エンドレスエイトはなぜループしなければならなかったのか?~京アニの罪と罰~

アニメ
08 /02 2009
8週目が確定して流石にファンも見放しかけている「涼宮ハルヒの憂鬱」の
エンドレスエイトですが、なぜループしなければならなかったのかを考察します。

エンドレスエイトがなぜこういう風になっているかというと、

①商売の部分(ハルヒは長続きした方が儲かるよね)
②ふざけ方が悪い方に出た(らきすたの後半EDと同じパターン)
③京アニの不確定なモノを嫌う社風(なので途中で変更しない)
④原作モノであるということ(なので変更したくてもできない)

という事だと思います。

①では京アニは非常に採算が取れる事を重視する会社です。
ハルヒという金の成る実を簡単に手放すことはしません。
ファンはエンドレスエイトだらけのDVDでも購入すると見込んでいるはずです。
また、新展開になり「涼宮ハルヒの消失」に入れば、
今見放しているファンも戻ってくると予測していると思います。

②らきすたの白石エンディングも不評でしたが、結局1クールやりましたよね。
京アニの悪ふざけはTVのバラエティレベルなのをオタク風味にした感じなんですが
(白石いじりとか)、
この辺はクリエイター集団としてのコンプレックスが垣間見えるというか、
違うことをやろうとして失敗する事があります。
個人的には原作モノしかできない所でくすぶってるモノがあると見受けられます。

③京アニは計画を決めたら変更しません。
なぜならスケジュール通りに動くようにガチガチに決まっているからです。
たぶん利益とかも早めに確定させたがってるはずです。
京アニはおそらくホントに不確定要素を嫌う会社なんです。
逆に言うとなんでも決まらないと動けないようになってるんです(多分)。

京アニをヤマカンが追い出されたのはスケジュール管理ができなかったからなんですが、
ヤマカンはクオリティ向上のためなら残業とかもやってくれみたいなタイプの人間だと
推察されるんですが、京アニはそんな事絶対にしない会社です。
なぜならアニメーターに女性が多く、残業や徹夜がNGになっているからです(多分)。
それ故に大げさに言えば京アニの監督はクオリティよりもスケジュール管理が重要視されます。
むしろスケジュールを管理する事で
クオリティを上げる体制になっていると言った方がいいのかもしれません。

「けいおん!」では監督などの中枢スタッフが初めて女性で作成されたんですが、
問題なく成功したのでこれからもこの体制は変わらないと思います。

④原作がある以上京アニは改変ができません。
改変すると原作ファンに叩かれるという点、また改変して良くできる人材がいません。
今回の場合、エンドレスエイトを途中で止めようと思ったら、
新たにハルヒの原作をを使わざるを得なくなります。
それは京アニは避けているのでこうなってます。

以上の4点の理由により、エンドレスエイトはループしています。
この状況が良くも悪くも京アニの体質を表していると僕は思います。

ご精読ありがとうございました。
スポンサーサイト

けった

2017年はほどほどに