SPEEDのすべて~ストリートでたむろする少女たちの孤独~

J-POP解釈
03 /28 2013
SPEEDの歌詞の世界観では、「街」というものが大きなウェイトを占めています。
主人公はティーンエイジャーなんですが、学校という歌詞は一切出てきません。

>街のざわめきに かき消されてく
>いくつもの叫びと愛の唄

>風に吹かれて この街に立ち 涙を拭おう

「Starting Over」より

>溢れ出してく メインストリート
>この街の中 生きてる意義
>必要とされてる実感
>少しでも 感じていたい

「Long Way Home」より

>すれちがう人は誰もが足早で
>ひとりだけこの街に取り残されたよう

「Cryin’」より

>ため息もすぐかき消される街の中で
>傷つくたび やさしくなっていけるはず

>魂まで 街の誰かに 奪われないで

「Carry on my way」より

>みんなの待つ街へくり出そう!!

「Brand new weekend」より

街に繰り出して何をしているかと言えば、
たむろしていたり出逢いを求めたり友達と踊ってオールしたりしています。

>HIPなビートに合わせて たむろしてるBad Boyz & Girls

「Kiwi Love」より

>群れてるだけのEvery Night

「Long Way Home」より

>夜が明けてく公園で 仲間たちと話題がずっと尽きない

「Too young」より

>陽気になって街へとびだしアタシたちは歩いてく

>さあ 今夜は朝までParty Night
>いつもの顔が揃ったら 指を鳴らし
>ハメをはずして歌い踊り明かそう!
>いっしょにいたいねMy Best Friends

「Happy together」より

>今日も出逢い求めて
>街へくり出そう

「Body&Soul」より

>街へ夜が今日も降りてきたら
>キガエテ・・・気の合う仲間と出逢える場所へ

「Another Sweet Field」より

>地下鉄をおりれば にぎわう街 Weekend
>待ち合わせの ファーストフード
>くりだそうぜ Funky Night
>車の列のすき間 小走りに渡れば

>Backst.からR&B
>アタシたちの Little World
>顔見知りの Funny Guy
>群がっていく”Clap your hands!”
>はみ出したいよ 今夜は思いきり みんな忘れて

>Step into the Night 夜はこれから
>さぁ踊り明かそうよ Over Night

「RAKUGAKI」より

家はあるんでしょうが、帰りたいと思う場所ではないのです。

>Heartbreak 踊りつづけてた
>朝の風がムナしかった
>帰るトコなんてなかった日々

「All my true love」より

>帰るアテなく
>街の風に吹かれてる

「Street life」より

恋愛も街の仲間たちから発生します。

>仲間とは違う サインで呼び合うたび
>強くなれる

「White Love」より

>メールで毎晩「おやすみ」っていい合って眠る習慣
>いつしか友達のひとりから あなただけリンクしていた

「Eternity」より

恋愛のパターンとしては、
・好きな男子に振り向いて欲しい 「Luv Vibration」「STEADY」
「熱帯夜」「Confusion」「Lookin’ for Love」「ラブリーフレンドシップ」
・好きな男子を恋人にしたい「Up To You!」
・彼氏とお別れする 「サヨナラは雨の日・・・」「Luv Blanket」「I remember」
・彼氏とお別れしたから男遊びしよう「Long Way Home」
・彼氏とお別れしたからひとりで生きて行かなきゃ「Brand-New Weekend」
・男遊びしちゃおう 「RAKUGAKI」
・彼氏がいるけど違う男子に乗り換えよう「Secret Eyes」
「Moonlight Honey」「コケティッシュDreamin’」「Deep Blue & Truth」
・彼氏がいるけど違う男子と恋の予感を感じている「Kiwi Love」
・別れた彼氏とやり直したい「季節がいく時」
・彼氏と別れてつらい「君とまた逢える日を」
・彼氏と別れなければよかった「蒼いリグレット」
・彼氏と会えなくて寂しい「Let’s Heat Up!」「Snow kiss」
・彼氏といつまでも一緒にいたい「Two of us」「Eternity」
・彼女がいる人を好きになってしまった「カルア・ミルク」
・彼氏のために生きていきたい「White Love」

などです。
SPEEDの歌詞世界では恋人との行為を現すのはKISSが多いです。
SPEEDの後で伊秩弘将が同じようにプロデュースしたdeepsというグループがあるんですが、
その歌詞にはこんなフレーズがあります。

