リミテッドアニメに何の可能性もない簡単な理由

アニメ
01 /23 2011
リミテッドアニメには2つの意味があります。

1、口や目など部分的にアニメーションを動かすこと
2、1秒のコマが24コマないし12コマでない枚数の少ないアニメ
(一般に同じコマが3つ続く8コマのアニメ)
ここでのリミテッドアニメは2を意味します。

リミテッドアニメに何の可能性もない理由は簡単です。
アニメ独特の表現である「動き」をないがしろにしているからです。

日本アニメは成立当初漫画映画と呼ばれていました。
この呼称を鑑みるに「漫画が映画になった」という事です。
つまり少なくとも日本では漫画が先にあってアニメが後に続いたと言う事です。
そうなると漫画とアニメの違いについて考えなくてはいけません。

アニメは(一般的な)漫画と違って、

・フルカラーである(総天然色である)
・フルサウンドである(トーキーである)
・動く

この3点が主な違いです。
白黒からカラー、サイレントから音が付いたのは
表現の幅を広げたと言って差し支えありません。
その中で「動く」という点だけが日本で歪な形になっています。

現在のテレビアニメの主流はリミテッドアニメです。
なぜかというと予算と時間の都合です。
予算がないのでテレビアニメは作り続けないと会社の資金繰りがショートします。
またテレビアニメは時間との戦いです。
放送週に間に合わないと言う事は基本的にアウトです。
そのために絶対に間に合うように作ります。

そのリミテッドアニメの功績により、今まで大量のアニメが作られてきました。
それによって日本アニメの歴史が作られてきた事は間違いありません。
今のアニメの地位があるのもリミテッドアニメのおかげです。

ですが、もうリミテッドアニメには何の可能性もありません。
リミテッドアニメが「動く」というアニメの肝要の表現を規制しているからです。

日本の代表と言われているジブリはフルアニメーションです。
これは宮崎駿がアニメで作中の動きに最もこだわりを感じているからです。

ポニョを見てもらうと分かりやすいと思うのですが、
とにかく宗介もポニョもじっとしていません。動いていない場面でも細かく動いています。
これは現実で子供を見ていれば分かると思うんですが、
子供はじっとしていられないので常に細かく動いています。
その状態に人はかわいらしさを感じるのですが、リミテッドアニメではこの表現が不可能です。

リミテッドアニメで動きを制限しているとどうなるか。
どんどん1枚絵での過激さか、内容の過激さを求めるようになります。
アニメが非倫理的な内容に傾いたり、極端な萌え絵に走るのは
リミテッドアニメだからです。

もうすでに多くの一般人はアニメを見放していますが、
今後この流れは加速しても止まることはありません。
アニメはどんどん一部だけの嗜好品に成り下がるでしょう。

これは資本主義という流れに乗った日本アニメの一つの帰結です。
まぁみなさん、ほのぼのとした気持ちでこの現象を眺めましょう。
スポンサーサイト

けいおんはなぜ究極にして至高なのか

アニメ
10 /01 2010
けいおんが究極にして至高である事については論を俟たない。
理由を説明したい。

けいおんがけいおんたる由縁は、そのディフォルメによる物語性の獲得にある。
つまりけいおんは重要である部分を極限まで強調する事によって
物語を紡ぎ出しているのである。

そもそもマンガにおける表現とは何であろうか。
意図された一部の強調と一部の喪失である。
目は大きく描かれ、鼻はなくなる。
なぜそうなるのか。
簡単に言えば大きな瞳が良いと言う事だ。鼻は不要な物だから要らないと言う事だ。
こう描かれる事によりキャラクターはリアリティを喪失する。
が、その代わりに虚構としての物語の登場人物としての資格を得るのだ。

ではけいおんが強調しているものは何なのか。
それは友情であり、高校時代への哀愁である。
ではけいおんが喪失しているものは何なのか。
それは異性である。

けいおんの世界に異性は居て居ない事になっている。
その意味でけいおん世界に人間はいない。いるのはキャラクターである。
だがそれでいいのだ。
強調と喪失によりけいおんは虚構たる物語としての資質を得た。
それが虚構である以上どんなにそのキャラクターの心情に
リアリティを付加してもそのキャラクターが人間となる事はない。
視聴者は現実を憎み虚構を好む。それが虚構であればあるほどなお良い。
けいおんの極限たる強調とすっぽりと空いた大穴のような喪失-
けいおんが究極にして至高たる由縁である。

なぜあずにゃんはぺろぺろされないといけないのかへの一考察

あずにゃんはぺろぺろされなければあずにゃんたり得ない。
あずにゃんはぺろぺろされる事によって
愛玩動物としての地位を確立するのだ。
あずにゃんはぺろぺろされる事によってその輪郭を確かなモノにする。
あずにゃんをぺろぺろしない事は飼い猫や犬をぺろぺろしない事と同じである。
それではまるで虐待ではないか。
視聴者は大いにあずにゃんをぺろぺろし、
あずにゃんがあずにゃんたる由縁を示す必要があるのである。

このように究極で至高たるけいおんであるが、筆者は1期の1話の3分で視聴を断念した。
いや、断念せざるを得なかったのである。
筆者がけいおんを見限ったのではない。けいおんが筆者を見限ったのである。
だがそれでよいのだ。なぜならけいおんが究極にして至高なのは自明の事なので、
見て確かめる必要がないのである。分かっているのに見続けたらそれは作業になってしまうではないか。

けいおんよ、永遠たれ。それを最後の願いとして筆を置きたいと思う。
あずにゃんぺろぺろ。

借りぐらしもアリっちゃアリエッティ(借りぐらしのアリエッティ感想)

アニメ
07 /19 2010
人間の生活必需品を「借り」ながら暮らす小人のアリエッティとその両親は、
貞子の家に借り暮らしをしていた。
小人は人間に見られてはいけないというルールがあり、
見られたらその家からは引っ越しをするのが常であった。
慎ましやかに暮らすアリエッティとその両親であったが、
貞子の家に心臓の手術の前に療養に来た翔によってその暮らしにも変化が訪れ・・・

ネタバレありで書きますのでご用心。
アリエッティ、登場後3分で人間(翔)に見られます。ありえへん。
これはナシエッティですよって感じですが、あとは話は分かりやすいです。
人に見られる→引っ越しです。途中アリエッティのお母さんが女中に捕まって、
救出シーンがありますが、そのシーンはなぜ引っ越しをするかを補強するシーンです。
(人に会うと酷い目に遭うと言う事)この女中さんはちょっとイヤなキャラでかき回すんですが、
正直居ない方がよかったかもしれません。

とにかく翔君が来なかったら引っ越ししなくても良かったのである意味疫病神なんですが、
小人の方々も淡々と引っ越しの準備をしてたあたり覚悟完了ではあったのかもしれません。
翔君は心臓病キャラでおとなしいし、小人もちっちゃいのでオーバーアクションはしませんので、
非常に静かな作品だなと思いました。

最後にアリエッティと話す事で生きる意欲を取り戻した翔君。
そういう意味ではハッピーエンドだったのかもしれませんが、
引っ越ししていくアリエッティさん達を見てると寂しげだったのも
ハッピーエンドという感じを感じさせなかったのかもしれません
(小人は激減しててアリエッティも家族以外とは出会った事がなかった)。

演出の話というほどでもないんですが、アリエッティ、
かわいいことにはかわいいんですが、
宮崎駿監督作品ほどのかわいらしさはないかなぁと何となく感じました。
その辺米林監督はこざっぱりしているというか、
駿のロリコニズムも継承しておけば万全だったかもしれないです。

全体的に静かなおとなしい作品だったと思います。
そういった雰囲気が好きな人にはオススメです。

ただ僕としては次回作はラピュタみたいなの冒険活劇をよろしく!といった具合です。

サマーウォーズを持ち上げてる連中はこれを読んで死ぬほど反省しろ!

アニメ
08 /04 2009
こんばんは。

サマーウォーズ、つまんないね。
「OZ」、薄っぺらいね。
主人公、空気だね。
声優、全員棒だね。
話、まとまってなくてグダグダだね。
2時間、苦痛だね。

理由は明快。監督が細田だからです。

細田「ヱヴァ(笑)いつまでやってんの?(笑)」

お気持ち分かります。
だって宮崎駿に死ぬほど憧れてアニメ界に入るためにジブリの面接受けたんですもんね。
で、落とされたんですもんね。(手紙もらえただけまだ良かったね!)
駿に弟子みたいにかわいがられてる庵野秀明に対して嫉妬心が丸出しになるのは当然ですよね。

細田「見てみて!今回のサマーウォーズの作画陣、スゴイメンツだよ!!」

お気持ち分かります。
そうですよね、ジブリで「ハウルの動く城」監督として作ってたのに、
ジブリのアニメーターからナメられてシカトされてメンバーが集まらなくて
結局ニッチもサッチも行かなくなって宮崎駿が出てこざるを得なくなって
「業界人として終わった」って自他共に認めてましたもんね。
元々作画オタだしそりゃ豪華メンバーが集まったら嬉しいですよね。

細田「僕は村上隆から認められてるんだ!!」

お気持ち分かります。
世界的アーティストの村上隆と組めばオシャレに見えて
アニメオタクとして一般からバカにされてるコンプレックス解消できますもんね。
それにアナタの大好きな海外の映画賞も貰いやすくなりますもんね。

細田「僕の影無し技法は独特なんだ!!オリジナリティなんだ!!」

お気持ち分かります。
だから画面が妙に暗くて地味でのっぺりしてても
それを守り通すためにはしょうがないですもんね。
変に評価されてるから今更間違ってたなんて言って変えられませんもんね。

細田「サマーウォーズは一般人に観てもらいたい!!」

お気持ち分かります。
アニオタからつまんないって言われた時に一般向けだって
予防線張ってないといけないですもんね。
あと僕はアニオタに媚びない(キリッってアピールして
非アニオタかつ庵野とは違うとかを強調しないといけないですもんね。

・・・ふざけるなああああああああ!!

ヱヴァ(笑)?
10年前のリメイクに内容も客入りも全部惨敗してますが?

メンバーがスゴい?
スゴいメンバーが集まっても使いこなせなかったら意味がありませんが?
スペック厨は中学で卒業してください。

村上隆と仲がいい?
利用されてるだけですが?
村上隆はオタク業界をバカにしたアートでのし上がった男です。
なんで気付かないの?

影無し技法?
影があるかないかなんて作画オタしか見てねーんだよ!!

一般人狙い?
どんなにアニオタ風味を消した貞本でも
貞本絵のアニメを一般人が観に行く訳ねーだろうが!!
むしろ貞本絵の魅力をあれだけ殺せるアナタはハンパないと思います。

それになに?「サマーウォーズ」ってタイトル?
そんな内容が分からないアニメを一般人が観に行く訳ねーだろうが!!
ホントに一般人を刺し殺すつもりなら「おばあちゃんと夏休み」とかにしとけ!!

