スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北と戦う準備と覚悟はできたかい?

社会系評論
04 /02 2009
たまには2連投で。
こうしている間にも北朝鮮の「人工衛星」ミサイルの発射時間が刻一刻と迫っております。
もしかしたら漫画とアニメとゲームで忙しくて何も知らない人がいるかもしれないので、
予断と偏見たっぷりで情報をまとめると、

・北人工衛星目的とミエミエのウソでミサイル発射予告
・日本、アメリカそれふざけるな的意見(国連なんとかに違反とか)
・北、ミサイル撃ち落としたら戦争と捉える発言
・アメリカ、北にはいつもの及び腰発言
・日本、相変わらず困るだけ

結論から言うと、ミサイルは発射されて日本は何もできずに
発射後に経済制裁を強化とか国連にチクるとかで終わって
またナメられて終わるのがオチなんですが、
それは麻生総理が悪いとか政府の責任じゃなくて日本人の責任なんですね。

つまりですね、「戦争」ってフレーズが出た時に
思考停止してる人が多いんじゃないかなと思うんですよね。
北のミサイル発射ふざけるな!までは行くんですけど、
撃ち落としたら戦争ですよって言われたらそれは困るってなってる人が多いのかなと。
あまり話題にもなってないみたいなんで、大方の人は見て見ぬフリなんでしょうね。

ここでミサイル防衛構想って言う高度なアメリカンジョークがあるんですが、
詳しくは知らないんですけど
なんか飛んできたものは全部ミサイルで撃ち落とすって話なんですよ。
つまりミサイルによる「絶対防御」なんですね。

僕から見るといよいよ国家の中枢にオタクが入ってきて
国防も妄想でする時代になったんだなと感慨深いんですが、
このアメリカの構想に日本も付き合わされてメチャクチャ金出してるみたいなんですけど、
普通に考えてどんなに科学技術が進んでも「全部」撃ち落とすのは無理な話で、
残ってしまった1発が核だったら甚大なダメージを受けるんですよね。
それならなんのためのミサイル防衛なのかと思うんですけど、
それは置いといて今どうせやってるんだったら
北のミサイルを撃ち落としても構わないんですよ。

まぁ実際撃ち落とせるかどうかは分からないんですけど、メリットはあります。

・本格的な予行練習になる
・北をビビらせる

問題はここからで、撃ち落としたら「戦争」だって北は言ってるんですよね。
実はこれは北の方が正しい訳で、名目上人工衛星として撃ち出した物を撃墜したら
それは向こうが攻めてきたと捉える事は充分に可能と言う事です。

技術的な事は分からないんですけど、
おそらく撃ち落とした残骸を調べても人工衛星っぽく見せるぐらいの仕掛けはしてるはずなので、
間違いなく軍事目的(これ自体プラス将来の)なんですけど、その尻尾は掴めないんですよね。

ここで言える事は一つで、戦争大いに結構じゃないかということです。
簡単に言うと、ミサイルを撃ち落として戦争状態になったとして、
世界的に見て明らかに日本が侵略で悪いという状況にはなりません。むしろ正当防衛です。
そして戦争になる以上、「白黒」付けさせてもらえるんですね。

戦争にあっちがどんな攻撃を最初にしてくるのかは分からないんですが、
日本側でも死者は出ると思います。が、その瞬間が北の終わりなんですね。
表だって北の味方をする国はありません。戦力的にも相手になりません。
つまり、本気出したら簡単に潰せるのが北朝鮮の実態であって、
それ以上でもそれ以下でもないんですよ。

要は「戦争」と「核」で脳と体がフリーズして
北という中学生相手にサンドバックになってるのが日本なんですね。
北の未熟な核でも落とされたら大量に人が死ぬのは事実です。
ですが日本人全員が消えてなくなる事は無い訳で、
むしろ僕の住んでる所に落としてくれ、それが世界平和への第一歩だってことです。
まぁ僕の周りの人からしたら止めてくれ!って言うと思いますが・・・。

あとはアメリカが手伝ってくれないからって言うのでできないんですけど、
アメリカは北にはずっと対話路線なんですね。
これもとんだダブルスタンダードなんですけど、
明らかに大量破壊兵器を保有してる北に対話で、
持ってなかったイラクに攻撃ですからね。
それに真っ先に参加したのが小泉純一郎率いる日本で
それに万歳三唱したのが日本国のみなさんなんですが、
もうなんか書いててムカついてきたので止めますが、
アメリカ頼ってても何もやってくれないのは普通ですよ。

例えばアメリカの近くに侵略国家があってアメリカ攻めるぞ~って言ってても
日本から見たら「ふ~ん」って思うだけでしょ。
アメリカの兵士が日本人のために死んでくれる訳ないじゃないですか。
それとも日本人はアメリカ人のために死んでやれるんですかね。
まぁ経済的には素晴らしい犠牲精神で似たような事やってますけど。

麻生総理はミサイル問題は割と頑張ってるんですけど、周りが付いてこないんですよね。
世論自体が撃ち落としてでも阻止すべし、それが戦争になってでもと
言えればまた違ってくるのかもしれませんが、事なかれでという事みたいですし。

妄想なんですけど、逆にミサイルが発射された残骸で死者が、
とかデッチ上げて北を攻め潰してもいいんじゃないですかね。
少なくとも日本としては、
戦争も含めて「準備」と「覚悟」をしておかないといけないのです。
具体的な準備と覚悟は国と軍人がやるのですが、
パンピーの僕たちは戦争になった時の避難方法と
仮に死んでも誰も恨まないぐらいの気持ちは持っておきたい所です。
せめて僕とこれを読んでくれた人ぐらいはそうしておこうよと言った感じでしょうか。
合わせて5人くらいにはなりますかね。いや、3人くらいかな(笑)

最後にもう一度問います。

北と戦う準備と覚悟はできたかい?
スポンサーサイト

けった

月曜日の夜、スカートを直した

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。