>マッタリ ラブホで

「ハピネス」より

Deepsの世界では恋人とセックスしてるっていう描写なんですが、
SPEEDの歌詞世界では抱き合うとか抱きしめるぐらいで収まっており、
セックスには触れられていません。
これはSPEED自身が10代だって言うのもあるんですが、
恋愛を歌いつつも清純なイメージを保っておきたいと言うことなのだと思います。

SPEEDの歌詞世界では彼氏とお別れした後にまた友達の所へ帰っていきます。

>ひとりになったけど
>ひとりじゃないって事
>やっと気づいたよ My Best Friends

>踊りにいこう いつものグループで

「I’ll be all right」より

友達も大事ですがそれよりも彼氏が大切なのです。
彼氏がいる時に友達に相談したりする描写はありません。

SPEEDの歌詞世界の主人公は自分たち以外の世界に興味がありません。

>矛盾だらけの世の中じゃ
>いいも悪いも興味がないよね

「Go!Go!Heaven」より

自分たちの世界で完結している訳です。

自分たちの世界のことをSPEEDの歌詞では「リトルワールド」と呼びます。

>Ah! 誰かにもたれ たむろしてたBack Street
>始発が来るまで 街中さまよっていた

>Little World 私が私でいれるトコ

>ここを出ていく いつか誰もが
>どんなに離れても いつまでも
>私たちだけは 染まっていきたくない
>逢うとすぐ 昔に戻れるね たとえ
>小っぽけな世界でも 唯一本当の事
>教えてくれた 大切な場所

「Back to the Street-リトルワールドへの想い-」より

ここで重要なのは自分たちの世界が「リトル」であることを自覚している点です。
街の中でも狭い領域で自分たちが生きていて、それ以外の方法が分からないのです。

リトルワールドには期限があります。それは大人になるまでです。
時が経てばすべてが変わっていくという感覚が色濃くあります。

>こんなにしあわせなのにね
>人はみんないつか 離れてくなんて嘘だよね

>変わってくこの街で

「Eternity」より

>変わってく 街も人も愛もみんな

「My graduation」より

>もうすぐこんな風にいつも会えなくなるんだね
>想像できない未来のドア アタシたちは開けていく

「Happy together」より

>陽だまりをさがして今日も 街を彷徨ってた
>ひとりになるのがずっと怖かった
>誰でもいつか 離れてゆくこと どこかできっと知りながら
>寂しさ 暖め合っていた

「You are the moonlight」より

今しかないこの瞬間だからこそ、リトルワールドのこの瞬間が大切なのです。
少女たちがリトルワールドへ集うのは、埋められない心の空白があるからです。

>悲しみ分け合える仲間をさがして
この街を飛び交う 孤独なメッセージ

「Don’t be afraid」より

埋められない心の隙間を束の間癒すために、少女は街へ繰り出します。

SPEEDの解散で出された曲では、街を出て行って大人になる描写があります。

>I must go out to the street・・・

>四月がめぐり来る毎に 私達は大人になってく

「April ~Theme of “Dear Friends”」より

ストリートでたむろする少女たちの孤独を歌ったのが、SPEEDなのです。
スポンサーサイト

世界でたった一人のあなたへ(3)