サマーウォーズを褒めてるのは夏休み真っ盛りのゆとりオンリー。
そいつらも次にどこかに遊びに行ったら忘れる程度の内容。

アナタが貞本を使うのは庵野へのコンプレックス。
声優を使わないのは駿へのコンプレックス。
海外から評価されたいのは押井へのコンプレックスですか?

サマーウォーズが死ぬほどつまんないのは細田監督、
アナタの人間としてのスケールが小さいからです。

アナタ、ホントは分かってるんでしょ?
今の自分が監督としてその人達に遠く及んでないって事。
だからやり方をオマージュするけど、それを隠そうとして反抗しちゃうんだよね?

細田がポスト宮崎駿?笑わせるなよおおおおおおお!!!

冗談はほどほどにして
いいかげん自分の嫉妬心を認めてそれを作品に昇華できるように努力してください。
他の代替手段でごまかさないでください。

褒めてる連中は周りに2回観に行ってる奴がいない事を認めろ!
お前らみたいな狂信者が細田をダメにしてるんだよ。

なんか異論があるならかかってくればいいよ(笑)

エンドレスエイトはなぜループしなければならなかったのか?~京アニの罪と罰~

アニメ
08 /02 2009
8週目が確定して流石にファンも見放しかけている「涼宮ハルヒの憂鬱」の
エンドレスエイトですが、なぜループしなければならなかったのかを考察します。

エンドレスエイトがなぜこういう風になっているかというと、

①商売の部分(ハルヒは長続きした方が儲かるよね)
②ふざけ方が悪い方に出た(らきすたの後半EDと同じパターン)
③京アニの不確定なモノを嫌う社風(なので途中で変更しない)
④原作モノであるということ(なので変更したくてもできない)

という事だと思います。

①では京アニは非常に採算が取れる事を重視する会社です。
ハルヒという金の成る実を簡単に手放すことはしません。
ファンはエンドレスエイトだらけのDVDでも購入すると見込んでいるはずです。
また、新展開になり「涼宮ハルヒの消失」に入れば、
今見放しているファンも戻ってくると予測していると思います。

②らきすたの白石エンディングも不評でしたが、結局1クールやりましたよね。
京アニの悪ふざけはTVのバラエティレベルなのをオタク風味にした感じなんですが
(白石いじりとか)、
この辺はクリエイター集団としてのコンプレックスが垣間見えるというか、
違うことをやろうとして失敗する事があります。
個人的には原作モノしかできない所でくすぶってるモノがあると見受けられます。

③京アニは計画を決めたら変更しません。
なぜならスケジュール通りに動くようにガチガチに決まっているからです。
たぶん利益とかも早めに確定させたがってるはずです。
京アニはおそらくホントに不確定要素を嫌う会社なんです。
逆に言うとなんでも決まらないと動けないようになってるんです(多分)。

京アニをヤマカンが追い出されたのはスケジュール管理ができなかったからなんですが、
ヤマカンはクオリティ向上のためなら残業とかもやってくれみたいなタイプの人間だと
推察されるんですが、京アニはそんな事絶対にしない会社です。
なぜならアニメーターに女性が多く、残業や徹夜がNGになっているからです(多分)。
それ故に大げさに言えば京アニの監督はクオリティよりもスケジュール管理が重要視されます。
むしろスケジュールを管理する事で
クオリティを上げる体制になっていると言った方がいいのかもしれません。

「けいおん!」では監督などの中枢スタッフが初めて女性で作成されたんですが、
問題なく成功したのでこれからもこの体制は変わらないと思います。

④原作がある以上京アニは改変ができません。
改変すると原作ファンに叩かれるという点、また改変して良くできる人材がいません。
今回の場合、エンドレスエイトを途中で止めようと思ったら、
新たにハルヒの原作をを使わざるを得なくなります。
それは京アニは避けているのでこうなってます。

以上の4点の理由により、エンドレスエイトはループしています。
この状況が良くも悪くも京アニの体質を表していると僕は思います。

ご精読ありがとうございました。

京アニが2流でガイナが1流なワケ~00年代のアニメ業界総括~

アニメ
08 /02 2009
今日は京アニメーションが2流でガイナックスが1流な理由を、
エンドレスエイトがなぜ今のようにループしなければならなかったかを絡めて説明します。

結論としては、京アニにはクリエイターとして新しいモノを作る気概がないので2流、
ガイナにはそれがあるので1流という点です。

なぜそうなのか。

ガイナックスの方は
武田康廣『のーてんき通信 エヴァンゲリオンを創った男たち』
という本から得た知識で書いてます。

武田さんはガイナの取締役統括本部長で設立から関わっているんですが、
超簡単に言うとガイナックスは日本SF大会の運営からスピンアウトした集団です。
詳しい人からしたら略し過ぎだろと言われそうですが、
強調したい所はお祭りの運営から出てきた集団って所です。
つまりワーッって集まってハイテンションで不眠不休で作る感じです。
加えて悪ノリというか、祭りだからいいだろ!みたいな事を平気でやってくる集団です。

今もですねグレンラガンを作った時に自サイトで同時間帯だった
プリキュアのキャラを串刺しにして問題になってたりしたんですけど、
要はどこまで行ってもノリがアマチュアなんですよね。

その証拠というか、ガイナはずっと採算が赤字で、
というよりも誰も会計に興味が無くて無茶苦茶だったらしいんですね。
ナディアを作った時もゴタゴタの責任を取って引き受けたので
アニメからは制作費しか得られなかったそうです。

ガイナは始めから決まるのを嫌うというか、
作る時のライブ感を大事にするって言うのは庵野監督の手法でもあるんですが
(その場のノリで決まったりする)、
有名な話ですがエヴァはスタートする時に半分程度しかできてなくて(1年~1年半で)、
あと半年しかないんでスケジュールが詰まるのは分かってたんですよね。
ただあの最終2話はスケジュールに困ったのではなく意図的に作られたものなんですが、
要は自分達が満足できるレベルまで「ついつい」
作り込んでしまうのがガイナックスという集団なんです。
悪く言えば作り方はプロじゃないんですよ。
エヴァの内容は間違いなくファンを釣ってやろうって言うプロ的手法なんですけど、
制作に関してはやり方がアマチュアなんですよね。
ホントにみんなで一つの所に集まって不眠不休で作ってる訳です。
(少なくともエヴァの時は)
その熱気が新しいモノを作り出す土壌を生み出しているのです。
新しい価値あるモノを作り出す事がクリエイターとしての存在理由です。
だからその気概があるガイナは1流。

京アニに関してはアニメの付属してる制作過程とか話を聞いた部分から書きます。

00年度を代表する京アニの特質としては丁寧な作画と、内容で言えば鍵作品は手堅く、
はっちゃける時はオタクが喜ぶような作りにしてる所です。
細かく言うとそういうの嫌ってるオタクもいて、まぁいろいろなんですけど、
オタクが買い支えている事を熟知しているというか、誰が買うかが分かってる訳です。

エンドレスエイトがなぜこういう風になっているかというと、

①商売の部分(ハルヒは長続きした方が儲かるよね)と
②京アニの不確定なモノを嫌う社風(なので途中で変更しない)
③原作モノであるということ(なので変更できない)
④ふざけ方が悪い方に出た(らきすたの後半EDと同じパターン)

という事だと思います。

らきすたの白石エンディングも不評でしたが、結局1クールやりましたよね。
京アニの悪ふざけはTVのバラエティレベルなのをオタク風味にした感じなんですが
(白石いじりとか)、
この辺はクリエイター集団としてのコンプレックスが垣間見えるというか、
原作モノしかできない所でくすぶってるモノがあると個人的には見受けられます。

京アニは計画を(作画スケジュールとか)一回決めたら貫くしかないんですね。
たぶん利益とかも早めに確定させたがってるはずです。
京アニはおそらくホントに不確定要素を嫌う会社なんです。
逆に言うとなんでも決まらないと動けないようになってるんです(多分)。

京アニをヤマカンが追い出されたのはスケジュール管理ができなかったからなんですが、
ヤマカンはクオリティ向上のためなら残業とかもやってくれみたいなタイプの人間だと
推察されるんですが(そういう意味ではヤマカンは考え方がガイナ系)、
京アニはそんな事絶対にしない会社です。
なぜならアニメーターに女性が多く、残業や徹夜がNGになっているからです。
それ故に大げさに言えば監督としてクオリティよりもスケジュール管理が重要視されます。

「けいおん!」では監督などの中枢スタッフが初めて女性で作成されたんですが、
問題なく成功したのでこれからもこの体制は変わらないと思います。

簡単な両社の特徴

ガイナ(昔の)
・自由
・採算度返し
・オリジナルやったるで!

京アニ
・決まらないと動けない
・採算第一
・オリジナルやりたいけど原作に徹する

京アニが新しいモノを生み出せているのか?
答えはノーです。
京アニは作品で新しい事をしているように見えますが、それは形式でしかありません。
例えば時系列シャッフル(前回のハルヒ)であり、ループ(今のハルヒ)であり、
オタクが喜ぶ小ネタ(らきすた)であり。
内容ではコケないように原作モノを持ってくるしかないんですね。
内容が既製である以上既製を大きく越える表現はできません。
言ってる事は内容が一番大事なのに京アニは内容で新しいものを出せない
と言う普通のことです。

あとはですね、京アニのアニメーションで手堅く金儲けっていう発想が
最初から間違ってるんですよ。

アニメは市場規模がそんなに大きい訳でもなければ
これから発展する産業でもないんですよ。
むしろサブカルはこれから衰退していく産業だと考える方が自然です。

アニメで言えば質的ピークは確実に過ぎましたし、
(人によるが80年後半ぐらいではないかと個人的には思う)
量的ピークも去年か一昨年ぐらいがピークであとは落ちてくだけだと思います。
アニメは手堅く儲ける事に「向いてない」産業なんです。

要は京アニはまだアニメ界のフォロワーなんですよ。
いろんな人が切り拓いてきた既製のアニメ業界で儲けてるだけです。
業界を質的な面でリードするに至っていないんです。
業界自体が縮小していくから手堅くやってもジリ貧なんですよね。
社員が好きなアニメを生業にしたいだけならそれでもいいのかもしれませんが、
クリエイターって言うのは未知な分野に挑戦してこその存在じゃないんですかね?

