルにいた人はおそらく助からない訳で、
ネウロとしては埋められてた人を助けないという選択肢は無かったのかな。
それだと、テラに屈したことになるからプライドが許さなかったということかな。

銀魂

先週といい今週といい面白いなー。
すごいよ空知先生。
ただ今回の最後のページで来週以降泣かせに来そうだな・・という印象を受けました。
お姉ちゃんから凄い死臭が漂ってる。

初恋

あれ・・?僕の予想では先輩は他の人と絡んだりしないで、
最後のページでもう亡くなってますよみたいな展開だと思ったのに。
「さくらの絵」「頭のいい高校生が海外でボランティア」って、
先週から感じてたんですけど、どう考えても「ふたつのスピカ」に影響受けてる話だなぁ。
だから幽霊説を出したんですけどね。

スケット

来ると分かってて避けられない笑いって言うのは一番凄いですよね。
恐るべし浪漫。今までは浪漫人気高すぎるだろと思ってましたが、
それだけの事はありますね。考えが改まりました。
浪漫が負けた理由も不正があったからと落とし所があったのは良かったですね。
残念なのは記者の人が生徒会を勝たせたい理由が
「生徒会を元にした漫画の連載の人気が上がるから」というよく分からない動機なのですかね。

ハンター

ナックルたちとして最高の結果はユピーを倒す事、そ
れができなければできるだけ足止めさせることというのでいいんでしょうか。
ゴン達を先に進ませるというミッションはクリアしたので。
読者としては王と会長達が移動したのを知っているので、
ここでの足止めがあまり意味が無いものになってしまっていると感じてしまいますよね
(もちろん本人達はそんな事知らないので命懸けで足止めしてるんですけど)。
ナックルがシュートのために姿を現したのは性格的に言っても納得できる展開ですね。
ナックルの誤算はユピーが強すぎる事かな?あまりにもひねりがない回答で申し訳ないですが・・。

サイレン

絶望した!朧には手加減しておっさんには全力投球なネメシスQに絶望した!
しかもおっさんの知ってる程度の情報はエルモアは知ってそうなので、
おっさん完全に無駄死にですね。PSIも教えてもらえないし酷すぎる。
よく分からないのは、おっさんが殺されたってことは、
エルモアはサイレンドリフトじゃないって事ですよね。
なのになんでいろいろ知ってるんだろうか。
カードを破壊されたら死んでしまうって言うのは分かりましたが。
あとは朝河のメールがかわいかった。今日はいい天気だなってウブ過ぎる。

SEN

まさかの夢オチエンド。ここまでどちらかと言うとリアリティ重視だったのに、
何この方向性を急に変えた終わり方。
まぁでもなんで低迷してるのに周りのキャラを掘り下げてたんだろうっていう疑問は
このラストで分かりました。
村瀬先生は群像劇がやりたかったんだと思います。
みんな何かと闘ってて、それが生きる事なんだっていうメッセージを伝えたかったんですよ。
ただ連載作品としては主人公、ライバル、ヒロインあたりのキャラ立てを優先して、
軌道に乗り始めたら他のキャラを掘り下げていくという手段を取った方が良かったですね。
あとは村瀬先生のやりたい事がジャンプに適してるのかどうかを
少し考えた方がいいのではないかと思いますね。
どうしてもマガジンに載ってるような感覚にとらわれてしまったので。
Wikiによると来週から連載始める鈴木先生は
最初はジャンプには持ち込んでなかったんですけど、
悩んで自分のやりたい事がジャンプ的であることを自覚して
ジャンプに持ち込みを始めたらしいです。
そういう意味では鈴木先生が自分がどうしたら受け入れられるかを考えてる点は
認められていいと思います。

というわけで、来週の新連載は鈴木先生の「バリハケン」です。
オタク不良モノという新ジャンルですね。
鈴木先生は読者によって好き嫌いが激しそうですが、僕は嫌いじゃないので、
頑張ってもらいたいと思います。
スポンサーサイト

けった

月曜日の夜、スカートを直した

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。