スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ 2009年 40号感想

ジャンプ感想
08 /31 2009
修都さんのネトラジでフルボッコにされたけった魂

その件で僕はいま、猛烈に怒っている!プンプン!!

後輩「はぁそうですか。
まぁ打たれ弱いけったさんが怒るのも無理はないですけど、
いくらなんでも怒りすぎなんじゃないですか?
向こうの人達の言ってる事の方が正論ですよ?」

僕が怒っているのはそんな事じゃない!プンプン!!

後輩「? じゃあ何に怒ってるんですか?」

修都さんは言います。
「ありさちゃんがいた頃は良かった」だの・・・
「ありさちゃんは凄かった」だの・・・
挙げ句の果てには「ありさちゃん戻ってきて~(泣)」だって・・・

ふ・ざ・け・る・なっ!

情けない・・・本当に情けない・・・

そんな気持ちでいるからありさちゃんは戻って来れないんだよ!!
そういう期待が重荷なんだよ!!それはありさちゃんに負担を押しつけてるんだよ!!
自分のネットの物足りなさを全部ありさちゃんのせいにしてるんだよ!!

確かにありさちゃんが遺したものは偉大だよ・・・それは間違いない事実・・・
だからありさちゃんが遺したものを受け継がないといけないんだよ!!
面白いものは誰かから与えられるものなんかじゃない、
自分で手に入れるものなんだよ!!

と言う訳で、

第3回カンコン(勝手に)開催します

後輩「ええ!?」

みんな本当はまた熱くなりたいんだろ?
じゃあ熱くなれよ!!

みんな本当はまた夢が見たいんだろ?
じゃあ見ろよ!!存分に見ろよ!!

僕が持ってるチャンピオンベルトを奪ってみろよ!!

後輩「けったさん、
   なんで一回も出てないのにチャンピオン気取りなんですか?
   チャンピオンベルト持ってないですよね?
   ディフェンディングチャンピオンはYukimiさんですよね?」

しーっ!Yukimiさんはいま新婚でロマンティック浮かれモードに入っている。
今なら勝てる!
誰が感想書きでトップかはっきりさせてやるよ!!

カンコン3/怒りのアフガン 概要

申し込みしめきり 9月12日(土)まで
作品しめきり 9月22日(火)まで
本番(発表) 9月23日(水)秋分の日
結果発表 9月26日(土)


後輩「・・・日程以外何も決まってないじゃないですか!!」

だって急に決めた事だし・・・
でもとりあえず動画は禁止にして、あとはいろいろと制約を付けようと思ってる。
作品は~時間以内に作らないといけないという時間制約とか。
そうしないと僕が優勝できないし・・・(ボソッ)
基本的に前回のカンコンを踏襲するつもりなので、
カンコンとは何かはありさちゃんのサイトのここを読んで下さい。
今回の細かいルールはすぐに決めて後で載せます。

参加者(予定)

・けったさん(ジャンプ感想界で一番面白いともっぱら評判の人)
・Yukimiさん(ディフェンディングチャンピオン)
・かがみさん(第1回優勝)
・ムーさん
・火鷹さん
・あいばさん
・七瀬さん
・J影虎さん
・WHさん
・湖さん
・Jonyさん
・ディアボロさん
・修都さん
・たくさん
・ムウカスさん
・赤松さん
・鬱男さん
・seiさん
・tatakiさん
・KTRさん
・決闘王さん
などなど

後輩「こ、これは凄いメンバーですね!
けどけったさん、この人達は出るって言ったんですか?」

いや、もちろん尋ねてないし無許可で載せている。あとは僕の営業力次第だ。

後輩「なるほど、いつものパターンですね」

もちろんここに書いてない人の募集も大いに受け付けます。カモーン!

だけど言っとくけどお前ら全員挑戦者だから。
必死でチャンピオンの僕にかかって来いよバーカ!相手してやるよ!

という訳で、本当に開催しますので、
参加希望の方はketta1◎hotmail.co.jpまで連絡下さい。
題名は「カンコン参加希望」で、本文にハンドルネームをお願いします。
参加者には決まった事項をメールしていきます。
じゃ!

結論:多分なんとかなるだろ


とらぶる

なんというどうでも系「みんなのリト」エンド。
本当に2話で畳めるマンガだったんだな・・・
マンガなんてしょせん気慰みなんだよって言う
諦観から来るラストだとしたら凄いんですけど、まぁこんなもんなんでしょうね。

ちょっと関係ないんですけど、作品が終わったら
「~先生お疲れ様でした」って言うじゃないですか?
いや僕もやった事あるんですけど、
結局作家の人ってサイトなんて多分見てないですよね。
それならサイトに書いてもしょうがないから
ファンレターでも送った方がいいんじゃないかなんて思ってしまうんですよ。
まぁ礼儀だというのは重々承知した上でのいちゃもんなんですけど。
と言う訳で矢吹先生長谷見先生お疲れ様でした。(結局やった)

わじマニア

今週は読み通すことができなかったなー。
マンガだから絵で笑わせられないとキツいんでしょうね。
トークのネタが失敗するとモロに影響が出てしまうというか。
わじま先生はその辺の意識が希薄かなって気がします。

めだか

バトルのテコ入れが入りましたね。
なんでオーケストラ部が血みどろなのかは全く分からんけど。
でも西尾先生はこの結果に落ち込んだり全然してなくて
「こ、これがジャンプ伝統のテコ入れ要求か!」みたいな感じで楽しんでそうです。
たぶん西尾先生の最大の持ち味って言い回しな訳で、
絵で見せてどうって話じゃないですよね。
今回で言えば「攻撃される理由がないからよける理由がない」とか。
単純に小説が一番向いてるっていう事なんでしょうね。
だからめだかはもうなんか西尾先生の思い出作りになってますよね。
背負うものがない弱さとでも言いますか。

暁月先生はそこはかとなく和月先生の影響を受けているのは分かるんですけど、
なんで今更和月先生なんだよって言う謎は残ります。
そのあたりも含めてセンスのかけらも感じないよね(暴言)

ジャンプよりも熱くて面白い闘いが、いま始まる!!
スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。