少なくとも今の京アニにはアニメ界の未来を切り開く度量がないんですよね。
オリジナル至上主義と言われそうですが、
「儲からなくてもやってみる」という選択肢をどこかで敢えて
取らないといけないんですけど、
オリジナルやったんですけどその気概が見えないんですよね。
小金が出来たので奥底にくすぶってるクリエイター魂を
満足させる程度の事をやろうと思ったとしか思えないというか。
故に今の京アニは2流なのです。

京アニが新しい事ができるようになるには
おそらくもっと自由に使える資本が必要になるのかなと思います。
社風が保守的なので、資金的な余裕がないと思い切った事ができないんですよね。
まぁそもそも新しい事をやる気があるのかないのか分からないですけど・・・。

一方のガイナはエヴァがなかったら確実に潰れてたと思います。
なのでお金に疎いガイナを殊更持ち上げたい訳じゃないんですけど、
「新しいモノを作ろうとする熱気」がガイナにはあるんですよね。
それが社風として残っていて、グレンラガンのヒットはその一面だと思います。

つまり資本だけでも気持ちだけもダメな訳で、
両方がないと今は新しいものは作れないと言う事です。

結局勝負するのも資本力がモノを言うよねというザ・資本主義な
しょんぼりした話になってしまいましたが、
エヴァ当時のガイナは資本はなかったんですよね。

そう考えると一種の狂気がエヴァを作ったんですよね。
いくら資本主義って言ったって常に資本がある方が勝ったらムカつくじゃないですか。
だからガイナ良くやった!みたいな気持ちはあります。

まぁ資本がある方が常勝って言うのは
だいたい今そうなってるから非常にマズい事になってるんですけど、
そのあたりをホントは調整する制度が必要になると思うんですけどね。

個人的に昔のガイナックスの在り方に僕は人間味を感じてしまうという
非常にパーソナルな所に落としてこの話を終わりにしたいと思います。

ご精読ありがとうございました。

ガイナと京アニ

アニメ
08 /01 2009
今日はガイナと京アニについて語ります。

(注:僕はオタクではありません。
他の人よりほんの少しだけアニメに興味があるだけなので、決してアニオタと呼ばないようにね!)

00年代の代表は「なし」かギアスかハルヒだろって話なんですが、
だったらサンライズはー?と言われそうですが、サンライズはよく分かりません><
ガソダムとかが好きな人達は各自で調べてください。

なんでこんなテキストになったのかという話なんですが、
いい年こいていつまでもエヴァエヴァ言ってるのもなんとも「気持ち悪い」なと思って、
一体僕がリアルに中2だった頃のあの現象はなんだったのか
総括してもうエヴァは忘れ去ろうと思って、
あの当時流行ったエヴァ本を読みあさろうと思い立ちました。
で読んでて、途中でこのアプローチだけじゃダメだと思って停滞してる状況です。
(というかエヴァ本って読んでてつまんないのが多い、いいのもあるんだけど。
まぁそんなに読んでないですが)

エヴァに関してはあと2冊読みたい本があって、
もうちょっと調べたい事があるんで保留にしときます。

自分にプレッシャーをかけるために宣言しとくと、
新劇のマンセーに飽き飽きしてる人達が納得できるものを書く予定です。
打倒「物語三昧」なんで4649です。

武田康廣『のーてんき通信 エヴァンゲリオンを創った男たち』という本を読みまして、
ガイナックスに関しては多少知ったかぶりで話せるようになったなと思ったので、
ついでに今のハルヒ(京アニ)と絡めて話をしようかなと思います。

武田さんはガイナの取締役統括本部長で設立から関わっているんですが、
超簡単に言うとガイナックスは日本SF大会の運営からスピンアウトした集団です。
詳しい人からしたら略し過ぎだろと言われそうですが、
強調したい所はお祭りの運営から出てきた集団って所です。
つまりワーッって集まってハイテンションで不眠不休で作る感じです。
加えて悪ノリというか、祭りだからいいだろ!みたいな事を平気でやってくる集団です。

今もですねグレンラガンを作った時に自サイトで同時間帯だった
プリキュアのキャラを串刺しにして問題になってたりしたんですけど、
要はどこまで行ってもノリがアマチュアなんですよね。

その証拠というか、ガイナはずっと採算が赤字で、
というよりも誰も会計に興味が無くて無茶苦茶だったらしいんですね。
ナディアを作った時もゴタゴタの責任を取って引き受けたので
アニメからは制作費しか得られなかったそうです。

ガイナは始めから決まるのを嫌うというか、
作る時のライブ感を大事にするって言うのは庵野監督の手法でもあるんですが
(その場のノリで決まったりする)、
有名な話ですがエヴァはスタートする時に半分程度しかできてなくて(1年~1年半で)、
あと半年しかないんでスケジュールが詰まるのは分かってたんですよね。
ただあの最終2話はスケジュールに困ったのではなく意図的に作られたものなんですが、
要は自分達が満足できるレベルまで「ついつい」
作り込んでしまうのがガイナックスという集団なんです。
悪く言えば作り方はプロじゃないんですよ。
エヴァの内容は間違いなくファンを釣ってやろうって言うプロ的手法なんですけど、
制作に関してはやり方がアマチュアなんですよね。
ホントにみんなで一つの所に集まって不眠不休で作ってる訳です。
(少なくともエヴァの時は)

京アニに関してはアニメの付属してる制作過程とか話を聞いた部分から。

京アニの特質としては丁寧な作画と、内容で言えば鍵作品は手堅く、
はっちゃける時はオタクが喜ぶような作りにしてる所です。
細かく言うとそういうの嫌ってるオタクもいて、まぁいろいろなんですけど、
オタクが買い支えている事を熟知しているというか、誰が買うかが分かってる訳です。

やや唐突ですが今エンドレスエイトがなぜこういう風になっているかというと、
普通ですが商売の部分(ハルヒは長続きした方が儲かるよね)と
京アニの不確定なモノを嫌う社風(なので途中で変更しない)、
原作モノであるということ(なので変更できない)、
あとふざけ方が悪い方に出たって事だと思います。

らきすたの白石エンディングも不評でしたが、結局1クールやりましたよね。
京アニの悪ふざけはTVのバラエティレベルなのをオタク風味にした感じなんですが
(白石いじりとか)、この辺はクリエイター集団としてのコンプレックスが垣間見えるというか、
原作モノしかできない所でくすぶってるモノがあると個人的には見受けられます。

京アニは計画を(作画スケジュールとか)一回決めたら貫くしかないんですね。
たぶん利益とかも早めに確定させたがってるはずです。
京アニはおそらくホントに不確定要素を嫌う会社なんです。
逆に言うとなんでも決まらないと動けないようになってるんです(多分)。

京アニをヤマカンが追い出されたのはスケジュール管理ができなかったからなんですが、
ヤマカンはクオリティ向上のためなら残業とかもやってくれみたいなタイプの人間だと
推察されるんですが(そういう意味ではガイナみたいな)、
京アニはそんな事絶対にしない会社です。

「けいおん!」では監督などの中枢スタッフが初めて女性で作成されたんですが、
問題なく成功したのでこれからもこの体制は変わらないと思います。

簡単な両社の特徴

ガイナ(昔の)
・自由
・採算度返し
・オリジナルやったるで!

京アニ
・決まらないと動けない
・採算第一
・オリジナルやりたいけど原作に徹する

で、ガイナと京アニの違いを僕なりに説明したのですが、
どっちが正しいも間違っているもない・・・んですけど、
そんな官僚答弁とか大学の教授の本みたいなのが
ウチのサイトに求められてないじゃないですか?
なのでいつものように勝手に判断します。

京アニは超二流でガイナは一流のボトムといった印象です。
その差はスタイルの差と言わざるを得ないのかなと。

まず京アニの新しさは形式でしかないんです。
例えば時系列シャッフル(前回のハルヒ)であり、ループ(今のハルヒ)であり、
オタクが喜ぶ小ネタ(らきすた)であり。
内容ではコケないように原作モノを持ってくるしかないんですね。
内容が既製である以上既製を大きく越える表現はできません。
言ってる事は内容が一番大事なのに京アニは内容で新しいものを出せない
と言う普通のことです。

あとはですね、京アニのサブカルで手堅く金儲けっていう発想が
まず間違ってるんですよ。
ついでにかがみさんとあいばさんも批判しとくと、
例えるなら中高生からカツアゲするよりも
金持ちのバッグを強奪した方が儲かるに決まってるんですよ。

なに金儲けを犯罪扱いしてるんだって話ですが、
市場規模がそんなに大きい訳でもなければこれから発展する産業でもないんですよ。
むしろサブカルはこれから衰退していく産業だと考える方が自然です。

アニメで言えば質的ピークは確実に過ぎましたし、
(人によるが80年後半ぐらいではないかと個人的には思う)
量的ピークも去年か一昨年ぐらいがピークであとは落ちてくだけだと思います。
金儲けしたいなら他の手段の方が効率的なので、サブカルに拘る理由がないんですよね。

前の2人で言うと、「サブカルが好きだから」なら、
それで金儲けの効率性をスポイルしている事実を認めないといけないと思います。

要は京アニはまだアニメ界のフォロワーなんですよ。
いろんな人が切り拓いてきた既製の業界で儲けてるだけです。
業界を質的な面でリードするに至っていないんです。
業界自体が縮小していくから手堅くやってもジリ貧なんですよね。
好きな事を生業にしたいだけならそれでもいいのかもしれませんが、
クリエイターって言うのは未知な分野に挑戦してこその存在じゃないんですかね?

少なくとも今の京アニにはアニメ界の未来を切り開く度量がないんですよね。
オリジナル至上主義と言われそうですが、
「儲からなくてもやってみる」という選択肢をどこかで敢えて
取らないといけないんですけど、オリジナルやったんですけどその気概が見えないんですよね。
小金が出来たので奥底にくすぶってるクリエイター魂を
満足させる程度の事をやろうと思ったとしか思えないというか。

京アニが新しい事ができるようになるには
おそらくもっと自由に使える資本が必要になるのかなと思います。
社風が保守的なので、資金的な余裕がないと思い切った事ができないんですよね。
まぁそもそも新しい事をやる気があるのかないのか分からないですけど・・・。

ガイナはエヴァがなかったら確実に潰れてたと思います。
なのでお金に疎いガイナを殊更持ち上げたい訳じゃないんですけど、
「新しいモノを作ろうとする熱気」がガイナにはあるんですよね。
それが社風として残っていて、グレンラガンのヒットはその一面だと思います。

つまり資本だけでも気持ちだけもダメな訳で、
両方がないと今は新しいものは作れないと言う事です。

結局勝負するのも資本力がモノを言うよねというザ・資本主義な
しょんぼりした話になってしまいましたが、
エヴァ当時のガイナは資本はなかったんですよね。

そう考えると一種の狂気がエヴァを作ったんですよね。
いくら資本主義って言ったって常に資本がある方が勝ったらムカつくじゃないですか。
だからガイナ良くやった!みたいな気持ちはあります。

まぁ資本がある方が常勝って言うのは
だいたい今そうなってるから非常にマズい事になってるんですけど、
そのあたりをホントは調整する制度が必要になると思うんですけどね。

個人的に昔のガイナックスの在り方に僕は人間味を感じてしまうという
非常にパーソナルな所に落としてこの話を終わりにしたいと思います。

ご精読ありがとうございました。

日本アニメは宮崎駿に始まり宮崎駿で終わる

アニメ
07 /24 2009
25日に用事があって修都さんのラジオが聴けません>< けったです。
やっぱりああいうのってライブで聴かないとダメじゃないですか?
でも誰かが録音してくれるなら聴いてやるってばよ(エラそう)

