2009 8/24(月)

その他
08 /24 2009
J影虎さんのネットラジオですが、一参加者として僕は完全に失敗しましたね。
やってしまった。
正直あんまり書き込まないつもりだったんですよ。
もっと参加者がいっぱいいると思ってたから軽いノリで参加したら案外そうでもなくて、
臨戦態勢に入ってなかったからぬるぬるになってしまいました。
あとはjonyさんとかOさんとかナチュラルな毒キャラがいると
作った毒キャラの僕じゃダメですね。はぁん。

J影虎さんの長崎弁で訥々と語るスタイルは面白かったです。
ちょっと予想してた通りJ影虎さんは
ネタなのかマジなのか判然としないキャラでした(いい意味で)。

J影虎さんは僕より完全に格上なんで思い切ってなんでも言いますけど、
掲示板とのタイムラグがあったのは確かに残念だったんですが、
掲示板を使ったインタラクティブ(双方向性)なラジオスタイルには
限界があると思うんですよ。

ラジオは一方的に話す方がいいというか、常に主導権を話し手がもってないと
とにかくテンポが悪くなってしまってグダグダなようになってしまうんじゃないかって気がします。

やっぱり掲示板でやり取りしてしまうと内輪になってしまうんですよね。
サイト持ってなかったりする人からしたらコテハンで書き込むのも勇気が要るし、
参加できないならもういいやみたいになっちゃうんですよね。
せっかく面白いことしてるのにそれで離れていくってもったいないじゃないですか。

僕もライブドアのサイトでJ影虎さんのラジオの人数把握をちょいちょいしてたんですけど、
最大で12人で50人近くの人が一時的にでも聞いてたみたいなんですね。
だから結構入れ替わり立ち替わりしてたみたいなんですよ。
最初から最後まで聞いてたコアユーザーは8人ぐらいだったと思います。
根拠は全くないですけどこれなら20人はキープできたと思うんですよ。
前半みたいな語りかけスタイルで時間を半分にしたらイケた・・・と勝手に思ってます。

なんというか、修都さんもJ影虎さんもサービス精神が旺盛すぎるのかなと。
結局ですね、サービスしすぎなんですよ。
聞き手が「ちょっと物足りなかったな」って思うぐらいで終わるのが良くて、
そう感じさせられるからこそ聞き手にまたやって欲しいなぁとか言う事を
まんまと思わせることが体よくできる訳で、
聞き手がお腹いっぱいの時に料理を持って行ってはダメなんです。
腹八分目の時にデザート持って行って「えー」って言われないとダメなんです。
「えー」って言わせる事がサービスなんです(超エラそう)

妙に一般化して話してますけど、まぁ実は単に個人的な話で、僕長いのムリなんですよ。
ADHDみたいなもんです。
僕のジャンプ感想ってめっちゃ短いじゃないですか。
短いのにはいくつか理由があるんですけど、
僕が長いジャンプ感想が読めないんですよ。
なんでかって言ったらジャンプ感想って読んでも何も得られないじゃないですか。
基本的にムダなんでジャンプ感想で長く書いてるのって完全に読み飛ばしてるんですよ。
具体的に言うとくろがねさんとかかがみさんとかびゅんびゅん読み飛ばしてます。
(つまらないとか言う訳じゃなくて、なんでそんなに長く書く必要があるの?という意味で)
だからもう正直KTR至上主義なんですよ。3行でいいじゃん。
そういうタイプの人間の意見と言う事でよろしくお願いします。

で、105円均一さんの呼称問題ですが(大げさ)、
まぁ僕の思慕の情(笑)も理解してもらえたと思うし、
もう充分困らせたし正直飽きたので(こっちがメイン)、
師匠と呼ぶのは止めてこれからは普通に105円均一さんと呼ばせてもらいます。
書きづらいけど。

で、105円さんに(いきなり崩した)なんかワンピが読めないのは
マンガリテラシーがないからとか言われたんですけど、
反論しておくと、ワンピースは遊園地型漫画だと思うんですよ。

僕は基本的に漫画から何かを得ようとか全く思ってなくて
漫画は脳を休めるために読みたいので情報量が多いのは勘弁なんですよね。
ワンピは描き込みの量がハンパ無くて読んでて疲れるんです。
(銀魂はセリフの量が多くて疲れる)

なんであんなに描き込むかって言ったらおそらく世界観を確立するためだと僕は思ってて、
いわばディズニーランドみたいなもんなんですよね。
あそこってもう千葉じゃなくて「ディズニーランド」じゃないですか。
ディテールまでとことん書き込む事でワンピ世界は完成されてて、
読者はワンピワールドに浸って楽しめるという寸法です。

僕はやっぱりマンガが描いてない「余白」を妄想して楽しんでるみたいで、
ワンピは余白が少ないんで楽しむのが難しいんです。

ワンピースって本当に親切なマンガで、
尾田先生が全部なんでもやってくれるんですよ。
とにかく尾田先生に任せていればいいので読者は文字通り「楽」で「楽しい」のです。

でですね、あの尾田の野郎(失礼)は現在の本筋で出てこないメンバーすら
巻頭ページでどうなってるのか説明するんですね。
まぁサービスなんですけどもう一体どこまで自分で説明するつもりなんだと。
だからワンピースには妄想の入り込む余地がほとんどないんです。
なぜなら全部尾田先生が決めるから。

だから学園エヴァみたいな感じで学園ワンピースとかできないんですよね。
ワンピはワンピで完結してるんです。

そのワンピースの箸の上げ下げまで指導されるスタイルが
もう僕にはガマンならないんですよ。
ホントにもう自分で楽しむからほっといてくれ!って感じなんです。
まぁそんな感じです。

ついでに蒸し返しておくと、
年取ったら創作力が落ちるって言う僕の話の105円さんの反論なんですけど、
だいたい年を取ってもイマジネーション力はキープできるって
105円さんの話自体が「ほっといたら落ちる」って言うのを前提にしてませんか?
だとしたら僕の意見を否定したんじゃなくて発展させただけの話で、
さらに言うと栗本薫がキープできていたかどうかはまた別の話で、
僕の栗本薫の力量が落ちてたっていう推量には、
栗本薫がトレーニングを怠っていたという当て込みをすれば
105円均一さんの話と矛盾しませんよね?
いや栗本薫がどうだったかなんてグインサーガ読んでないし
適当だしどうでもいいんですけど、なんか反論のされ方が違うと思ったから反論しておきました。

あと動物化の話興味あるから続き書けよな(なぜか偉そうな命令で終わる)
スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに