不美味(まず)しんぼ - けった魂

不美味(まず)しんぼ2 ~最低のメニューvs論外のメニュー~

南北新聞社にて

けった「ヒマだなー」

後輩「いやけったさん仕事して下さいよ!こないだ料理作って以来何もしてないじゃないですか!」

けった「ヒマだなー」

後輩「(ホントに何もしないんだな・・・リアルでも何もしてないけど・・・)」

上司「おい、けった」

けった「はい」

上司「最低のメニューvs論外のメニューだが、そこそこ好評だったので第2回をやる事になった。今回のテーマは『スイーツ』だ。
またやってくれないか?」

けった「イヤです」

後輩「え?けったさん、なんでですか?」

けった「いやいや、ムリムリ」

後輩「こないだはあんなに乗り気だったのに・・・何がイヤなんですか?」

けった「あのさ、イヤな事に理由が必要なの?」

後輩「それは・・・」

けった「イヤだからやらない」

後輩「せっかくだからやりましょうよ」

けった「ムリムリ」

上司「おい、けった」

けった「はい」

上司「アメやるからやってくれ」

けった「はい!やります!!」

後輩「・・・この一連の導入部分必要だったんですか!」

~決戦当日(金曜日)~

司会「さあ、いよいよ始まりました、第2回最低のメニューvs論外のメニュー。今回のテーマは『スイーツ』。
一体どんなスイーツが出てくるのか楽しみで仕方ありません。では、調理スタート!」

後輩「けったさん、前回と同じで僕は何もタッチしてないですけど・・・」

けった「任せろ。問題ない、今回は勝てる。」

けった「生地を練りーの、オーブンで焼きーの、そしてこのソースと花を添えーの・・・出来た!」

司会「南北新聞社が料理を作り終わりました。都帝新聞社は・・・」

貝原雄山「フン、すでに作り終わっている」

司会「両社調理完了です!それでは実食に入ります。審査員は前回同様東極億太郎さんにお願いします。」

東極「前回はちょっと凹んだが、ワシはどんなゲテモノでも食べる。楽しみや」

司会「それでは先攻・・・」

けった「ちょっと待った」

司会「はい?」

けった「今回は先攻後攻は平等に決めたい。コイントスの表裏で決めよう。」

司会「南北新聞社側がそう言っていますが、都帝新聞社はどう思われますか?」

貝原雄山「フン、構わん」

けった「表が出たらこちらが先攻後攻の選択権を持つ。裏が出たらそちらが持つ」

貝原雄山「結構」

司会「それではコイントスをさせていただきます。・・・『表』!」

後輩「やった!これでこっちに有利な方を選べる」

けった「・・・先攻で」

後輩「!?けったさん、こないだ先攻は不利だって言ってたじゃないですか!」

けった「・・・直感だけど、先攻のほうがいい気がする」

貝原雄山「クッ」

後輩「(えっ!貝原雄山が動揺した?)」

司会「それでは南北新聞社が先攻です。」

料理名『桜の木の花の道のビスケット~左手は添えるだけ~』

東極「ビスケットか・・・味は・・・まぁ普通にウマいが・・・」

後輩「(けったさん!ウマいもの作ったらダメじゃないですか!)」

東極「これは・・・版権的にマズいやろなぁ・・・」

後輩「(・・・そっち!?)」

司会「それでは後攻、都帝新聞社です。」

料理名『たおやかな流れる川のようなビスケット~そっと楓を添えて~』

後輩「(・・・スラムダンクネタが被った!)」

つづく

前回までのあらすじ

前世の因果なのか、どっちがまずいスイーツを作れるかを競うことになった
けったと貝原雄山。
先攻のけったが繰り出した版権的にマズいビスケットがヒット。
一方の貝原雄山も全く同じ発想のビスケットを提出。
この勝負、一体どうなる?

後輩「けったさん、やりましたよ!同じ発想なら先攻が圧倒的に有利ですよ!」

司会「東極さん、実食をお願いします。」

東極「・・・」

司会「東極さん?」

東極「うっ・・・うっ・・・」

後輩「(東極さんが泣いてる?)」

東極「この勝負・・・貝原さんの勝ちや・・・」

後輩「なっ、なんでですか!」

東極「ワシはスラムダンクでは圧倒的に流川が好きなんや・・・ルカワ親衛隊の援助をしてたのも、ワシや・・・」

後輩「そんな・・・」

けった「・・・」

貝原雄山「クッ・・・クワッハッハ!けったよ、食べる人間の事を考えないお前のスイーツを誰が喜ぶ?
お前の発想は自己満足。まさにお前が作ったビスケットのように甘々だったな!」

司会「それでは今回の対決は都帝新聞社の勝ちで終わりです」

~帰り道~

後輩「ま、まあけったさん、今回も負けちゃいましたけど、次は審査員の好き嫌いも
把握して頑張りましょう!」

けった「カラムーチョの辛くないのが食べてぇな・・・」

後輩「(あ、訳分からない事言ってる・・・)」

けったは、人の気持ちが分かるようになるのか?(つづく?)