話は変わりまして、
細田守監督の「サマーウォーズ」を一足早く試写会で観られる事になりまして、
先週観てきたんですが、(連れて行って下さった後輩様ありがとうごぜえました)
まだ上映してないモノのネタバレは流石にしないんですが(公開日8/1)、
ネタバレ無しで言わせてもらいますと、「死ぬほどつまんない」です。

ゲド戦記とどっちがつまんなかったか考えたんですけど、
かろうじてこっちの方がまだ面白かった気がします。
どのくらいつまんないかと言うと観てる時に10回ぐらい時計見て
「早く終わんないかなー」と思った程度です。
(まぁ次に予定があったっていうのもあるんですけど)
実はこの後日、ヱヴァ破を友達に誘われて2回目観に行ったんですけど、
「なんだかんだ言って・・・おもしれーなぁ」と思いました。
(く、くやしい!でも・・・みたいな)
「サマーウォーズ」の10倍ぐらい面白いと思ったので(時計を見たのは1回)、
「サマーウォーズ」をもう一回観るくらいなら破をあと10回観に行きます。
細田監督が庵野監督より優れているのはギャグセンスだけです。
(細田監督はギャグセンスはかなりあると思う)

「サマーウォーズ」はですね、
キャラを出し過ぎな上にそれぞれ見せ場を作ろうとするから時間が長くなる、
加えて見せ所が散漫になる。誰目線で観て良いか分からない。感情移入できるキャラがいない。
単に削れなかっただけでダラダラと2時間もやった上に、
死ぬほど下手な声優陣の棒演技を聞き続けないといけないという。もう苦行ですよ。

今回で細田が声優に役者を使う理由は単に宮崎駿をパクってるだけだなって思いました。
しかもですね、わざとパヤオの作品より下手な人を使ってるんですね。
これは「声なんて関係なくても俺のアニメは面白れぇだろ?」っていう
細田のホントしょうもないプライドだけなんですね(偏見)。

あとは今回はイメージしたモノを作ろうとしてるんじゃなくて、
アニメじゃないと出来ない表現をしようとしてそれに合わせてその表現を作ってるから
そのアニメじゃないと出来ない表現である仮想空間がうすっぺらいんですよ。
確かにアニメじゃないと出来ない表現がないとなんでアニメなの?って
事になるんですけど、それを上手く用意できなかった細田の責任です。

観てたら分かると思うんですけど、今回は随所で無理矢理アニメ的表現を入れてきてます。
田舎の大家族で勝負したいなら何も起こらない田舎で勝負しろって感じです。
それができないなら、細田の嫌う「他のアニメ監督もやってる同じこと」を
やった方がまだマシですよ。
なんか新しい事をやろうという意欲よりも変なプライドを感じさせるんですよね。
じゃないと途中で作品として成り立たないって気付いてるハズです。
というよりもこれでご満悦だったら監督としての素養を疑いますよ。

こんなつまんないアニメ作っといてプライドだけ異常に高いんだから
始末に終えないですよ。

声優の話になると、
多分パヤオはいわゆるアニメの声優の演技が一般層に心底嫌がられてるって
言うのを察知して(もしくは鈴木Pがアドバイスして)、
「もののけ姫」から有名俳優を使いだしたんですよ、多分。
その結果があのアホみたいな大ヒットですよ。(他にも要因はありそうですけど)

「声優は娼婦の声」なんてパヤオは言ってましたけど、
パヤオは重度のアニオタなんで声優の声は大好きなんですよ。
エヴァは観てないとかのたまってましたけど間違いなく全部観てるし、
あのおっさん下手したらギアスとかハルヒも観てますよ。
だってちょっと考えてみて下さいよ?
パヤオは日本のアニメの現状を憂えてますけど、
現状を知らないと憂えようがないじゃないですか?
全部は観てないでしょうけど、売れ線は押さえてても全然おかしくないですよ。
(アニメクリエイターとして)
なによりアニメが日本一好きなおじいさんなんですから。

まぁ浅いアニオタの戯れ言なんですけど、僕のスカウターで言ったら日本アニメは、

宮崎駿>>>>(超えられない壁)>>>>富野>>>>
(超えられない壁)>>>>庵野=押井(庵野と押井の差は好き嫌いで別れる)
>>>>(異空間)>>>>他の人達

たぶんこんな感じだと思います。

宮崎駿という大天才がアニメに来て、
それに吸い寄せられたり影響を受けたりして数人の天才が集まったってだけの話で、
どの分野でもそれは変わらないのかなぁと漠然と思います。

アニメが衰退する理由は「サマーウォーズ」を観たら分かります。
3年がかりで作った劇場用映画が心底どうでもいい出来だった→
客が来なくなる→大幅に赤字→終わり 簡単でしょ?

アニメはアニメーターなどの人材確保と時間と金がかかりすぎるから
リターンを得るためにはとにかく監督によって左右されるんですけど、
もう人材がいないんですよ。名監督は天賦の才がないとできません。

宮崎駿が死んだら日本のアニメは実質的に終わるでしょう。
完全には無くなる事は絶対にないですが、後はさびれていくだけです。
日本のアニメの力が落ちてきたのもパヤオの力が落ちてきたからです。
なので日本アニメっていうのは夢みたいなもんだったんです。
もう充分夢見たでしょ?そういうことです。

というか日本のアニメ語りたかったら「ナウシカ」だけでいいですよ。
後は観なくて良いです。あとは単なるサブカルです。

細田に関して言えばこの人は追い込まれないとダメなタイプなんだと思います。
「時かけ」はフリーになって一回目だったんで、
ここで終わりかもしれないっていう緊張感が良い方に作用したんじゃないですかね。
今回は余裕が出来たのが悪い方向に行って、アニメとして全く煮詰まってない感覚です。

おそらく次回作は全く期待できないです。
たぶん細田は興行成績の良さでこれがウケたとか勘違いして
(今回は「時かけ」より規模が大きくなってる+「時かけ」効果で
そこそこの興行成績を上げるでしょう(なので次のチャンスはあると思います)が、
DVDの売上は時かけ以下で次回作は出来が良くても客は来ないでしょう。)
また題材がちょっと変化球なだけの死ぬほどつまんないアニメを作ります。
で、それがコケて次々回作はたぶん監督としての瀬戸際に立たされてると思うので、
もしかしたらいいのができる「かも」しれません。

まぁでもイマビンで崇め奉ってるマッドハウスなんで
この程度でも延々と作らせてもらえるのかもしれませんが。

だって唯一の希望とかって言われてる細田がこのザマですよ?
日本アニメなんてもう終わるに決まってるじゃないですか。
僕もガッカリですよ。
庵野さんの10年以上前のリメイクの方が遙かに面白いってなんなんですか。
庵野監督のエヴァをパヤオがもののけ姫を作るモチベーションにしたように、
細田が庵野監督の目を覚まさせてくれるとほんの、ほんの少しだけ期待してたのに・・・
(庵野さんいつまでエヴァ作ってんの?
僕がどれだけオリジナルを待ってると思ってるんだよ!!
もう10年は待ってんだよ!!ふざけんなよ!!逃げるなよ庵野!!)

「サマーウォーズ」を観に行く予定のアニオタの皆さんはこの細田のインタビューを読んで、
「おおヱヴァ批判か、そこまで言うなら観に行ってやるよ!」と思って行って、
で観終わった後にもう一回このインタビューを読んで細田に心底絶望して下さい。
こんだけビックマウスでこの出来かよ、ヱヴァ破の10の1ぐらいだろ・・・と。

僕としては関係が冷え切っててもう別れたい異性と観に行くのをオススメします。
観終わった後に別れを切り出したら「こんなセンスのない人とはもう別れよう」と
なって簡単に別れられると思いますよ。便利な映画ですね。

なになに?「サマーウォーズ」のアンチ活動は止めてくれって?でもですね、
つまらない事を魅力的に語れたら逆に「それほどつまんないならあえて観に行くか!」
って思う人もいるかもしれないですか?
というか観に行くって決めたら観に行くのがアニオタでしょ?
つまりこれは僕からの細田監督への激励なのですよ。

と、嘘を言って終わりにしたいと思います。だってホントにつまんないんだもん。

エ 5

アニメ
07 /03 2009
J影虎さんのエヴァの回想がタートルズとか麦茶とかリアル感がハンパ無くて
続きが楽しみですこんばんは。

僕も似たような感じで追っていこうかなとも思ったんですけど、
こないだのでもうだいぶ満足しちゃったんですよね。

なんでハマったのかみたいな所なんですけど、
ぶっちゃけると中学時代まぁ親との関係が僕が思うに芳しくなかったんですよね。

エヴァの登場人物はたいてい母親がいなくて、
シンジ君は父親とも上手くいってないんですけど、
イヤ僕は父親も母親もおかげさまで元気なんですけど、
逆にそこが気に入らないというか。

恥ずかしい話ですが、
もう少し複雑な家庭環境だったら不幸ぶっていられるのかなと思ってたんです。

中学の時は不幸願望というか破滅願望みたいなのが強くて
何をするにも鬱屈していたというか、無力感というかイライラしてたんですよ。

多分だいたい中学生ってそうなんだと思うんですけどね。

今はそういう変な呪縛みたいなのからだいぶ解放されて
あぁ自分の人生のルートに親は関係ないんだと気付いたんですけど、
あの頃は親の存在が高い壁だったんですよね。
何をするにも阻まれるというか・・・

そういう所で登場人物とシンクロしたのかなと思います。

当たり前の話なんですけど、あの頃に観たから深くハマった訳で、
今の年で全く同じ物を初見で観てもハマる所まではいかないのかなとは思います。

単に83年に生まれてあの時期にエヴァがあってハマったってだけで、
10年早かったらガンダムだったかもしれないですし、
10年遅かったらギアスとかハルヒとかだったかもしれません。
70年早かったら特攻隊員だったかもしれないですし、
400年早かったら侍だったかもしれません。

要は人は時代背景を背負って生きている訳で、
それを抜きにして物事を語ると妙に嘘くさくなる気がするんですよね。

自分の事を喋ろうとしても親がいたり友達がいたり先生がいたりするじゃないですか。
そういった人達に形作られてる自分がいると思うんですよね。

もうエヴァ関係なくなってるな~

エヴァ 4

アニメ
07 /02 2009
エヴァファンの失われた14年は戻ってくるのか

まぁ戻ってこないんじゃないですか。(結論から言った)
あんまり良い言い方じゃないのかもしれないんですけど、
エヴァで失われていたら多分エヴァが無くても違う事で
失われてるんじゃないかと思うんですよね。
そんな人いないのかもしれないんですけど、
なんでもエヴァのせいにしてたらダメじゃないですか。
というよりも、自分の人生な訳で、どんな邪魔が入っても自分で生きるしかない訳で、
障害とか障壁は自分の力を使ってはね除けないといけないですよね。
(努力なり意志なりで)

僕はすごい不器用なんですけど、
スイスイと器用に生きる人がいいのかなと思って羨ましかったんですけど、
そうじゃなくて不器用ならゴツゴツ生きていけばいいんだというか、
ぶつかりながら生きていけば良いんだと
ほんの最近思えて多少生きやすくなったんですよ。

笑い話なんですけど、最近まで自分の不器用さがどの程度かよく分からなくて、
案外器用なんじゃないかと思ってたんですよ。
でも生きづらい部分があって、これは何だろうなと思ってて、
自分で考えて合ってると思う事が譲れないんですね。
でも自信がない所があって、どこで折り合いを付ければいいのかが分からなくて・・・
でも譲れなくて・・・
(以下ループ)

でもたぶん僕にとって不器用さは武器なんですよね。
生きにくさは生きるヒントになる部分があって、
そこで考える事が上手く生きるよりも大切なんじゃないかって今は思ってるんですよね。
まぁ本音言うと成功もしたいんですけど。

だからですね、火鷹さんももう少し主体的に選び取る人生を歩んで欲しいんですよね。
(なぜか上から目線)
今回同じエヴァファンって分かりましたし、
本当はエヴァのラストも他人を認めて傷ついていこうって言ってるじゃないですか。

どうです、僕と他人を認めて傷ついていきませんか?

