スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政権交代選挙は正しかったのか

社会系評論
08 /31 2009
「今回の選挙は政権交代選挙なんだ」というのがやまかしかった訳ですが、
じゃあ今までの選挙は政権交代は関係なかったのかよと言いたくなるんですが、
(政権交代が関係なかったら出来レースじゃん)
そこを第一目的にしたのはやっぱりちょっとマズかったんじゃないかと。

まずシステム的な話から入るんですが、
比例の得票数では自民と民主に議席ほどの差がないんですね。
それは前回も同じだったんですが、どうも今の制度だと振れ幅が大きく出るようですね。
小選挙区制は2大政党制を作るために採用されて、それを促進したのは事実なんですが、
いびつな形での2大政党制になってしまってるんですね。
つまり風が吹いた時に大きく片方に寄るようになっているんです。
選挙区で1対1で戦うので、そこで差が出ちゃうんですよね。

理由の一つとして立候補者の人柄で選ばなくなってるし、選べなくなってるんです。
だいたい自民対民主で選ばないといけないので
比例じゃないのに自民か民主かで投票しないといけなくなってて、
自分の所の候補者が聖人でもDQNでもあまり大差ないようになってるんです。
だから僕としては中選挙区制に戻して欲しいんです。

比例制度も問題があって、
民主党の若手なんてこいつDQNなんじゃねーかみたいなのもいる訳で、
そういう奴らがまたどんどん比例で当選してるんですね。
また民主党が比例で当選枠をゲットしたけど、
人数が足りなくて他党に議席が行きましたとかやってるんです。
つまり近畿ブロックの民主党の比例名簿に載ってたら僕でも当選できたんですね。
そんな制度で選ばれたのをちゃんと選びましたなんて
一体どの口が言ってるんだって話ですよ。

また終わった後に1票の格差がどうのとかミスで開票されなかったのがあるとか
こまごました事を相変わらずやってるんですけど、
何万票の価値があるはずの議席が制度不備で
あっち行ったりこっち行ったりしてるのには「まぁそういう事もあるよね」とか言ってるんですね。
全く物事の軽重の区別が付いてないんです。

話を戻しまして政権交代についてなんですが、
うちの小選挙区で当選した民主党の議員が良い事を言っていたんですが、
「政権交代はゴールではない。これから何をしていくかが問題なんだ」
確かにその通りというか、
僕もどうもおかしいとは思ってたものの気付くのが遅かったんですが、
政権交代が第一目的だとしたら、もう達成しちゃったんですよね。

つまり民主党の人達は
「すでに公約を達成しました!!だからみんなハッピーでしょ!!」
って言わないといけないんです。
創作作品ならこれで「めでたしめでたし」なんですけど、
幸か不幸か現実は続く訳で、life goes onなのです。

つまりこっからどうなるかが大事なんですけど、
それがほとんど話し合われてないんですよね。
無駄が問題ならどこが無駄でどうカットするのかを話さないといけなかったんですけど、
「とにかく政権交代だ」という話に集約されて、
それにみんな乗っかってそれ以上の事は話し合われなかったんです。
(まぁいつものことなんですが)

民主党は子供がいる世帯にお金を配るとか高速を無料にするとか言ってるんですけど、
財源の話になると「無駄を徹底的にカットすればなんとかなる」とか
「ハァ?」みたいな訳の分からない事を言ってるんですね。

無駄を徹底的に省くってなんなんだよって言うか、
何が無駄で何が無駄じゃないのかって話なんですけど、
そんなの簡単に言える問題じゃないはずなんですよね。

例えば完全に無駄のない行程で旅行をセットをすると、
ちょっとのイレギュラーで計画がペシャンコになるんですね。

要は電車をすべて乗り換え時間1分で乗り継いて行けば
目的地に最速で到着するとか言ってるようなもんで、
そんなの無理だからせめて15分ぐらいは
乗り換えまでの余裕を持った方がいいと言いたくなるじゃないですか。

つまりその時間は無駄と考えるのではなく余裕だと考えた方がいいぜって話なんですけど、
そんな事言ったとしても、「でも理論上は可能」とかいうのを
壊れたスピーカーのように繰り返してくるんだろうなーって感じです。

そういうあまりにも設計主義的な発想を現実に持ち込むことに呆れるしかないんですけど、
(これは実は近代主義の特徴なんですけど)
どう言ったら分かってもらえるのかなと言う意味では途方に暮れてます。

だって仮に自民党とか官僚がアホだとしても無駄が17兆も出てくる訳ないんです。
民主党がどういう計算で出してるのかは無知なので知らないんですが、
約200兆から17兆出すって言ってるんです。つまり約10分の1ですよね。
ちょっと考えて欲しいんですけど、
例えば20万給料もらってる人間が今の生活からさらに2万捻出できるかって話ですよ。
1ヶ月ならできるかもしれないですけど、1年10年と継続なんてできるはずないんですね。

他には埋蔵金使うとか言ってますけど、
今までもしもの時のために貯めてたお金を使いますって言ってるだけで、
単に貯金を取り崩しますって話なんですね。
それなら今貯金を取り崩すべきなのかどうかが問題なんですけど、
そんなこと誰も言ってないんですね。

