週刊少年ジャンプ 2009年 49号感想

ジャンプ感想
11 /04 2009
ネタが全く作れなくなったけった魂



やめろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
ジャンプはこれ以上岸本先生をいじめるなあああああああああああああああ

サクラちゃんはもう出てこない方がいい。これは間違いない。



登場人物

蒼樹さん:今はツンだが彼氏が出来たら途端にデレデレするタイプ
岩瀬さん:同上
山久:出来る男だが生理的に嫌われている
港浦さん:学生時代通じてこれまで先輩の言う通りにして生きてきたが、
      自分で考えないといけなくなって困っている
見吉:ニブい事が幸いして結果的に上手くいくタイプ
シュージン:天然ジゴロ
サイコー:シュージンがいなかったら天野先生になっている
亜豆:メールの内容が250万人に勝手に公開されている
   そして勝手にイラッとされているかわいそうな女子
中井さん:駄目
ハニー:オレの行く末を密かに暗示してくれる



やばい面白すぎる。
しかし中学生がくんずほぐれずしてるのを見てどうせいっちゅーねん。
こんな心理のおにゃのこが実際にいるのかどうかはしらんですが、
こんなんなんかなぁと思ってニヤニヤしとります。はぁん甘酸っぱい。

でもちょっと真面目なことを言うと、無意味にパンツを出すのは止めた方がいいのかなと。
とらぶるは邪道かつ恋愛マンガのアンチテーゼで上手くいった訳で、
やはり恋愛マンガの基本は寸止め、チラリズムだと思うんですよ僕は!!
(ムダに熱くなった)




「てんごくなんて いそいでいかなくてもいいのです」

ですよねー。

そして おにゃのこのゆうれいが なかまになった!
こんな感じで日野家は増えていくんだろうか。

でもたぶん小汚いおっさんのホームレスとか見てもこの犬はスルーだよね。
そういう意味では意外と計算高いぞこの犬。小賢しい犬リリエンタール。



一部では
「桃井に全く振り向かないテツ君の相手はやはり火神」
「いやいや黄瀬」
「やっぱり緑間」
みたいな争いが日夜繰り広げられているに違いないと思う。めっちゃ不毛。

個人的にはドヤ顔してるリコちゃんにイラッとしました。
黒子がスクリーンしただけじゃん。お前なんもしてねぇ!!



王土の凄さがイマイチ伝わってこないのは一体西尾維新と暁月あきらの
どっちのせいなんだ。(答え:両方)
人吉クンが浮いてるあたり、やっぱり西尾先生は超人バトルなんだなぁと思いました。
いや、小説読んだことねーけどね。



たぶん僕だけしか気付いてないと思うけど、このマンガ来週で終わる。

A

「笑えねぇ」

今後の天野先生自身を言っているような不吉な予言を残しつつ、アカボシ完。
業界のことはよくわからんですが、一枚絵で勝負できる分野に行った方がいいと思います。
マンガは向いてない。

新連載ども

地味わっぱ投入かー
なんというか絵柄で松本っちがおにゃのこなのはバレバレなんだよなー
止まらないジャンプのサンデー化といいますか・・・
ヒサシはジャンプをサンデーにしたいのかな?
それぐらいサンデーっぽいのばっかり投入してる。

そして麻生先生。
うすうす思ってはいたけど、大亜門先生って干されてるよね。
担当バティだし。パロはいちいち許可とらないといけないから使いづらいもんなー
かといって爆発的に売れるわけでもないし。
大先生は好きなんですけどね。

あんまりにも書いてなかったのでまだリハビリ中なのです まる
スポンサーサイト

けった

月曜日の夜、スカートを直した