とまぁ僕としてはそんな心境なんですけどね。
エヴァに耽溺したいとは思ってないのです。

エヴァ いろいろ言っとけ 3

アニメ
07 /02 2009
このあたりでエヴァに対する自分の気持ちと
脳内を整理しといた方がいいかなと思うので、バリバリ更新してます。(ヒマなだけ)

ジャンプ感想サボったのもエヴァの事考えてたって言うのもあるんですよ。
それよりもネタができてなかった事の方が大きいんですけど。(バラした)

破を観に行った事は書いたんですけど、
観に行くかどうか悩んでたのはエヴァを観に行くと
疲れるというか自分と向き合わないといけないって言う昔のイメージがあったんで、
ちょっと重たいなぁと思って二の足を踏んでたんですよ。

そしたらですね、観たら重くなかったというか普通だったんですよ。
軽く酒も飲んでて仲間と観たからイベント的楽しさで楽しいって書いたんですけど
(ある種自覚的に)、当たり前なんですけど見終わった後何も残らなかったんですよ。

このあっけに取られた感じはなんなのかなと思ってたらわりかし世間が絶賛モードで、
観た身としては褒める気持ちは分かるんですけど、
96~97年の現象を知っている身としては違うだろと言いたくもなるというか、
こんなんでいいのか?のが正直な気持ちだったんですよ。
むしろ精神汚染されていた火鷹さんにシンパシーすら感じるのが現状です。

まぁいろいろ探してたら仲間がいたみたいで、2chの「破が微妙だと思う人のスレ」
の初期とかは良かったというか、そうそうみたいな感じになりました。

懐古厨モード全開なんですけど、あの頃は息を呑むような感じで見てたんですよ。
映画も観に行くのに覚悟がいるというか、
気軽な気持ちで観に行ったらとんでもない目に遭うと思ってたんです。
たかがアニメにワロスなんですけど、
真剣に悩むのが娯楽だったというか、あの当時は真剣に観てて、
真剣に悩んでたんですよね。
今考えるとアホだったなぁと思うんですけど、
でもなんかあの頃の10代後半のアホだった気持ちはそれなりに大切にしたいなと思ってて、
頑なになる訳ではないんですけど、
今の単なる娯楽として消化される一過性のヱヴァブームには
懐古厨としてノーを伝えたい訳です。

あいばさんが旧作を原典と表現してるのが面白かったので、
それを採用して僕は原典派を名乗りたいと思うんですね。
つまり、エヴァ原理主義で、新劇否定です。
これからは原典派として活動していく事をここに高らかと宣言します!(誰も聞いてない)

たいした話じゃなくて言ってみればガンダムのファーストしか認めない人と同じです。
よく分かんないんですけど多分いるでしょ?
多分メンドくさいとか言われてると思うんですけど、そうなろうかなと思うんですよね。

今起きてる現象はですね、エヴァのひたすらなる世俗化なんですね。
世俗化すると一般に拡がっていくんですが、その分、元のヤバい部分は希釈されるんです。
宗教の拡がり方もそうなんですけど、拡がっていく時は教条もライトな方向に進みます。

今までパチンコとかになってるのに気付かなかったのがなんともトンマなんですが、
若い人からしたらエヴァが一種のファッションにすらなってるんですよ。
というよりも普通の出来事なんですよね。
時間の経過と社会的拡がりで日常に組み込まれているんですよ。
90年代の奇妙な社会現象とは違って、もう普通の事なんですよ。
すでに社会的にエヴァはヤバくない存在で、
人前であけっぴろげに好きだって言えるんですよ。
あの時はエヴァは宗教とか言って拒絶する人も多くてですね、
たぶん熱狂してた人と離れていた人で別れてたんですね。
そして好きとか人前で公言は憚られてたと思うんですよ。
「エヴァおもしれー」とか気軽に言えるのがおかしいと感じる時点で
僕とか火鷹さんはすでに現状に置いて行かれてる訳です。
火鷹さんが精神汚染されるのもむべなるかなですよ。
観てて死にたくならないエヴァなんてエヴァじゃないですよ。

おそらくなんですけど、この新劇が終わるとガンダムと同じ道を歩むんじゃないですかね。
(微妙スレで言ってる人から持ってきたんですけど)
つまり新しいシリーズがどんどん作られていくと言う事です。
それがループになるのか、新しい話になるのかは分からないですけど、
ガンダムとタメを張れる所まで行くかは分からないですけど、
ロボットアニメの一分派として残って、旧作の暗さとかは
Zは暗いけどZZは明るいとかその程度の話になるんじゃないですかね。

たけくまさんとか前田有一さんとかの破の認識はちょっとズレてるなぁと
言わざるを得ないですね。
たけくまさんは庵野さんがアマチュアリズムに戻ってきたって言ってたんですけど、
新劇の方がとにかく楽しませて帰らせればいいって考えてるんでプロ的発想ですよ。
旧劇の方がアマチュアというか、オナニーと言われてもしょうがないぐらい
メッセージを入れて話をぐちゃぐちゃにした訳で、
破を見て分かったんですけど、旧作はあれ以上無い出来でサービスだったんですよ。
誰も前田さんの言う予定調和のハッピーエンドなんて望んでないはずなんです。
旧劇も解釈次第ではハッピーエンドだった訳ですし。

破は言ってみればセルフパロディですね。
なんでもパロディにしてた庵野監督の行き着く相応しいゴールというか、
パロディするものがなくなったら自分自身をパロディするしかなくなるという
当然の帰結です。

破からはですね、作り手の真剣さが伝わってこないんですよ。
むしろ「これくらいでいいだろ」っていうテキトーさだけですよ。
謎もテキトー。人物描写もテキトー。脚本もテキトー。
ひたすら上滑りするセリフ。
結構言われてますけどホント同人ですよ。
今のヱヴァを褒めてる人の気が知れないですよ。
(あの時を知らない人は別で)
まーたあいばさん否定かって話ですけど、おかしいですよ。
あいばさんは僕の2コ上だから旧作をリアルタイムで知ってる
ジャストミート世代なはずなのに、
リアルタイムにエヴァを真剣に見た人間が破を褒めちぎるなんてできないはずですよ。
破なんて単なる良くできたアニメですよ。
人間が全く書けてない。あらゆる妥協の産物でできた紛い物です。

どっちにしろキモイので全部書きますが、
今回で僕はアスカの性格が好きだったんだって分かったんですね。
今回出てきたアスカはアスカじゃないですよ。
見てくれは同じですけど、全く別人です。
アスカはどんなデメリットがあるとしても他人に迎合しないし、
弱さを見せたりしないんですよ。孤高なんですよ孤高。
(自分で言っててアニメキャラに孤高とかワロスと思うけど)
それは偏狭なプライドから来てるものなんですけど、
そういう人間的強さと弱さを兼ね備えたアスカが好きだったんです。
同じアスカが好きなのにですね、あいばさんとのこの違いは何なの?
というかあいばさんの好きなアスカって何だったんだろうって感じなんですよね。

まぁでもココまで読んだらどっちがキモイかは明確に僕なんですけど、
だいたいアニメキャラに恋なり感情移入する事自体が幼稚でキモいじゃないですか。
ただですね、その分純粋ではあるんです。
かんなぎ騒動の時も同じような話をしたのですが、
2次元のキャラは触れられない分、恋愛感情が想像とか空想に頼る部分が増えます。
よって情報が大切になるんですけど、
つまり他者に恋するのも二次元に恋するのも観念的には同じだとおもうんですよ。
アイドルに恋するのと2次元に恋するのって同じ事じゃないですか。
要はそれをどこまで自覚的にコントロールできるかできないかの話で、
そういう意味では2次元に恋って言うのは普通の事で、
僕のレベルだから~ちゃんとかそういうチョイスの方が打算的じゃないですか。
で、情報が大切になると言う事は、セリフとか仕草とかで判断しないといけない訳で、
今作のアスカと旧作のアスカを同一視してる人間は僕的におかしいと思います。

まぁアスカはどうでもいいんですけど、
微妙スレで面白かったのは「このままあの庵野がハッピーエンドにする訳がない」
とか言って疑心暗鬼に陥ってる人がいるんですよね。
Qは今までのちゃぶ台をひっくり返すに違いないとか言ってて、
確かに気持ちはよく分かるんですけど、もうそれはないと思うんですよね。
もう庵野さんだけのエヴァじゃなくなったんですね。
前からそうだったんですけど、
あの時の庵野さんにはそれをひっくり返すだけの真剣さがあったと思うというか、
というかそこだけだったんですよ。
エヴァから真剣な問答をなくしたら空ですよ。

自意識と他者の自意識は激しくぶつかり合うからこそ分かり合えた「ような」気がした時に意味がある訳で、自意識を弱める事で他者とふれあう事は馴れ合いです。
少なくとも旧作には馴れ合いをよしとするキャラは1人もいなかったと思うんですよ。
破のキャラは妙に物わかりがいいというか、なんか大人なんですよね。
大人的妥協をオタク的純粋さで否定していくのが持ち味だったと思うんですけどね。
オタクに多少意義があるとしたら、譲れない物があるって所だと思うんですよ。
まぁそれが下らないからオタクなんですけど、譲れないものは守るのが大事な訳で、
そこは譲れないんですよ。

原典派としてどう行動していくかということなんですけど、
とりあえずは飽きるまでついていって「こんなの面白くない」と言っていきます。
Qは破以下になると思ってますし、結末が原典を超えることはないでしょうが、
質の悪いファンとして文句言っていこうと思います。
そしたらまぁガンダムのファースト至上主義の人と分かり合えるかもしれないしね。

・・・いろいろ言ったけど、まぁエヴァなんてどーでもいいんだけどね。
(最後は冷静さをアッピールすることで必死さを際だたせてみた)

ヱヴァブームに乗っかってやりたいことやっとけ 2

アニメ
07 /01 2009
エヴァファンへ100の質問

01 エヴァを知ったのはいつ頃?