不美味(まず)しんぼ ~最低のメニューvs論外のメニュー~

南北新聞社にて

けった「ヒマだなー」
後輩「いやけったさん仕事して下さいよ!コピーとかお茶くみでもいいんで。せっかく入った仕事ですよ!」
けった「ヒマだなー」
後輩「(人の話全然聞いてない・・・相変わらずクズだな・・・)」
上司「おい、けった」
けった「はい」
上司「今度、うちの創立1000周年を記念して、料理の企画をする事にした」
けった「はい」
上司「そこで究極のメニューを作ってくれないか?お前とお前の後輩で」
後輩「え?でも究極のメニューって、東西新聞社がやってませんでしたっけ?パクリじゃないですか?」
上司「なので、うちは究極にまずいメニューをやる」
後輩「まずい?」
上司「ああ、最低のメニューだ。最低のまずい料理を作ってもらう」
けった「その話、乗ります。お前もやるよな?」
後輩「え?まあ社員なんで上長の指示には従いますけど・・・」
上司「そうか、実はライバルの都帝新聞との共同企画なんだ。向こうは論外にまずいメニューを作ってくる。
最低のメニューvs論外のメニューだ!」
けった「なるほど。向こうは誰がやるんですか?」
上司「不美食倶楽部のトップ、貝原雄山だ」
後輩「え?貝原雄山って言ったらけったさんのお父さんじゃないですか!」
けった「いやいや。貝原雄山って誰?知らない」
後輩「(あ・・・そこはパロディしない感じなんだ・・・)」
けった「勝負を決める料理はなんですか?」
上司「今回のテーマは『カレーライス』だ」
後輩「(カレーでまずい・・・何かイヤな予感がビンビンするんですが・・・)」
上司「当日までに二人は準備しておくように頼む」
けった「分かりました」

こうして最低のメニューvs論外のメニューの対戦は幕を切っておとされたのだった・・・

つづく

前回までのあらすじ

運良く南北新聞社に入社できたけったと後輩。そんな二人に上司が指示した仕事は、
究極にまずいカレーライス、最低のカレーライスを作る事だった。
相手は不美食倶楽部のトップ、貝原雄山。
一体どうなる!?

~決戦当日(金曜日)~

司会「さあ、いよいよ始まりました、最低のメニューvs論外のメニュー!今回のテーマは『カレーライス』。
一体どんなカレーが出てくるのか、楽しみで仕方ありません。では、調理スタート!」
後輩「けったさん、けったさんが『全部俺に任せろ』って言ってたので、僕何もタッチしてないですけど、
大丈夫ですか?」
けった「問題ない。万全の準備をしてきた。さぁ、作るぞ!」
けった「これを切りーの、これを入れーの、コトコト煮るーの・・・」
けった「そして最後に赤いパウダーをかけーの・・・出来た!」

けった特製!激辛お腹ゴロゴロカレー!

後輩「(野菜はゴロゴロしてていいけど、お腹ゴロゴロはヤバいんじゃないか・・・?)」
司会「南北新聞社が作り終わったようです。都帝新聞社はどうでしょうか?」
貝原雄山「フン、すでに作り終わっている」
司会「両社調理完了です!それでは実食に入ります。審査員は東極億太郎さんにお願いします。」
東極「ワシはどんなゲテモノでも食べる。楽しみや」
司会「それでは先攻、南北新聞社から」
後輩「(うわぁ・・・こんな真っ赤で激辛そうなカレー、食べられるんだろうか・・・)」
けった「どうぞ」
東極「これは辛そうやな」

パクッ

東極「・・・あっまッ!」
後輩「???甘い???なんで???」
けった「このカレーはルーの代わりにチョコレート、野菜の代わりに果物、
お米の代わりにポンポン菓子を使っています。赤いのはあまおう苺のパウダーです」
東極「・・・」
後輩「(激辛だと思ったら、激甘だった・・・これは精神的にかなりくるやつだな・・・まさに最低のメニュー)」

けったの工夫により、リードなるか?次回で決着!

前回までのあらすじ

ひょんな事からどっちがまずいカレーライスを作れるかを競うことになったけったと貝原雄山。
先攻のけったが繰り出した精神を削るトリックカレーで、首尾は上々。
貝原雄山側はいったいどう出る??

司会「それでは、都帝新聞社のカレーをお願いします」
貝原雄山「こちらはこれだ」

豪華絢爛!伊勢海老カレー

後輩「(???このカレーのどこが一体まずいカレーなんだ?)」
東極「・・・」
司会「東極さん、どうされましたか?」
東極「さっきのけったさんのカレーで精神的にかなりキてましてな・・・」
後輩「(そりゃそうだよな・・・)」
けった「しまった・・・」
後輩「けったさん、どうしたんですか?」
けった「何の疑いもなく先に出したが、後出しの方が今回は有利だ・・・」
後輩「え?じゃあ先攻って言い出したのは・・・」
貝原雄山「フフフ・・・」
後輩「(貝原のやつ、司会を買収してたんだ・・・汚いぞ!)」
東極「ふぅ。だいぶ回復した」
司会「では、実食どうぞ」
東極「・・・」
司会「東極さん?」
東極「このカレーは食べられん」
司会「?どうしてですか?」
東極「ワシは重度のエビアレルギーなんや。食べたら死ぬ。故に食えん。
けったさんの料理は人間のクズだが、貝原さんは鬼や。人間のやる事ではない・・・」
司会「という事は今回の勝負は・・・」
東極「貝原さんの勝ちや。文字通り論外やった・・・」
後輩「そんな・・・」
けった「・・・」
貝原雄山「フワッハッハ!けったよ、『食べられる範囲内で』なんて考えが甘い。
殺すつもりで行かなかったお前の考えは、まさにお前が作ったカレーのように甘々だったな!」
けった「クッ・・・」
後輩「けったさん・・・」
司会「それでは今回の対決は終了です」

~帰り途~

後輩「ま、まあけったさん、今回は負けちゃいましたけど、次あるなら頑張りましょうよ。
本編の山岡さんも負けまくってるし、大丈夫ですよ!」
けった「ねみぃな・・・」
後輩「(あ、全く気にしてない・・・)」

けったは、いつか貝原雄山を超える事ができるのか?(つづく?)