世間のムードを見ると4年前の熱狂した変な感じはないというか、
もうやっちゃったから仕方ないというか、
こうなったら民主党に期待するしかないよね的あきらめムードを感じます。

ただこれって自分の将来の道をいろいろリストアップして
クジで引いたら悪い目が出たような話じゃないですか?
ホントは自分でクジで出た物なんて捨ててベターな方法を選べばいいのに、
「仕方ない」とか言って自分ルールに依怙地に従うような。

「自分がやる事をクジで決めよう」って自分で決めるのは果たして
自分で決めたって言えるのでしょうか?
(なんか複雑な言い回しになった)

マニフェストの話もマニフェストが一番大事というのもおかしくて、
マニフェスト通りにやるだけなら政治家要らないですよね。
マニフェスト作る人と官僚が居ればそれで事足りる訳で、
議員の存在自体が「無駄」って事になります。

マニフェストを重視している人達の短慮は
未来をほぼ予測可能なものとタカを括っている事です。
未来が予測できたら最初に決めた計画を効率的に実行する事を考えれば
それで万事オッケーです。だからマニフェスト通りやればいいと。

ただ残念なことに未来は不確定で予測せざる事態が起こります。
当初の予定を変更せざるを得ない局面が出る訳で、そこで政治家の必要性が出てきます。

つまり全く予期してなかった事態が発生して、
それに対応するのに組織と議論が必要になるんです。
議員同士で納得できたらマニフェストの計画は変更していいし、
というよりも、変更しないといけない時は変更しないといけないんですね。

計画は計画通りにするために存在するのではなく、
良い方法を採るためにあるんです。
だからよりよい方法が出来たらそっちに移らないといけないんです。

今回の選挙で小泉チルドレンとか言う泡沫の連中がほぼ死滅したのは爽快なんですけど、
結局今度は民主党のどこの馬の骨か分からない連中が当選している訳で、
これじゃ同じ事の繰り返しに過ぎないじゃないですか。

読売新聞は自民党の敗北の理由は構造改革のツケとか言ってましたけど、
あの時強力に構造改革を支持したのはマスコミであり、世論じゃないですか。
一体その4年前の反省を誰がしたんですか?
今の有権者は現在の郵政の事をどれだけ顧みたのかって事ですよ。
有権者は政治家とか官僚のせいにして全く無反省だったじゃないですか。

だいたい政治家も官僚も日本人から出るんだから、
その人達のレベルが低いんだとしたら、日本の民自体のレベルが低いって事でしょう?
別にあの人達は特権階級じゃないですからね。
「政治家は信用できない」とか言ってますけど、
政治家より有権者の方がよっぽど信用できないですよ。
ついこないだのことすら憶えてないし、また興味もないんだから。

民主党政権になってみなさんが望むとおりの
おもしろおかしいドタバタが繰り広げられると思いますが、
どうせ4年後には何も憶えてないんでしょ?
どうせ「期待に応えられなかった民主が悪い」とか言って
今回票入れた責任は一切顧みないんでしょ?

それなのに「一回ぐらいやらせてもいいじゃないか」
とか言って民主党に一票入れてるんですね。

つまんない例えですけど、
ノーコンティニューのゲームでラスボスまで到達した時に
知らない人に「一回ぐらいやらせてくれ」って言われた時に変わるのかって話ですよ。
確かにもしかしたらその人は高橋名人かもしれないですけど、
だいたいはヘタクソでゲームオーバーですよ。

なんというか自分の手に負えないような局面になると
投機的行動に出る傾向があるというか、(ヤケのヤンパチになるというか)
それでその人が被害を受けるだけならいいんですけど、日本全体が迷惑する訳ですからね。

だから「一回ぐらい」の人達がやってることは結局思考停止ですよ。

この人達にとって見たら
日本の行く末なんて「一回ぐらいやらせてもいい」レベルなんでしょうね。
なんでも「一回ぐらいやらせてもいい」なら
原爆だって一回ぐらい投下してもいいじゃないですか。
広島も長崎も文句言うなよ、「一回ぐらい」落とされた程度で。
でもそんなこと言ったらみんな怒るでしょ?

基本的に起こる事って言うのは取り返しが付かないんですけど、
それを「運命」とか言ってしまうと「これは既に決まっていた」として
なんでダメになったのかを考えないんですよね。
未来が「既に決まっている」なら
今の自分達が何をしても変わらないという話になっちゃうんですよね。

でも避けられるミスは避ける努力をしないといけない訳で、
だからこそ真面目に考えないといけないんですけど、
自分の手に負えないと思うと逃げてしまうんですよね。

要は「一回やらせた」結果永久にダメになってしまう事もあるんです。
だからここも物事の軽重を考えないといけないんです。
任せるとしたら誰に任せるのか、任せていい事なのかどうかを考えないといけないんです。

僕たちにもう助かる道なんてないんでしょうけど
(断定すると思考停止なので断定はしない)、とりあえずやらないといけない事は
これから起こる事は全部自分達が決めた結果での出来事なんだと自覚することです。
この先民主党がやらかすであろう大失態は民意です。
だから僕も反省しながら生きるからお前らもちょっとは反省しろよな。
(いつものようにエラそうに終わる)
スポンサーサイト

けった

月曜日の夜、スカートを直した

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。