放映してた時からチラチラとは。
本格的に観たのは1996年の再放送

02 どういったきっかけで知りましたか?

たまたま夜中観てた再放送でハマりました

03 どういったきっかけでエヴァ・ファンになりましたか?

多分19話から見だしたんだと思うんですけど、
最後あたりの精神世界に引き込まれました

04 エヴァに出会って良かったと思う時は?

ないですね。
出会わない方が良かったのか・・・そんな深い話でもないか(笑)

05 好きな男性キャラは?(理由も)
いないです

06 嫌いな男性キャラは?(理由も)

ゲンドウ。高圧的な所が。

07 好きな女性キャラは?(理由も)

アスカ。
鼻につく程のエリーティズムと
それが故の深い孤独ですかね。
僕はとにかく自意識過剰な少年だったので。

08 嫌いな女性キャラは?(理由も)

ミサトさん。シンジ君に手を出そうとしたりビッチなので。

09 好きなエヴァ・シリーズは?(理由も)

特にないですね。

10 嫌いなエヴァ・シリーズは?(理由も)

なし

11 好きな使徒は?

コンピューターにハッキングしてきた奴
今思うとあれ磯さんが作ってたんだね

12 嫌いな使徒は?

特になし。

13 エヴァを布教活動したりしましたか?

まさか。むしろ好きとか言うやつを同族嫌悪してましたけど、
そういえば凄い仲が良かった子に借りたビデオを貸したりしてました。

14 レイとゲンドウ。アヤシイ関係だと思います?

興味がないです

15 今後の「監督:庵野秀明」の行方が気になりますか?

実写はダメだったみたいなので、アニメは期待してるんですけど、
たぶんもう厳しいんだろうなー

16 あなたの中に於けるエヴァの占有率は?



17 あなたが一番好きなテレビの回(第壱~弐拾六話)は?

23、24話ですね アスカが壊れていく所が

18 エヴァに乗ってみたい?

それはないですね

19 デラべっぴんで何故かエヴァを特集した号がありますが、読んだ事ありますか?

話を聞いた事はあります

20 アヤナミスト(綾波レイをいたくお気に入りな人、の意)ですか?

アスカですよ

21 「エヴァって、どんな作品なの?」という友人に、どう説明します?

そういうシーンに出くわさない事を祈ります

22 加持とミサトの、例の「ウフン・アハン」事件。どう思いました?

特になにも

23 「え?この人もエヴァが好きなのか!?」と驚いてしまった人を教えて下さい。

特になし

24 エヴァのLD持っています?

ないです。

25 エヴァのプラモ・フィギュアとか持っています?

持ってないです

26 エヴァでのベスト・カップルは?

シンジとアスカ。というよりも、
レイは母の代わりでミサトさんは仕事の上司なんだから
シンジとアスカがくっつくしかないはずなんだと思ってるんですけど

27 エヴァのCD持っています?

高橋洋子さんのCDはアルバム2枚と残テを一枚
あと鷺巣さんのEOEのアルバム1枚

28 エヴァ関連書籍は沢山ありますが、その中でもオススメなのは?

貞本先生の画集

29 エヴァを知ったのは、実はガイナックスの会報だったりしますか?

いいえ。

30 UCCのエヴァ缶、5種類全て飲みました?

飲んでないです

31 エヴァへの想いが高じて、同人誌・サイトを作った事がある?

ないです

32 世間一般に、自分がエヴァ・ファンと知られていますか?

有名じゃないので(笑)

33 ケータイの着メロはエヴァの音楽だったりする?

デフォで入ってたドラゴンクエストです

34 エヴァに注ぎ込んだお金……振り返ってみると怖かったりします?

そういえば中学の頃カードダス買ったりしてましたね。

35 夏の劇場版でのシンジのオナニー・シーン。あのシーンを最初に観た感想を。

アレ分からなかったんですよ。栄養剤かなにかが溢れたのかと思ってた

36 エヴァの作中で一番笑えたシーンは?

コミカルな所はあまり覚えてないです

37 キャラに感情移入していましたか?

アスカにはしてたと思います

38 「今でもエヴァを超える作品は出ていないなあ」と思いますか?

さぁ?

39 作画スタッフで、好きな方の名前を挙げて下さい。

知らないです

40 庵野版エヴァと貞本版エヴァ。どちらが好き?

貞本版はエヴァじゃないとだけ言っておきます

41 たまにビデオで観直しても、今でも鳥肌が立ったりします?

見直さないのでなんとも

42 ガイナックスの作品はエヴァ以外も知っていますか?

カレカノとかまほろまてぃっくとか

43 あなたとエヴァに関する面白いエピソードがありましたら、教えていただけますか?

ハマってからしばらく呆けてたような気はします

44 好きなBGMは?

鷺巣さんのアルバムはいいですよ

45 実写版エヴァ…キャスティングは思い浮かびます?可能な限り挙げてみて下さい。

やってもムダだと思うんですけどねぇ

46 キール議長の声優、麦人さん。どんな方か知っています?

知らないです

47 泣いたシーンはありましたか?あったとしたら、どのシーンですか?

無いですね

48 怒ったシーンはありましたか?あったとしたら、どのシーンですか?

無いですね

49 好きな声優はいますか?

みやむー

50 テレビ版最終話(25~26話)は、どうですか?

あそこで終わってても全然問題ないです。

51 春の劇場版(シト新生)は、どうですか?

すごいいい所で魂のルフランがかかった記憶が
打ちのめされましたね

52 夏の劇場版(ジ・エンド・オブ~)は、どうですか?

終わった後周りがイミフみたいな感じでざわざわしてるのを観てニヤニヤしてました。
僕も理解してなかったんですけど

53 総集編(リバイバル~)は、どうですか?

どうしようかなと思ってたら終わってました

54 劇場版の内容は、ある程度は予測出来ましたか?

いえ

55 笑うシーンじゃない所で笑った事あります?あったとしたら、どのシーン?

いえ

56 エヴァ好きが高じて、ダイコン・フィルムにまで手を伸ばしたりしました?

トップは観ました。ナディアはナディアがウザそうなので観てないです

57 エヴァのセル画が1枚貰えたとします。どのシーンのが欲しいですか?

物欲が薄いのでないです

58 エヴァの劇場版の後のお話。どんな世界を予想しますか?

どうなったんでしょうねぇ?

59 ネルフの連中は「何て奴らだ!」と思います?

いえ

60 ガイナックスのサイトには、よく繋ぎますか?

いえ

61 劇場版は一人で観に行きました?それとも同伴者がいましたか?

シトは二人で。EOEは一人で行きました。

62 最終話の林原めぐみ節が炸裂した、パン食いレイ。いかがでしたか?

レイは興味ないです

63 最終話の、あの数分間のシーンの設定で一本、作品を観てみたかったりします?

全く興味ないです

64 エヴァは大好きなので、嫌いなところは一つもありませんか?

好きと嫌いは表裏一体ですよ

65 あなたが好きなエヴァのファン・サイト。差し支えなかったら挙げていただけますか?

じゃあランゲージ・ダイアリーを

66 レイ派?アスカ派?

アスカ派です

67 劇場版前売券の特典だった、レイとアスカのテレカ。実は、どちらかを持っていたりします?

ないでつ

68 色んな所でネタにされてしまった「おめでとう、おめでとう」。あのシーンを観た時の感想を。

覚えてないです
たぶん頭真っ白になってたんじゃないですかね

69 シンジは大人になったらゲンドウのような風貌になると思います?

親に子は似ますからねぇ

70 加熱したエヴァ・ブーム。渦中にあって、どう思っていましたか?

騒いでる奴ら全員死ねと思ってました

71 エヴァを批判する声。「これだけはファンとして言われたくない、許せない言葉」ってあります?

批判されるのが普通というか、
むしろ近づいてくる奴らの方が嫌いです。

72 一番ツッコミたかったシーンは?

当時はそんな余裕無かったです

73 「エヴァ」より「ガンダム」が好き?

ガンダムは全くどこがいいのか分からない
基本的にロボアニメは好きじゃないと知りました

74 数ある「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」。第何話のバージョンが好きですか?

さぁ?

75 エヴァに出演している声優に「このキャラの声で、これを言って下さい!」とお願いするとしたら?

特になし

76 「エヴァ」で最も好きなセリフは?

「でも貴方とだけは死んでもイヤ」
たぶんEOEのアスカのセリフ

77 エヴァに於いて、周りがあまりに熱狂しているのを見たりすると、
逆に冷めてしまうタイプですか?

そうですね。基本的にあまのじゃくなのです

78 「こういうラストだったら良かったのに!」あなたが考えたラストは?

救いがないのが救いなのでないですね

79 ドラマの収録されたミニ・アルバム「ADITTION」。あのドラマはいかがでしたか?

知らないです
80 「エヴァ」のゲーム、プレイした事ありますか?

ありますよ。

81 どのゲームですか?感想は?

鋼鉄のガールフレンド。結構好きでした

82 ミサト派?リツコ派?

ミサトさんの方だけど話自体はリツコのほうが興味あります

83 「やっぱり、3人目より2人目のレイの方が良いなあ!」と思います?

別に

84 劇場版を観終わっても「これだけは分からなかった!」という謎は何ですか?

実はまだ全部把握してないんですよねぇ

85 カヲル君に一言。

石田さん有名になれてよかったね!

86 カラオケで「残酷な天使のテーゼ」を歌った事がありますか?

昔はあるんじゃないですかね。
聞きすぎて完全に食傷してます

87 エヴァはエロかったと思います?

そうですね

88 少年エースでエヴァ以外に好きな作品ってありますか?

ないです

89 あなたには、今でもエヴァを熱く語り合える人がいますか?

いるのかもしれないですけど、
熱く語り合いたいと思いません

90 一番、心に残っているシーンは?

EOEの問い詰めですね

91 エヴァのキャラのコスプレ衣装が目の前にあったら、一度くらいコスプレしてみたい?

絶対にやりたくないです

92 エヴァの劇場版で作品は完結しましたが、自分はまだ補完されていないと思いますか?

補完を否定して終わった訳で、
補完されずに生きていく事が大事なんじゃないですか

93 強烈に支持され、且つ批判もされた「エヴァ」。批判の声に対して一言。

自意識過剰ですいませんでした

94 監督以外の全てのスタッフに一言!

特になにも

95 少年エースはエヴァが載っている回を欠かさず読んでいます?

マンガは惰性で買ってるのでなんとも

96 私生活で「うわ…私、エヴァの影響受けているなあ!」と感じる事はありますか?

ないです

97 世間で「これはエヴァの影響を受け過ぎだよ!」と感じた事はありますか?

黒バックに白文字流行りましたね。

98 庵野監督に一言!