世界でたった一人のあなたへ
03 /18 2013
ガイ子「今晩・・・泊めてくれない?」

田中「え・・・ま、まぁ立ち話もなんだし、中に入って」

ガイ子「ありがとう」

中に入って机に座る二人

田中「で、いくつか聞きたいんだけど、どうしてガイ子さんはうちを知っているの?」

ガイ子「それは」

ガイ子「こないだ会った時、お別れした後に田中くんの後ろを付いていって・・・」

田中「そんな事してたの!?」

ガイ子「ごめんなさい、イケない事だとは思ってたんだけど・・・」

田中「今日うちに泊まらないといけない理由は?」

ガイ子「・・・」

田中「ガイ子さん?」

ガイ子「田中くんと別れてから家に帰ろうとしてたの。そうしたら後ろに気配を感じて、
誰かが私を尾けてきてたの。それで家に帰れなくなって」

田中「うーん、それは警察に相談した方がいいんじゃないの?」

ガイ子「こんな姿じゃ怖がられるだけだもん・・・」

田中「分かった。じゃあ明日一緒に警察に行って相談しよう。
ガイ子さんの姿については僕が説明するから。それでいい?」

ガイ子「じゃあ今日は・・・」

田中「うちに泊まっていいよ」

ガイ子「ありがとう!」

田中「もう今日は遅いし、寝よう。置き布団があるからガイ子さんはそれで寝て」

ガイ子「分かった」

布団を敷く田中

田中「じゃあ電気消すよ?」

ガイ子「うん、おやすみなさい」

田中「おやすみなさい」

田中「(今日はいろいろあって疲れたな・・・)」

ガサゴソ

田中「(うん!?誰か中に入ってきた!?)」

ガイ子「田中くん・・・」

田中「ガイ子さん!?」

ガイ子「好き・・・」

ガサゴソ

田中「痛っ!痛いよガイ子さん!!」

ガイ子「!?」

田中「やめてよ!」

ガイ子「ご、ごめんなさい」

田中「・・・ごめん、ガイ子さん」

ガイ子「ねぇ、今のは忘れて」

田中「分かった。分かったから向こうで寝て。ね?」

ガイ子「うん・・・」

田中「(びっくりしたなぁ・・・ガイコツに寝込みを襲われるなんて・・・)」

田中「(でもあれが生身の景子さんだったら・・・どうなってたんだろう・・・)」

田中「(うーん・・・zzz)」

次の日の朝

田中「あれ?ガイ子さん?いない・・・」

机に書き置き

田中くんへ

昨日はわがまま言ったのに泊めてくれてありがとう。
田中くんと一緒に過ごせて本当に楽しかった。
それで私舞い上がっちゃって・・・
今のままの私でも全てを受け入れてくれるんじゃないかと思ってしまったの。
でもそれはムリなんだってはっきり分かった。
だから私、元の自分に戻る方法を探します。
今はその方法は全く分からないけど、あてが一つだけあるの。
そこに踏み込むのはとても勇気が要ることだからためらってたんだけど、
昨日田中くんに拒絶されたことがいいきっかけになった。
今度会う時はきっと人間に戻ってる。
わがままだけど、できればそれまで待っていて欲しい。
田中くんの事が好きだから・・・
また会いましょう。それまで元気で ガイ子

田中「ガイ子さん・・・」

それからガイ子は田中の前に姿を現さなかった・・・


つづく

西部邁先生との思い出 後編

その他
03 /10 2013
3回目に先生にお会いしたのは2010年の冬だったと思います。
九州発言者塾の講義がまた久留米であったので
(久留米であるのは主催者が久留米の人だから)、出かけてきました。
朝起きられなかったかなんかでまた講義には遅れて参加しました。
これまた内容は覚えてないんですが、
西部先生の娘さんが準備したレジュメに誤植があったのは覚えています。

講義途中で西部先生が、「こんな日本の現状じゃタバコでも吸わないとやってられない」
とか言って、タバコをぷかぷかとやり出したのが印象に残っています。
公共施設内なので間違いなく禁煙なんだろうけどなぁとは思いました。

二次会では焼き肉がメインの会場でした。
最初は西部先生と違うテーブルに座っていて、
自分の目の前の家族連れの人と税務の話をしたりしていたんですが、
途中で西部先生と向かいの席になりました。

前編で言い忘れていたんですが、
西部先生は笑わないんですけどスマイルが大事だとおっしゃっていて、
よく笑顔は作られます。

僕は全然2回目お会いした時にスマイルができなくて、次はきちんとしようと思っていました。
それでスマイルはできるようになったんですが、
周りがものすごい勢いで西部先生に話しかけるので、
結局一言も西部先生に話すことができませんでした。

そんな僕をもどかしく思ったのか、会話をどうするかについての話をされて、
「アメリカの同時多発テロが起こった時に、妻は大喜びしていた。
そんな妻を見て息子は怒り狂い、テーブルをひっくり返した。
会話って言うのはそういうもんだ」とおっしゃっていたのが印象に残っています。

西部先生に話ができなかったのは、何を言っても自分の知識では跳ね返されそうで怖かった
って言うのはあるんですが、
向かいに座っておきながらの体たらくだったので、
今思い返しても失礼だったなぁと思います。もっと自分なりの思考を整えないとダメですね。

その時西部先生の隣にお医者さんが座ってたんですが、
この人が西部先生につっかかって身体を寄せて先生にさわった時に、
先生が「触るな!」と気色ばんで
「アメリカじゃこんな風になったら拳銃でズドンだ」と言っていたのも印象に残っています。

