スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじいちゃん達カネ使っちゃいなよ

社会系評論
04 /29 2009
定額給付金がそろそろいろんな人に回っていく時期なんですが、
そもそも定額給付金が意味を持つとしたら、
お金の巡りをよくすると景気が良くなるという考えが前提にあると思います。
僕は経済学なんて知らないから適当にも程がある与太話なんですけど、
つまり誰かの消費は誰かの売上になるので、誰かが使ったら誰かが儲けてるから
その流れでまたお金が戻ってくる→また使う→また戻ってくるで、
その流れがある程度の期間正常なら買った物が残るから
みんな助かるよねみたいな話なんだと思うんですよね。

お金に関しては循環速度が大事な訳で、
そう考えると定額給付金はどの程度それを助けるかみたいな事を考えると、
一瞬のブースターに過ぎないだろうなと漠然と思うしかないんですが、
まぁ実は定額給付金はどうでも良くて、
今日はお金の価値を再定義するという神をも恐れぬ行為にレッツトライ!です。

お金がなぜ価値を持つのかみたいな話になると、最近は流動性で語られるというか、
お金って何にでも代えられるから便利→だから価値を持つ
みたいな話がスタンダードなのかなと言うか
たぶん教科書とかにもそう書いてあるハズです。

で、それは間違いではないんですけど、
要はみんなが価値があると思ってるから価値があるんだよねみたいな
トートロジーに行き着くんですが、
正直交換価値だけでお金を語っていいのかなと思うんですよね。

詳しく話さ(せ)ないんでなんのこっちゃと思われてると思うんですけど、
お金は何にでも代えられる(ように決まってる)から価値があるんで、
そうじゃなかったら紙切れですよね。それは結構みんな知ってる話なんですけど、
交換して何かを手に入れるって事はお金を手放すって事ですよね。

つまり、それが今持ってるお金が無くなっても
何かを欲しいとかそれが意味があると思ってるから交換する訳で、
「それがあるならある等量のお金は要らない」という状況なはずです。

超簡単に言うとジャンプ買って読んで感想アップするメリットに較べたら
250円なんて安いもんだぜ!とどこかしらで思っているから買うのです。
(簡略化しすぎだけども)
逆に言うと、ここでお金を使ったら資金循環が良くなって
世界が好況になるとか思って使う人はあんまりいないんですよね
(ジョークでは割合使われますが)。

お金は使うって選択肢と使わないって選択肢があります。
使うって選択肢をすると何かが手に入ってお金は無くなります。
使わないっていう選択肢をするとその分お金は貯まります。
(普通すぎてすまない)

先の話で言うとある程度使うっていう選択肢を
チョイスしてくれる人がいないと景気は良くならないんですが、
景気が悪くなると使わない人が増えます。
要は先行きが不透明なんで将来困るかもしれないから使いたくないぜって事なんですけど、
「使わない」という選択肢でその先の不安を緩和してるんですね。
「お金があるから大丈夫!」という状態です。

実際お金がないと生きていけないんで間違ってはないんですけど、
「信じるモノはお金のみ」という状況が高まるとよりお金は使われなくなります。
ここで意図的に経済的な話からハミ出したんですけど、
今は社会的にお金そのものの重要性が高まってきてるんですね。

例えば個人資産が1400兆あるからそれ使って欲しいよねとか
レッツ投資とか言われても、そもそもおじいちゃんおばあちゃん達は
先の収入もないし頼れる知り合いも居ないし安心できる社会的紐帯もないし
国もアレだしやっぱお金だよねという事になってるんじゃないかなという気がします。

「お金が大事」なら、文字通り大事だから持ってて使わない→循環しない→不況、なのかなと。
これから抜け出すためにはお金の重要性を低下させる必要がある訳で、
今手放して無くなってもいいよねor今手放しても戻ってくるよね
と皆が思ってくれる必要があります。

人の考えを変える必要があるんで、
物理的な量的緩和とか財政出動とかは大きな意味を為さないんですよね。
ぶっちゃけ利率をいじったら資金量がとかって言う話は
枝葉の部分だと思うんですよね(経済学ほぼ否定)。

逆説的な話になったので嬉々として書いてるんですけど、
お金の重要性が低下した方が資金循環は良くなるんですよね。
これは「金なんてたいしたもんじゃないけど巡ってきてるぜ」という状態で、
まぁこの状況に持って行きたいわけです。

で、この状態に持って行くにはどうすればいいか。
適当に言うと、おじいちゃんおばあちゃんがいる人は肩を揉んだり、
農地があるなら耕してあげたりすればいいのです。
じじばばが若人がいればなんとかやっていけるわいフォフォフォと思ったら
お金の重要性が低下します。
そしたら耕してくれるなら新しいクワでも買うかとかそういう話になるのです。

まぁまんまと詐術的な話で経済学をトランスできて個人的に満足です。
こんな画期的な経済対策を言ってる人はいないですよ。
凄いと思った人は僕におひねりをば。それが好況への第一歩ですよ。
(もうしばらく不況は続きそうです)

補足:お金には交換価値に加えて不安を和らげる効果がある
 が、その効果は循環にとってマイナスになる面がある
 その効果を減らすためには他の要素で不安を和らげる必要がある
 よっておじいちゃんの肩を叩くべし
スポンサーサイト

けった

月曜日の夜、スカートを直した

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。