安野先生とお幸せに

99 エヴァを一言で言い表すなら?

自意識過剰

100 あなたにとってエヴァとは?

自意識とは何かについて
半分教えてくれたもの

ヱヴァブームに乗ってやりたい事やっとけ

アニメ
07 /01 2009
ヱヴァ緊急ニュースとか言う所に感想がリンクされて
いろんな人が観に来て困惑してます、こんばんわ。
これを機にエヴァについて語るチャーンスですよ。

新劇場版:破 50の質問

01:旧「エヴァ」は見ていましたか?

観てました。1996年の再放送からです。
本放送は存在は知っていたんですけど、観てなかったですね。
小6だったしなぁ。

02:エヴァ歴はどのくらいですか?

エヴァ歴て・・・知ってからは13年です。

03:劇場で「破」を見ましたか?

観ましたよ。

04:03で見たと答えた方は(地元での)公開後、およそ何日目に行きましたか?

初日ですね

05:前売り券は買いましたか? 買った方はどの特典が付いた時に買いましたか?

買ってないです

06:劇場には一人で行きましたか?

4人で行きました

07:劇場内に入った時の、ダイレクトな気持ちを覚えていたら教えてください。

ギリギリだったので、あと5分かよ!と思いました

08:「破」にどんな事を期待して見ましたか?

とくになにも

09:「破」での良かった部分を率直に語ってください。

ひたすら薄いところですね

10:逆に不満点などがあればお答えください。

観た後に気分が暗くならないエヴァなんて・・・

11:今作を見て、旧「エヴァ」と比べて何が一番変わったと思いましたか?

キャラクターがみんな薄くなったところですね

12:3号機にアスカが乗ることが決まってから、ストーリーの急転直下が起こります。
3号機戦の心境を教えてください。

こーくるかーみたいな

13:「破」で一番驚いたシーンはどこでしたか?

式波さんがシンジ君の部屋に潜り込む所
アスカはあんなことしない

14:一番心に残ったと思うシーンはどこでしたか?

シンジ、大人になれよ(笑)

15:一番心に残ったセリフはなんでしたか?

綾波を・・・返せ!(笑)

16:おなじみの次回予告が流れた時の気持ちはいかがでしたか?

眼帯ネコ口の式波さんに失笑しました

17:「破」での好きな男性キャラは誰ですか?(理由アリ)

なし

18:女性キャラでは?(理由アリ)

マリですね
ひたすらスベッてたのが好感が持てました

19:出番が少なかったと思うキャラへの想いを一言。

全員新キャラでしたので、特に

20:「破」を見て、改めて好きになったキャラはいますか?(理由アリ)

同上

21:「破」で好きなペアはいますか?(理由アリ)

いないです

22:新キャラクター「マリ」についてはいかがでしたか?好きなだけ語ってください。

もっと他キャラと絡めよ(笑)

23:また、仮設5号機についてはいかがでしたか?

印象にないです

24:「破」で思わず笑ってしまうシーンはありましたか?

シンジ君がスーパー化した所

25:今作ではキャラクターたちの新しい服装が沢山ありましたが、
お気に入りのコスチュームはありますか?

ないです

26:声優さんの演技についてはいかがでしたか?

良かったですけど、おとなしい印象

27:「破」では使徒が5体も登場しました。お気に入りの使徒はいますか?

覚えてないです

28:2号機の1番の隠し玉、「裏コード」についてはいかがでしたか?

同上

29:劇場やアニメショップで、関連グッズは何か買いましたか?

人が多かったのでそれどころじゃない

30:劇場には何度行きましたか?

1回ですね 

31:ヱヴァ制作陣の中で庵野総監督以外で好きなスタッフはいますか?

鬼頭莫宏先生 むしろ嫌いなんですけど、とにかく何やってるか気になる人

32:DVD・またはBlu-rayを買う予定ですか?

ないですね

33:DVD・Blu-rayの発売で追加カットがあるとすれば、どんなシーンを追加して欲しいですか?

ぶっ壊すなら壊せるだけ壊してほしいですね

34:「破」のディスクにも特典フィルムが付くならば、どんなフィルムが出て欲しいですか?

ないですね

35:今回から配布されたフリーペーパー「EVA-EXTRA」。あなたは手に入れましたか?

いえ

36:サウンドトラックは買いますか?

いえ

37:使用されたBGMで一番印象に残った曲はなんですか?(曲名でなくてもシーンの説明で可)

覚えてないです

38:劇中で使用された「365歩のマーチ」「今日の日はさようなら」
「翼をください」についてどう思われましたか?

スベってましたね

39:テーマソングに宇多田ヒカルが再び起用されましたがいかがでしたか?

新曲だと思ってたので軽くキレました コストカットかよ(笑)

40:高価な公式本・「全記録全集」は買う予定ですか?

買わないですね

41:DVD化において、こんなものが見たいという特典映像はありますか?

楽しそうにしている庵野監督とか

42:作って欲しい、または再販して欲しいエヴァグッズはありますか?

ないです

43:公開日遵守とクオリティ、どちらを重視して欲しいですか?

さっさと作った方がいいと思います

44:次回作「Q」で活躍して欲しいキャラクターはいますか?

ネタ的な意味で式波さん

45:「Q」に参加して欲しいアニメスタッフはいますか?

関わりたい人が大いに関わればよいと思います

46:「Q」でこうなったら嫌だなという事はありますか?

鬱展開

47:逆に、「Q」に期待している展開を教えてください。

鬱展開

48:「破」に点数をつけるなら100点満点でズバリ何点ですか?

ヱヴァなら80点
エヴァなら0点

49:「破」終了時点で、新ヱヴァは旧エヴァを今後超えられると思いますか?

絶対に無理 今回で確信しました

50:「破」を見たことで、自分自身に何か変わったことはありますか?

ない 故に旧エヴァを超えられないのです

50.1:最後に、庵野総監督を始めとするスタジオカラーのスタッフ一同にメッセージを贈ってください。

逃げるなよ庵野(笑)

ゑう゛ぁんげりをん はの感想

アニメ
06 /28 2009
抹茶カウント:0杯

観に行くかどうしようかわりと悩んでたんですけど、
飲み会の後に誘われて難なく観ました。
今思わなくてもすごい間抜けな悩みであいばさんの状況を見て申し訳なく思いました。

感想なんでいつもより好き勝手書くと、非常に楽しめました。
無理だと思ってたんだけどなー。

トータルな感想とか変更点は他の大サイトに譲ります。
内容としては再構成された部分と行動で犠牲になるキャラが変わったりしてまして、
序なんて目じゃないレベルで変更してます。
ネタバレとか気にしないんで。
というかここ観てる人ってもう観たか観る気ないかどっちかな気がするんで。

・自意識からわりと解放されあまり悩まず明るい登場人物の面々

エヴァと言ったら悩むというか、悶々と自問自答なんですが、今回はそれが希薄でした。
割とすっと行動に移すというか、アスカは孤独を感じたらさっさとシンジの所に行ったり、
シンジ君も思い立ったら行動に移して熱くレイを助けたりします。
レイがシンジとゲンドウのために自分で作った食事会を企画したり
(結局ご破算になるんですけど)、ゲンドウがそれを承服したり、
レイに影響されてシンジのためにアスカが食事を作ったりします。
激しくパラレルワールドで、あぁ別物なんだなと割り切って観れました。

・妙に目に付くサービスカット

前から裸とか普通にあったんですけど、作品のテンションが上がった分目に付きました。
なんか妙に恥ずかしいんですよね。
家で観てたら素直にニヤニヤするのかもしれないんですけど。

・影が薄い式波さん

アスカと呼ぶのはもはや違うのかなと思うので式波さんと呼びますが、
式波さんは加地さんの事は別に好きじゃなくて、シンジの事が露骨に好きです。
そして思いやりがあってレイのために行動したりします。
(レイの食事会を成功させるために騎乗実験を代わってあげる)。
そして使徒に乗っ取られてすっと退場します。
(TVではトウジが犠牲になりましたが、今回は代わりに式波さんが犠牲になります)
単なるサービスキャラだったのかなと思うくらい裸になったり、
寝巻き姿でパンツを晒したりしまくるんですけど、あまり印象に残らずすっと消えます。
アスカが出しゃばるとやたら話が重くなるので、
それを避けるというか、時間の都合もあるんですけど、
今の庵野総監督の心境としてアスカはカットなんだろうなぁと。
次回予告でもネタキャラみたいな扱いされてたし・・・

・戦うために設置された新キャラ

新キャラの女の子はとにかく戦います。
最初に戦って最後も戦ってあんまり他キャラと絡みません。
バトルシーンのために設定されたのかなと思います。

・元気になるトウジの妹

TVではシンジの最初の戦闘で怪我をするトウジの妹は状態が思わしくなく、
大きな病院への移転が必要になりますが、破では完治します。
というか途中で経過が良くなってトウジがシンジにアイスをおごってあげたり
もうノリノリです。
普通に考えるとTVは、
怪我が治らないのでシンジが罪悪感→トウジは大きな病院へ移転したい→
トウジがパイロットになる事を決断→乗ったエヴァが使徒化→
初号機がトウジのコクピットを握りつぶす→シンジエヴァに乗らない事を決断、
というひたすら鬱な展開でした。破はあまり暗すぎる展開は要らないという事なのかなと。

観ててTVシリーズでもトウジの妹の怪我が治ってたら
あそこまでシンジが悩まなくても良かったのかなと思いました。
そう思うとTVシリーズのシンジは可哀相だったんだなと。

・総評?

当たり前の話ですけど、もうアニメとしては古いのかなとは思いました。
あとは今の声優の方向と当時は当然なんですけど違ったのかなと。
釘宮さんの声とか聞き慣れてると、良くも悪くもみやむーの声が物足りないんですよね。
今はかなりエッジが効いてる人が重用されてるというか、
インパクトがないとダメみたいな方向になってるんだなと思いました。
あとはあぁエヴァってロボットアニメだったんだなと今更ながら思いました。
精神世界がかなり控えめなのと問い詰めがほぼないので、
バトルと展開で引っ張る「普通の」ロボットアニメでした。

ここまで書いて寝たらなんか忘れたので、この辺で終わりにします。

追記:前作の映画版では「キモオタ死ね!」みたいなメッセージだったと思うんですが、
    破を見終わった後に感じた庵野さんのメッセージは、「次も観に来てね!!」
    でした。時代は変わった。

普通の事がしたくなった

アニメ
06 /24 2009
なんかかる~く読めるコンテンツが足りてない気がしてるのです。
トリッキーな事ばかりしてたらお互い疲れるし・・・

アニメバトン

アニメ(OVA含)について語ってみてください(^^)ノ

●今一番ハマっているアニメは?
→意図的に観ないようにしてたんですけど、
  ハルヒの新作は一応観てます。
  夏からは絶望先生をどうするかですね

●過去を含め、自分が一番ハマったと思うアニメは?
→エヴァですね。今は複雑な心境なんですが・・・

●DVDやビデオを買ってまで見たアニメは?
→買った事はないですね。
  ジブリの金曜ロードショーを録画したりした事はあるんですけど、
  観返したことはほとんどないです。でもリアルタイムでしてたら
  観る時も。あれってなんなんですかね?