その日は体調がイマイチだったのと、帰る方法がなかったのでカラオケには行かずに帰りました。

それ以来福岡には来られてないと思うので、
お会いできていないのですが、また機会があったら行きたいと思います。

この話だけ聞くとどうして西部先生に会いたがるのかがよく分からないと思うので、
次は西部先生に感じる魅力について話せればと思います。

西部邁先生との思い出 前編

その他
03 /01 2013
西部邁先生にお会いしたことは3回あって、順に話をしていきます。

1回目はアクロス福岡で講演があったのに参加した時に客席から見ました。
今調べたら2006年の4月なので、もう7年も前になるんですね。
テーマは平成改革についてだったらしいのですがよく覚えていません。
関岡英之が来ていたので、アメリカとの年次改革要望書によって
日本がいかにアメリカナイズドされているのかを語っていた気がします。
印象に残ったのは、質問コーナーで森田実がフジテレビから干された理由を
聞いていた人がいたのと(この人は何度も手を挙げていて、
西部先生が他の人いませんかとか客席に聞いていた)、
今ホットな自見庄三郎議員の奥さんが質問をしたのです。
自見議員の奥さんは質問コーナーなのに全く質問をせず、
当時郵政選挙で敗北して浪人だった自見議員への支持を
みなさまよろしくお願いいたしますと言っていました。
西部先生はその奥さんに対して「今この場でそういう事を言ってはいけない」と、
諭していました。その後で「まぁ応援に私は行きますから」とも言っていました。
僕としては何百人もいる前で注意できる西部先生はスゲーなと思いました
(自見議員の奥さんが支持をお願いした時は現場の空気がおかしくなったのです)。
僕は講演が終わった後、九州発言者塾に入会したのですが、
(発言者塾は西部先生主催の塾で、その当時九州では年4回の講義)
その後すぐ病気になってしまい、その年は1回も行けませんでした。
1万2000円も払ったのに、トホホです。

2回目は2009年の8月だったと思います。
九州発言者塾の元塾生になっていた僕に、ハガキが来て、
久留米に西部先生が来て講義すると言う内容でした。
当時就活中だったので、久留米まで行けるかなと思ったのですが、
参加することにしました。
当日、就活があったので遅れて参加したのですが、
これまた講義内容は全く覚えていません。

講義が終わった後に、二次会があったのですが、
参加方法が分からなくて幹事っぽい人と西部先生が車に乗っていくのをおっかけました。
その時の西部先生の背が小さかったのをよく覚えています。
なんとか違う幹事っぽい人に二次会参加の旨を伝え、会場まで車で送ってもらいました。
会場に着くとなぜか西部先生と数人しか集まっていませんでした。
そこで西部先生に挨拶をしました。きちんと挨拶するとちょっと驚かれて、「名前は?」
「○○です」「○○君ね、分かった」というやり取りをしました。
正直人が多すぎて名前なんて覚えられないと思うんですけど、
それでも覚えたフリをするのが礼儀なんだなと思いました。
(若い人には青年!とか言って呼びかけるのが西部先生です)

2次会には20人ぐらい参加していました。
いきなり料理でカニが出て、
北海道出身の西部先生が「ここでカニに出会うとは・・・」とおっしゃっていました。
その後もステーキが出てきたり、老人にはツライ内容でしたが、
サーモン食べたりステーキ食べたり結構食べていました。
食べ終わった後にマコモ(健康食品)を飲んでいて、
あぁ本で言っていたけどホントにマコモ飲むんだなと思いました。
参加者の人も「マコモ飲むんですね」と話しかけていて、
西部先生は「だって効くんだもん」と言っていました。
僕も将来は絶対マコモ飲むぞ!と思い、実際飲んでいた時期が数ヶ月あるんですが、
自分にとっては高価過ぎて飲むのを止めてしまいました。

2次会の自己紹介では、主催者の一人で僕が通っていた大学の教授がいて、
うちの大学の経済学部は新自由主義派ばっかりでとんでもないと
講義の時に言っていたので、「悪名高き○○大学経済学部出身です」
とジョークで言ったら、その教授は笑って
「出身者がいるならそんな事言わなかったのに」と言っていたんですが、
西部先生はちょっと考え込んで「君がそういうのも最もだ」とか
なんとか言って現在の経済学を問題視した発言をしたので、
「あぁ、ジョークが通じなかった」と思いました。
(3回目会った時も再確認したんですが、
西部先生は冗談言っても真面目に考え込むのでジョークが全く通じない)