●アニメは声優目当てで見始める?
→それはあんまりないです

●小さい頃見てた思い出のアニメは?
→ガンバの冒険、長靴をはいた猫、80日間世界一周ですね。
 多分同世代よりも古いんでしょうね。
 親が僕が小さい時にこーいうのを与えるからオタクになるのよね。
 まぁそれでおとなしくなったって事は素因があったって事なんだと思います。

●アニメキャラの技等の真似をしたことある?(例.カメハメ波)
→セイントセイヤごっこは幼稚園の時にしてた記憶があります。
 ダイアモンドダスト-!とか。
 でもあれはアニメよりゲームの影響が強かったような。

●もし行けるならどのアニメの世界に行きたい?
→たまに妄想するのは、例えばハルヒの学校にいたら
 キョンとかみんなが教室の外に出て行くのを傍観して
 「あいつら楽しそうだなー」とか思って自分は授業受けているみたいなのですね。
 基本的に当事者になりたくないんですよね。

●アニメ化してほしい作品(マンガ、ゲーム、小説等)はある?あれば作品名をあげてください。
→ないです。アニメ化したら失望する事の方が遙かに多いです。

●アニメ化して良かったと思う作品、逆にしないほうが良かったと思う作品があればあげてください。
→うーん、ナウシカとか・・・。良くないのは特に・・・
 別にアニメと漫画とかラノベは別物というか、他の人と僕の作品も違うと思ってますから。
 僕のエヴァは僕だけのものというか。
 サブカルに対する思いを他人と共有したいとあまり思わないんですよね。

●あなたにとってアニメとは!?
→何かが起こりそうなんだけど、何も起こらないもの

●お疲れ様でした。バトンを渡したい人がいたら名前を書いてください。
→う~ん・・・まず回ってきてないのに渡すってどうなん?

うん、普通でいいんだ普通で。

かんなぎ問題についてふしだらに考えてみた

アニメ
01 /05 2009
前回の3億円では師匠をナイスフィッシュすることに成功した訳ですが
(もしかしたらお年玉かも)、あの記事の後で、
ではどうすれば必要な物の枠を広げることができるのだろうか
みたいな続きを書こうかなと考えていたんですが、
それはまた気が向いたらやろうと思います。
少し向こうに述べるとすると師匠が人材投資に使うとしたのは
ちょっと僕にとっては意外だったんですが、逆に流石というか。
まぁ僕に褒められても嬉しくないですよね(コレ謙遜的な物)。
メチャクチャ勝手なイメージなんですけど、
機械言語が得意であろうのでもっと技術革新の話とか
するのかなとか適当に思ってました。サーセン。
あれだけ細かく数値を使うモデリングは僕には出来ないので、
あそこを触発できたらそれで良しかなと思っときます。

話は変わりまして、タイトルの方へいきます(相変わらず長い前フリでつね)。
そもそもかんなぎ問題というのを良く知らなかったんですが、
(かんなぎもアニメ見るの止めてしまったので)
雨人さんのHPで見かけて「かんなぎ問題」で調べたら、
あぁ知らない方がよかった事ですねと思いました。
完全に僕の話なんですけど、
雨人さんのページを見てテキストを書くと必ず失敗するんですよね。
1回目はギアス特番で2回目は雷句騒動ですか。
もうログが残ってないんで話してもしょうがないんですけど、
事態を知ってすぐに書き出すと感情的になりすぎて一方に肩入れしちゃうんですね。
僕も人の子と言うことですよ。木のウロから生まれたんじゃないんだよ!!(逆ギレ)
ギアスでは谷口監督擁護をしすぎたし、雷句先生の時は小学館側に行きすぎましたね。
まぁ雨人さんを諭そうみたいな上から目線で書くからダメなんですよね。
今回は読んでから一拍置いてるというか、
そもそもすでにタイムリーじゃないので多少はマシなんじゃないかなと思います。

まぁ問題としては、ナギたんが非処女だった(かもしれない)ということですね。
すごいですね、書いてて心底どうでもいいと思える事ってなかなかないですよ。
初めて知ったときは他の人と同じように
「架空の人物が処女でも非処女でもどうでもいいだろ・・・」と思ってたんですが、
寝て起きて、平凡な一日を過ごしていたら考えが変わってきました。

つまりですね、逆なんですよね。
架空の人物だからこそ処女か非処女かが重要なんですよ。
ホントは生々しいというかこういった話は苦手なんですけど、
今回は頑張るしかないので頑張ります。(ムダな努力)

例えばですね、リアルで器量良し、性格良しのおにゃのことお付き合いできたとします。
その時にですね、その女の子に「私非処女なの・・・」って言われたときにどうします?
「そうですか、じゃあさようなら」って言える男が一体どのぐらいいるのか。
皆無とは言わないですけど、
「いやそんなことどうでもいいからヤラせて・・・じゃなくて付き合って」って
言うのが普通じゃないですか。

一方でナギたんはどんなに好きでもちゅっちゅもできないし、
そもそも触れることができない訳ですね。
そうなると、その好きという感情は実行に移せないというか、
精神的な部分に依存していくわけです。
思いつきで言うと、リアルの子を占有したいと思えばセックスでもすれば満たされるんですが、
ナギの場合「誰の物でもない」と言うことを証明する必要があるんですね。
そうなると、処女でないとナギが視聴者のモノに成り得ないんですね。
ここに2次元と3次元の壁が存在して、3次元の人間は2次元の人間に勝てないんですよ。
大東くんはナギに触れられるし、可能性としてはセックスできるんですが、
僕たちは自分で慰めるしかないんですよね。
視聴者からしたらこんなに理不尽な事はないわけです。
まぁそれが裏切られたという感情ですよね。

一般の人が言う、「現実と虚構を混同している」という話は賛同できないというか、
いくらなんでもナギが実在しないって言うのは
重度のアニオタでも重々承知してるんですよね。
承知した上で「ナギという作り物」に入れ込んでるんですね。
だいたい作者だって「あたかも現実であるかのような理想」を作ろうとしているわけで、
それに共感する(上手く騙される)事の何がおかしいのかと思うんですよね。
まぁ確かに今は騙されたまま戻ってこない人も多いんでそこは大問題なんですけど・・・。

しかし要はですね、「ナギが好き」という感情の働きは普通、
そうなると「2次元は独占出来ない以上処女であって欲しい」という感情も
それなりに認める必要があると言うことだと思うんですよね。
ただこれを述べると、処女信仰をどこまで認めるのかという話になります。

そもそもこの「かんなぎ問題」を解き明かそうとすると、
「穢れとは」という話と、「処女信仰とは」という
もう勘弁してくれって言うぐらい難しい問題にぶち当たる訳で、
僕に解決なんか出来る訳ないんです。
なので、穢れは今回はあきらめて、処女信仰に絞りたいと思います。
といっても深入りなんてできやしないのですけどね。

適当にネットを見た感じだと、「諸説入り乱れている」というのがピッタリですね。
日本に処女信仰はなかったのかあったのか、
古事記に書いてるだろって意見もあれば戦後に導入されたとか
言ってる人もいるしでもうなにがなんやらですね。
そもそも細かく見ていくなんて性に合わないからあきらめるとすると、
逆にどうしてこんなに入り乱れているのかから解きほぐすしかないんですね。

ここで処女の逆の童貞を考えると、童貞は今はバカにされる対象ですよね。
しかしですね、世の中から童貞が減れば、おそらく処女も減るハズなんですよね。
(いや、もちろん既経験者からって言うのもあるんですけどね)
簡単に言うと処女=イイ、童貞=ププッ、って言うのは葛藤状態にはあると考えられます。

なんでこういう状態になってるかって言うとですね、
セックスに対する人間のアンビバレントな感情から来てるのではないかということですね。
一般に子供が生まれることは良いことだとされています。
すると、子供はコウノトリが運んでくる訳ではないので、
どこかで男女が結ばれてる訳ですよね。
そう考えると今の生命礼賛の流れでもっとセックスが推奨というか、
絶賛されていても全くおかしくない訳で、
ぶっちゃけるとみんなが避妊せずにセックスしまくれば
子供が生まれまくって世界はハッピーになるのです。
実際セックスを褒める流れって言うのも存在して、
まず新興宗教ではありがちだし、アメリカで起こったヒッピー文化は
生命礼賛の流れでセックスを表立って見せていました。
(例えばジョンレノンとオノヨーコのベッドでのヌード写真とか)
日本の文化で言ったら男根を崇める神社は存在する訳で、
これも命が大事ならそれを生み出すオチンチンは偉大だみたいな話だと思うんですよね。

じゃあ今実際そういう流れになってるのかって言えばそれは違って、
公衆の面前でセックスしてたら捕まりますよね。(例:AVの人達)
それどころかおっさんが女の子の前で下ネタでも言った日には
セクシャルハラスメントな世の中なんですよね。

それがおかしいと言っている訳じゃなくて、
つまりセックスって言うのは「大事だけど表立ててはならない」存在なんですね。
人間に元々備わる獣性、そしてそれを嫌悪する理性、と言った所でしょうか。
セックスを隠すのは人間が獣と違うから、つまり精神を持つからです。

なんでこんなにセックスセックス言ってるのかよく分からなくなってきたんですが、
どうせならぼっきぼっき言ってたほうがウケたのに
とかそういうのは置いておきまして(まぁでもあれは笑っちゃいましたね)、
セックスが人間にとって避けられないからそれを未体験な処女は貴重という考え方もあれば、
セックス自体を否定=処女が重要という考え方もできるし、
セックスの捉え方によって処女の見方も変わってくるかなということです。

そしてセックスの捉え方が難しい立ち位置にある以上、
処女の立ち位置も微妙にならざるを得ない訳で、
おそらく簡単に処女信仰は否定できないのです。
まぁ個人的に言えばムリヤリ捨てるのは違うと思うし、
本当に好きな人にとっておけばって感じですけどね(そう、僕は保守的な人間さ!)。

で、元に戻って繰り返すと、ナギたんを好きな人が処女であって欲しい
という願望があることはある程度認めるということです。
かと言ってかんなぎを焚書にして作者の元に送るとかはキチガイ認定なんですけどね。
僕が考えるきっかけになったのは、
「俺たちがそういうの嫌いなの分かってるんだから、
止めてくれよ・・・」みたいな意見を見たときですね。
これになんか悟りみたいなのを感じて面白かったんですよね。
この人を多少擁護できたなら良かったですかね。
でも武梨先生はそういったファンのメンタリティが嫌で
たぶん分かっててやったんだと思いますけどね。
この人に少しは3次元に興味を持てよと言って終わりにしときます
(全アニメファンに挑戦状か!?)。

けった

2017年はほどほどに

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。