2次会では明治維新前後の日本が話のテーマになりました。
凄かったのは、20人がバラバラにならずにじっと聞いているんですね。
よく西部先生は「日本は飲み会になると向かいの人と二人一組なって話をする。
これでは集まっている意味がない」とおっしゃっています。
しかし実際にあれだけの人数が参加した飲み会で、
よく一つの話にもっていけるなぁとちょっと感動しました。
話の内容はあまり覚えていないんですが(西部先生が吉田松陰は
視野が狭いとか言ってたのは覚えているんですが)、
自分が無知すぎて全くついていけなかったし、話にも加われませんでした。
途中で日本はもうダメなのではないかという話になったのですが、
「今こうした集まりがあればそれで守られるものもあるのではないか」と
西部先生は言っていました。

ちょうど衆議院選挙が直前だったのですが、
最近は新聞の世論調査どおりの結果になっているので、
そのまま民主党が勝つだろうと言われたので、
僕が自民党への揺り戻しもあるのではないかと西部先生に言いました。
「僕もそう思うけど、最近は世論調査通りになっているからなぁ」と
おっしゃっていました。
(実際世論調査通りに民主党が圧勝しました)

こうして2次会が終わり、最後にカラオケに行くことになりました。
僕も車に乗せてもらって会場のシダックスに連れて行ってもらったのですが、
これまた西部先生と数名しか集まっていませんでした。
西部先生は「こういった時にすぐに集まれない日本人はダメだ」とおっしゃっていたので、
僕は「やっぱりヨーロッパとかは違うんですか?」と尋ねました。
先生は「イタリアあたりはパッと集まるね」と応えました。

しばらくして10人弱集まりました。
誰も歌わないので僕が最初に「涙そうそう」を歌いました。
西部先生は女の人と喋っていました。
あんまり聞いてない風だったのですが、
聞いてないフリして聞いてるのが先生なので、そのあたりよく分かりません。

その後は軍歌祭りでした。西部先生と僕の大学の教授と他何人かで軍歌、軍歌、軍歌です。
西部先生は声量がとても大きくて歌も上手くて驚きました。
感情を込めて軍歌を歌うので、僕は「あぁ、先生は戦前に生まれて
特攻隊に参加して散りたかったんだろうなぁ」としみじみ思いました。

どんな歌を歌えばいいか西部先生に尋ねると、
「できるだけ昔の歌を歌うのがいいね。あとは童謡なんていいんですよ」と言いました。
古い歌がいいということなので、その後中島みゆきの「時代」と、
「あの素晴らしい愛をもう一度」を歌いました。

時代の時はほとんどノーリアクションだったんですが、
あの素晴らしい愛をもう一度の時に、他の人に「これいつの歌?」と聞かれていて、
聞かれた人が「全共闘世代ですよ」と答えていたんですが、
歌っている僕に「恋愛歌を歌うな」と笑いながら野次りはじめました。

そもそもこの歌を歌おうと思ったのは、庵野秀明の「ラブ&ホップ」の
テーマソングになっていたからなんですが、歌っている間中ずっと野次られました。
あんまりにも言われるんで途中で歌うのを止めようかなとも思ったんですが、
止めたら負けかなと思い、最後まで歌いきりました。
歌いきると、「青年よ、愛を歌ってはいけない」と笑いながら言われました。
愛は私心なんで人前でおおっぴらに披露してはいけないという事を
常々おっしゃられているので、理屈は分かりましたが
そんなに野次らなくてもいいじゃんとも思いました。
でも終わってみると根性が付いたし、
いいコミュニケーションになったのではないかと思います。

最後は「同期の桜」で締めて終わりました。
途中で先生が4万円ポケットに入れていたら落として、奥さんに怒られたという話を
女の人にしていて、女の人が「そうですか」程度の返しをしたらしいんですが、
「どうしてウチの妻が、自分が死んだ後にそんなことでは生活できないから
怒ったのではないですか?というぐらいの話をしてくれないのだ」と
不満を述べていました。
カラオケが終わった後に先生に「これに懲りずにまた来て下さい」と言うと、
ニヤッと笑っていました。
2回目は結構ガッツリ交流ができてよかったなぁと思いました。

3回目に会った話は後編でお話しします。

けった

月曜日の夜、スカートを直した

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。